« 頂点N個おきに発生。 | トップページ | 複製レンダ真っ裸(ぱ)。 »

2013年10月29日 (火)

俺の Next Keyframe 2。

先日書いたフレーム移動のスクリプトの話 ですが、キーフレーム移動はこちらの方が便利だな、と思ったのでメモしておきます。



MEL Script :

//俺の Next Keyframe 2
undoInfo -stateWithoutFlush off;
currentTime -edit `findKeyframe -which next`;
undoInfo -stateWithoutFlush on;


//俺の Previous Keyframe 2
undoInfo -stateWithoutFlush off;
currentTime -edit `findKeyframe -which previous`;
undoInfo -stateWithoutFlush on;



前に書いたのとどう違うかというと、前のは、

currentTime -edit `findKeyframe -timeSlider -which next`;


でした。 -timeSlider オプションが付いていたんですね。 意味も分からずどっかの WEB からパクったからなのか、あるいはスクリプトエディタからコピペしたんだかは忘れましたが、あえてこうしたわけではなく、たまたまそのまんま放置されていたという感じですけどね。 今回のバージョンはこのオプションを取っ払っただけです。


これがあると、「次のキーフレーム」 というのは、タイムスライダ上で表示されている次のキーフレームということになります。 UI 上の次/前キーフレームボタンを押した時はこの挙動です。 


でもこの挙動だと不便に感じることがあったんですね。 それは、グラフエディタ上でカーブを選択している時です。


XSI の感覚で言うと、カーブを明示的に選択している時は、次のキーフレームに行けと言った場合はそのカーブ上での次のキーフレームに言って欲しいですよね。 でも、 -timeSlider オプションを付けていると、選択しているカーブがあろうとなかろうと、タイムスライダ上にある次のキーフレームに飛んでしまうわけですよ。

Nextkey1

こういう時に不便に感じたのです。

現在、posy のカーブを選択しています。 このカーブ上にある現在フレームから見た次のキーフレームは、ですよね。 この時は A に行きたいわけですよ。 しかしタイムスライダ上では  が次のキーフレームです。 選択していない posz のキーフレームがAよりも先に存在するんですね。

このときに上記の -timeSlider オプションが付いた状態で実行すると( UI 上のボタンも同じ)、現在フレームが A ではなく  に行ってしまってゴルァになるわけです。 ま、スクリプトで 「タイムスライダ上での次のキーフレームに行け」 と言っているんだから、当たり前ですよね。Maya 様が悪いのではなく、俺が悪いのです。 ごめんなさい Maya 様。


しかし、 -timeSlider を外すと、 「選択しているカーブがあればそのカーブ上での次のキーフレームに飛ぶ。 カーブを選択してなければ、そのオブジェクトが持つキーフレーム全体の中で、次のキーフレームに飛ぶ」 という挙動になったように見えるのです。



うん、これがいいじゃないか。 現在の選択状態を反映して挙動を変えてくれる。 これの方が便利だ。 XSI の挙動と同じ、かな? どうだっけ。 たぶんそう。 こっちの方が田舎くさくて良い。 XSI村の百姓にはちょうどいいべな。




ということで、やはりちゃんと意味は分かってないしロクにマニュアルも調べてないんですが、 -timeSlider オプションは取っ払って使っています。 という話でした。 以上。







それにしても、Maya 様のグラフエディタ操作って、なんだか重くないですか? さほど複雑なシーンでもないのに、グラフエディタ上でキーをつかんでグイっとドラッグした時とか、そのドラッグ動作自体がすんげえもっさりしているんですよね。 スイっと動いてくれない。 

新規シーンにポリゴンオブジェクト1個とかであれば、さすがにスイスイ動くんですけどね。でもさほど複雑じゃないキャラクタ1体とか動かす時に、もう重くなってる。 重くなるの早くねえか?

XSI だと、そこそこ複雑なシーンでも、Fカーブエディタ上での操作はけっこうサクサクですよね。 さすがにクソ重いシーンだとビューへの反映に時間かかることもあるけど、でもそういう場合はオプションでリアルタイム反映をオフにできるので(マウスボタンを離してから初めて反映という)、ドラッグ操作自体はサクサクにすることもできるんですが、Maya 様の場合はいつももっさりしている印象です。 俺だけ?

未だ自分でゼロからアセットを作ったりとかね、リグを組んだりとかも全然できないから、人様から渡されたデータを扱ってるだけなんですよ。 だから、データの作り方ゆえに重くなっているのか、それとも Maya 様はそんなものなのか、判断がつかないんです。 しかもプリファレンスで軽くできるのかも知れないしね。まだ分かってない。 だから、てめえこのクソMaya様今すぐお市にになられて下さいとか言いたいのですが、自信がなくて小さい声でしか言えません。


道のりは遠く。









.

|

« 頂点N個おきに発生。 | トップページ | 複製レンダ真っ裸(ぱ)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俺の Next Keyframe 2。:

« 頂点N個おきに発生。 | トップページ | 複製レンダ真っ裸(ぱ)。 »