« 空っぽの MatLib を殲滅セヨ。 | トップページ | EPS を吐く UVStamp。 »

2012年11月 2日 (金)

Express feat. Silla (múm)。

HIDETAKE TAKAYAMA 「Express feat. Silla (múm) 」 Music Video from kohta0130 on Vimeo.

どああああ

すげえイイ。
さすが真空管。じゃなかったトランジスタ。
弟子にして下さいマジで。



ドキッとするような絵が何度も出てきたなあ。
この、ドキッが好きなんだよなあ。
俺は職人であっても決して表現者ではないのだが、
こういうドキッに関わりたい気分はいつもあるなあ。


さあ、フルスクリーンでもう一度再生だッ






技術的なアレでいうと、 手持ちカメラ風な手ブレがちと惜しい気がしたんですが、そんなことないですか。 2D揺らしかなあ? 2Dに見える。 いや、2Dだろうが3Dだろうがどっちでもいいんだが、ちと不自然な気がするのは何故だろう。そんなに「行った戻った」しない気がするし、ノイジーな動きは大きいのと小さいのが織り交ざるではなくレイヤする(重なる)感じが良いと思うんだな。 アニメの撮影でよくある、こう言ってはとても失礼だがヘタクソな手ブレカメラって、いっぱい見るじゃないですか。あそこから脱却したい脱却せねばなどと俺はいつも思っていました。 いやすいません、自戒を込めて言っているんですよ。っていうか自戒そのものですよ。

画ブレ手ブレはやっぱりペンタブによる魂一発猛女(ソウルフルモーションスケッチ)が最強な気がする。 あれ、XSI でやるには、チャネルドライバとか設定すりゃいいのかなあ。 今度やってみよう。



アンチエイリアスがあからさまに低いように見える箇所が多かったのは、ううむ、狙いではないですよねえ。 単なるジャギジャギやら、ピクセルがサンプリングの谷間に落ちてパカパカするポッピングが、特に直線状のものであちこち見える気がします。 もうちとサンプルの設定を上げるか、メンタル霊で例えればフィルタを Michell や Lanczos ではなく Gauss にするとか、エッジを和らげる方向にした方が良い箇所が多い気がしたんですが、そんなことないですか奥さん。



線(Ink)も、出る場所と出ない場所をもう一歩コントロールするというか、介入するといいような気がしたのはどうでしょうかね。 ここに線があるならこっちにもあった方がいいんでない? みたいな箇所が。



あとは顔とかのシェーディングか。 いや、シェーディングそのものはいいのですが、陰影の明るい暗いの面積というか境界線というか、その比率とシェイプのコントロールがもっとできるのではないかという思いがあるんですが、どうですか。 セルシェーディングなキャラを作る人とかではすげえこだわりますよね。形状だけだとどうしても嫌な形の陰影になるからマップも使ってコントロールするとか。 昔ごてつさんはウェイトマップも使ってコントロールしてたよな。 難しいんですよねえ顔の陰影は。 突き詰めてやったことなんてありません。研究しないとなあ。もしそういう仕事が来ら、今の俺の技術では笑われてしまう。






なーんて、ほら、またしても、なにか言いたいもんだから、余計なビッグマウスをズラズラと。 すいませんすいません。 本当にスヴァらしい作品です。 アンチエイリアスがどうしたとか、どうでもいいや。 だってドキッとしたんだもの。 俺なんかいつも、最高に綺麗なアンチエイリアスをかけながらドキッともビクっともしない絵ばかり作ってますよええそうですよ。




弟子にして下さい。





.

|

« 空っぽの MatLib を殲滅セヨ。 | トップページ | EPS を吐く UVStamp。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/56024548

この記事へのトラックバック一覧です: Express feat. Silla (múm)。:

« 空っぽの MatLib を殲滅セヨ。 | トップページ | EPS を吐く UVStamp。 »