« 骨同士のコンストレイン。 | トップページ | 選択順で親子づらづら。 »

2014年8月12日 (火)

0-1 スライダでブレンド。

すいません、ただのメモです。 いつかまたジタバタしそうなのでメモです。




任意の2つの値を 0-1 のスライダを使ってブレンドするというアレです。



今回の場合は、骨の長さでした。

最終ボーンは  です。 

このボーンCの長さ (length) は、ボーンA と ボーンB に影響されます。 0 - 1 のスライダで影響度(ウェイト)を決めます。

ボーンABの length は、固定値とは限りません。つまりアニメーションされるかも知れないということです。


Bonelengthblend


というような時に、上記のようなエクスプレッションを書けば上手く行きました。 上手く行ってるように見えます。 合ってる?  これでいいですよね?



スライダの値が 0 の時は A の影響が100%(Bは0%)、スライダが 1 の時はその逆で B の影響が100%(Aは0%) という仕様です。


1の時にBの値になるわけだから、Bの部分は、そのまんまスライダの値を掛け算してます。

0の時はBの影響はゼロになってAの値になるのだから、Aの部分は ( 1 - スライダ値 ) を掛け算しています。

その結果を合算したものが最終結果として C の length にセットされます。

上の画像の例だと、Aの length が 2 です。 B の length は 4 です。 そしてスライダは 0.75 になってます。 B に偏ったウェイトです。

式は


  A * ( 1 - スライダ )    +    B * スライダ = 最終値

ですので、

  2 * ( 1 - 0.75 )    +    4 * 0.75    =    3.5


という結果になりました。  2 と 4 の間で、4 へ向かって 75% のところにある値が 3.5、ということになりますでしょうかね。 合ってる?




これ、今回はボーンの長さに使ったけど、何にでも使えますよね。 他のソフトウェアでも使えるはずですよね。 必死にメモですよ。



こんなの、おそらくは基本的過ぎて、テクニカルな人は普通に体に浸みついている、あるいは必要なときにこの計算式なりしくみのイメージが瞬時に湧いてきてすぐに作れるのでしょうけどね、 俺なんかは紙に計算式書きながら10分なり15分なり考え込んで、やっと作るわけですよ。




だから将来のカンニングのためにメモですよ。






.

|

« 骨同士のコンストレイン。 | トップページ | 選択順で親子づらづら。 »

コメント

自分もよく使いますー。
多分同じだと思いますが
(A-B)×パラメーター+B
数字が大きいほどAになります。
SIでもUEでもつかってますが
2点間0~1に常に動いているパラメーターを
AB間(例えば0.2~0.8とか)にしたりしてます。べんり。

投稿: ミゲル | 2014年8月25日 (月) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 0-1 スライダでブレンド。:

« 骨同士のコンストレイン。 | トップページ | 選択順で親子づらづら。 »