« 弐千拾弐。 | トップページ | べべる。 »

2011年2月27日 (日)

グラデなビューポート。

なにやら面白そうなものをインストールしてみました。


スレッドの最初のポストにリンクがあります。便利そうなツールが置いてあります。美味しそう。
http://www.xsibase.com/forum/index.php?board=1;action=display;threadid=44503



で、この中から XSIGradient というものを試しに入れてみたのですよ。
ビューポートの背景をグラデーションにするプラグインのようです。
なんか嘔吐デスクっぽくて嫌だけど、面白そうなので入れました。


そしたらですね、XSI 様が落ちました。
32bit版の xsiaddon を WindowsXP SP3 32bit 上で稼動している 2011 SAP に入れたんですが、ビューポートにドラッグ&ドロップしたら、XSI がいきなり落ちました。

再起動してみると、Preference の中に設定は出来ていたけど、オンにしてもビューポートに変化がない。

そこでプラグインマネージャで見てみたら、赤いアイコンが付いている。つまりちゃんと XSI 様に認識されて無い(ロードされてない)んですね。 しかも C++ で書かれたらしい dll なので、中身を調べようにもありません。




ってことで、試しにプラグインの本体である XSIGradient32.dll を、 Dependency Walker というやつに食わせてみました。

俺もよくわかってないんだけど、dll をコンパイルする時に、参照しているライブラリを dll に含めるのを忘れたりすると、プログラムから呼び出される必要なコンポーネントが無いためにそのプログラムは動かない? そういう、他の dll に依存しているかどうかとかを調べるためのものなんだと思います。違う? 詳しい人教えて下さい。



ともかくも Dependency Walker に食わせたら、なにやらいくつか足りないものがあるようなことを言っている(ように見える)。 msvcr100.dll とかなんとか。 ん、この msvcrなんちゃらって、よく見るな。 XPOP2 なんかも、たしかこれを入れないと動かなかったことがあったな。 ということで msvcr100.dll をダウンロードしました。 で、このファイルを、 XSIGradient のインストール先(XSIGradient_32.dll と同じフォルダ)にぶち込んで XSI を再起動しました。


そしたらグラデになりますた (゚∀゚;;)
Xsigradient

わっ、なんか、オブジェクトビューやシェイプマネージャの中もグラデだっ


うーむ、少なくとも俺の環境では msvcr.dll というものが不足していたようです。 よくわかってないままやったのに、あっさり動いて焦りました。




で、、このグラデ背景に意味はあるんでしょうか。
今時のソフトウェアは、グラデな背景のやつ多いですよね?
単色よりグラデの方が見やすいのかな?
ま、気分が変わっていいかも知れませんね。

しばらく運用してみよう。





.

|

« 弐千拾弐。 | トップページ | べべる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラデなビューポート。:

« 弐千拾弐。 | トップページ | べべる。 »