« 淫スタンスのリネーム。 | トップページ | 浪江!!!!!。 »

2011年3月11日 (金)

ベベルをあきらめないで。

最近もう、ベベルばっかりです。いったいもう、何千本のエッジをベベルしたのだろう。


その中で、最近発見した技というわけではないんだけど、毎日ベベる時に気にしていることを、ちゃんとまとめて考察したことがなかったので、残しておこうと思いますた。 いや、ベベる前に分割を考えましょうというそれだけの話で。そんな活気的な話ではないし、バリバリモデリングする人は当たり前のようにやってることだとは思うんですがね。





こういうブツがあります。
B1

黄色の矢印で指しているエッジだけをベベりたいとします。


普通にベベると、
B2

非常に汚いポリゴンが出来てしまいます。思いっきりねじれた、非平面なポリゴンです。



でもあきらめてはいけません。



側面に分割を入れることによって、どう変わるか見てみます。
B3

上の列、A1~D1がベベル前の状態です。 側面に、赤い印の頂点から、水平や垂直方向に分割を入れています。 ベベル後が下の列、A2~D2です。 先ほどの汚いポリゴンができたのは、分割無しのDですね。

Aはもう、ベベったエッジから発生したポリゴンがよじれているので論外です。 Cは、真ん中にできた台形のポリゴンが超よじれています。このアングルだとわかりにくいですが、寄ってみるとひどいポリゴンだと言うのがわかります。そもそもこんな台形欲しくないし、論外です。

となると、この中ではBが一番キレイなように見えます。



でも、
B4

うーむ、やはりこの三角ポリゴンが気に入らないですね。 このエッジだけをベベろうとしている以上、ここにポリゴンが発生してしまうのは仕方ないんですが、問題は向きです。三角なのが気に入らないのではなく、向きが気に入らないんです。 ベベルによって出来たポリゴンとも、ベベル前から存在していたどのポリゴンとも、ツライチで平面になっていなく、独自の向きを持っているというのが気に入りません。 

結果的に出来たメッシュによじれたポリゴンはひとつもなく、キッチリした見た目にもなっているので、こういうパターンのベベルも場合によってはアリでしょう。 しかし今回は、ベベルで出来たポリゴン以外で、勝手な方向を向いているポリゴンを発生させないことにこだわりたいのです。


あきらめてはいけません。



分割の入れ方を変えると・・・・・
B5

1がベベル前です。 赤い印の頂点から、垂直や水平ではなく、上の斜面の傾きに一致した分割を入れています。 この状態でベベったのが2です。 これでキレイなベベルになりますた ヽ(・∀・` )ノ


相変わらず真ん中に三角形のポリゴンは発生するわけですがそれは当たり前です。大事なのは、この三角形が上の斜面と完全にツライチで平面になっているということです。 




なにしろ完全にツライチの平面なんだから、その後の処理は格段に楽だし、よじれた面などとは無縁です。
B5b

なんならベベル後にこの三角形のエッジを削除したって良いでしょう(赤い矢印)。

他の頂点へ接続したり、ぐるっと一周回すようなエッジループを作るのもアリでしょう(黄色の線)。

最初の分割のためにできてしまったエッジは、あくまでもベベルをキレイにやるために一時的に入れたエッジなので、最終的には必要ありません。有無を言わさず削除します(青い矢印)。

イエイ。 これで良いのです。




ちなみにこのような「あるエッジと傾きが一致した分割」を入れる方法ですが、色々あるでしょうが、簡単なのはスライスツールですね。ナイフのアイコンのアレですね。 Left や Right などパースの無いビューでスライスツールを起動し、上の斜面を構成する2つの頂点を Ctrl でスナップしながらピックすれば、その2点をつなぐ傾きでオブジェクト全体にスパッと分割が入ります。気持ち良いです。 オブジェクト全体に入るのが嫌なら、先にポリゴンを選んでおいてからスライスツールを起動します。そうすると、そのポリゴンにしか分割が入りません。




ベベりたいエッジが斜面のエッジ(下の画像の黄色い矢印)だった場合は、
B6

赤い線の方向で分割を入れておけば、同様に美しいベベルができます。 中央にできた三角ポリゴンは、隣接するポリゴン(上面)と完全にツライチです。



最初の分割では、ベベりたいエッジが、そのエッジに対して水平でも垂直でもない傾いたエッジと隣接しているにも関わらず、水平や垂直に分割を入れてしまっていたのが間違いでした。 傾きに合わせた分割さえあれば、キレイに行きます。たぶん。俺がやった限りでは成功率100%。 

これが求めていたベベルです。 過去には、キレイにベベルできない時はベベル機能を使うことをあきらめてしまい、Ref プレーンやスナップを駆使して泣きながら手ベベルで対処したことも1度や2度ではありません。今ではあきらめず、まず分割を試します。 そのおかげで窓から遠投されるモニタの数は最小限で済んでいます。 あきらめたら負けなんです。 岡村さん、俺もう、あきらめないことにしたよ。





さて、今度はこういうベベルをしたいとします。
B7
黄色いエッジをベベります。



例によって、分割違いを試してみると、
B8
B と C では、黄色い印のポリゴンが歪んでしまいました。 前回のベベルでは、この B と C の分割パターンが正しいベベルにつながったのに、今回はダメです。  むしろ、A と D が上手く行っているように見えます。 前回はべべるエッジがあの1本だけだったからですね。ベベりたいエッジと隣接したエッジの状態によって分割の方法を使い分ける必要があるということが、わかります。


さて、A と D が上手く行っているように見えると書きましたが、A の青い印のポリゴンに寄って見ると、
B9
パースのないフロンとビューで確認すると、ベベルによって発生したポリゴンが歪んでいるのがわかります。 これではダメです。

ということでこの場合は、歪んだポリゴンがひとつも発生しなかったは D だけでした。 Dはそもそも分割無しです。 なんでもかんでも分割すりゃいいってもんじゃないことが、わかります。




ということで、ベベルが上手く行かない時は、あきらめずに分割パターンを試したり、分割しなかったりすると、夢が叶います。たぶん。






岡村たん。。。。。



お、なんかこっちの方がいいな










いや、これが一番いいな。







.

|

« 淫スタンスのリネーム。 | トップページ | 浪江!!!!!。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/51074595

この記事へのトラックバック一覧です: ベベルをあきらめないで。:

« 淫スタンスのリネーム。 | トップページ | 浪江!!!!!。 »