« Add to クラスタの憂鬱。 | トップページ | 弐千拾弐。 »

2011年2月26日 (土)

2011以前でタブなスクリプトエディタ。

わっ こんなことできたんですかっ


2011 以前の XSI で、タブ付きのスクリプトエディタ。
http://www.xsibase.com/forum/index.php?board=14;action=display;threadid=44496


現在 2011 は標準でタブ付きエディタになってるのでいいのですが、以前はタブがなくて不便でした。これがエドたんを使う大きな動機にもなってました。

でも、xml ファイルをひとつ作って所定の場所に置けばできたなんて、なんでそういう重要なことを早く言わねえんだよ嘔吐デスク ゴルァ(#゚Д゚)




さっそくやってみましたよ。 上のリンク先にある Softimage のスティーブブレアさんの書き込みのまんまですが、



<?xml version="1.0" encoding="iso-8859-1"?>
<xsi_file type="RelationalView" xsi_version="8.0.249.0" syntax_version="1.1">
  <relationalview clsid="{7CE98001-243A-402D-9860-21DBB03522C5}" name="TabTabTabTab ScEd" height="310" width="479">
      <definition maxinstances="10000" acceptfocus="true" private="false" defaultsize="100,100,500,500" cmdmap="{00000000-0000-0000-0000-000000000000}" supportedtypes="6" category=""> </definition>
      <relations>
      </relations>
      <frameset orientation="horizontal" name="Frameset1" buttonsize="80,30" splitter="movable" sizechild="*">
        <switcher type="tray" buttonside="top" active="0" orientation="horizontal" name="Tray2" buttonsize="80,30" splitter="none" sizechild="*,*,*,*">
            <frameset orientation="vertical" name="1" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane3" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane19" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="2" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane5" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane15" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="3" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane7" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane21" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="4" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane9" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane12" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
        </switcher>
      </frameset>
  </relationalview>
</xsi_file>



これをテキストエディタにコピペし、
hogehoge.xsivw というファイル名で、
C:\users\あんたのユーザ名\Autodesk\Softimage_7.5\Application\Views にぶち込む。

拡張子が .xsivw でさえあれば、ファイル名は何でもいいみたい。
あと、Views フォルダがなかったので自分で作りました。


Tabbedsed

7.5 でタブ付きエディタ (o゚∀゚o)


たぶん 7.01 とかでもできるでしょう。 6 は微妙か? どうなんだろ。


3行目の name でウインドウの名前が決まるようです。ファイル名は関係ないくさい。

タブのボタンのサイズがでかすぎると思ったんですが、ファイルの中で buttonsize が 80, 30 になってるから、これを小さくすれば行けました。

        <switcher type="tray" buttonside="top" active="0" orientation="horizontal" name="Tray2" buttonsize="60,15" splitter="none" sizechild="*,*,*,*">

↑この行の方の buttonsize ですね。XSI の Layout で言うところのトレイスイッチャですね。そのサイズを指定している。


あと、4つしかタブがありませんが、これもファイルの中で4回出てくる、

            <frameset orientation="vertical" name="3" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane7" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane21" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>

この部分を増やしてやれば行けました。 最初単純にコピペして10個まで増やしてみたんですが、そのままだと正常に表示されませんでした。その後、さっき出てきた行でアスタリスクが4つあることに気付き、もとは4つのタブだったのだから、これを10個にすればいいのではないかと想像してやってみたら、できました。 

        <switcher type="tray" buttonside="top" active="0" orientation="horizontal" name="Tray2" buttonsize="60,15" splitter="none" sizechild="*,*,*,*,*,*,*,*,*,*">

frame name は、ほげほげとかハゲハゲとか、テキトーに付けました。どうせ表示されるものじゃないし。

Tabbedsed2
タブの数をダイナミックに増減させることは出来なさそうですが、まあ10個もあれば十分でしょう。


↑この、ボタンが小さくて10タブのバージョンを、一応コピペしておきます。


<?xml version="1.0" encoding="iso-8859-1"?>
<xsi_file type="RelationalView" xsi_version="8.0.249.0" syntax_version="1.1">
  <relationalview clsid="{7CE98001-243A-402D-9860-21DBB03522C5}" name="TabTabTabTab ScEd" height="310" width="479">
      <definition maxinstances="10000" acceptfocus="true" private="false" defaultsize="100,100,500,500" cmdmap="{00000000-0000-0000-0000-000000000000}" supportedtypes="6" category=""> </definition>
      <relations>
      </relations>
      <frameset orientation="horizontal" name="Frameset1" buttonsize="80,30" splitter="movable" sizechild="*">
        <switcher type="tray" buttonside="top" active="0" orientation="horizontal" name="Tray2" buttonsize="60,15" splitter="none" sizechild="*,*,*,*,*,*,*,*,*,*">
            <frameset orientation="vertical" name="1" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane3" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane19" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="2" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane5" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane15" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="3" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane7" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane21" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="4" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="pane9" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="pane12" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="5" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="hogehoge1" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="hagehage1" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="6" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="hogehoge2" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="hagehage2" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="7" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="hogehoge3" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="hagehage3" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="8" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="hogehoge4" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="hagehage4" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="9" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="hogehoge5" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="hagehage5" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
            <frameset orientation="vertical" name="10" splitter="movable" sizechild="200,*">
              <frame name="hogehoge6" type="Text Editor" primary="false" toolbar="own"> </frame>
              <frame name="hagehage6" type="Script History" primary="false" toolbar="own"> </frame>
            </frameset>
        </switcher>
      </frameset>
  </relationalview>
</xsi_file>




あとは、Scintilla っていうのかな、文字のハイライトやら色付けやらに対応させることはできるのかしら。どうなのかしら。 エドたんは Scintilla してます。タブも使えるので、もうエドたんがあればそれでいいじゃんとも思えるけど、唯一の問題はヘルプの表示かしら? エドたんのヘルプの表示の仕方は、標準とはちょっと違うんですよね。ヘルプ表示はやはり標準の挙動が良いからなあ。

あと残念なのは、このウインドウ(リレーショナルビュー)を閉じると、セーブしない限りスクリプトは失われてしまうということですね。これはエドたんも同じだったかな。 標準のスクリプトエディタは、ウインドウを閉じてしまってもスクリプトが保持されているじゃないですか。その感覚でウインドウを閉じてしまうと焦ります。必ずセーブしましょう。はい/いいえ/キャンセル のボタンが押せるダイアログが出てきますが、キャンセルしてもスクリプトは戻ってきません。ゴルァです。セーブするしかないです。たぶん。  だからこのエディタを使う時は、ウインドウを閉じずに畳むだけにするというクセを付けた方がいいかも。


この辺のことも考えると、七ちゃんでスクリプト書くときは標準のエディタとこのタブ付きエディタを併用するのが良さそうな気がしますね。 標準のエディタでメインのスクリプトを書き、ちょっとしたテスト用の1行コード、捨てコードなどをこのタブ付きの方で書き、必要なら標準エディタで開いているメインのスクリプトにコピペでぶち込むという感じのワークフローが、現実的かも知れません。 実際エドたんも、そんな感じで使ってた気がする。


まあともかくですよ、F1を押した時のヘルプの出方が完全に標準と同じで、かつタブを持てるというのは、意味あると思いますです。





いやあしかし、ほんと、これ知ってればこの1~2年でかなりのストレスを軽減できたはずなのに。 外部エディタやエドたんを使っていたのは、Scintilla 的な機能もそうだけど、タブがあるからというのも大きかったわけですよ。 2011 を使い始めて最初からタブ付きになっちまってから、初めてこれを知るというこの空しさよ。これってどっかマニュアルに書いてるんですか? ちゃんと大きく告知しなさいよ嘔吐デスクさんマジで。まったくもう。ぷんすかぷん。






.

|

« Add to クラスタの憂鬱。 | トップページ | 弐千拾弐。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011以前でタブなスクリプトエディタ。:

« Add to クラスタの憂鬱。 | トップページ | 弐千拾弐。 »