« XPOP参 (XPOP普及委員会その12) | トップページ | スプライトな野郎どもを選択。 »

2010年9月22日 (水)

BA Ess。

Holger さんの BA Shader Collection Essential がバージョンアップしたそうですよ。

http://www.binaryalchemy.de/develop/shd_ess/whatsnew25.htm


ありゃー、 もう 7.01/7.5 版はないんですね。 2010 以降だけの模様。 うーむ。 すぐには試せない。


新シェーダとしてフレークとか追加されてますね。なんか使えそうこのフレーク。 フレークのみを生成するので、あとは好きなシェーダと組み合わせろという意味のことが書いてあるように見えます。ってことはフレークのみのレンダリングもできるはずだよな。 いろんなことに使えそうな気がしますね。

Car Paint シェーダもちゃんと研究していないのですが、あんまり良いフレークにならなかったなあ。 直感的ではないというか。 いや、明らかに俺の使い方が悪いだけのはずです。研究してないから。


でも直感的かどうかを考えると、なにせ BA だけに、嫌な悪寒がします。。。。
おびただしい数のパラメータ、パラメータの変態的な名前、特定のオプションとの間の、ある狭い範囲の組み合わせの中でしか機能しない機能・・・・、数値いじったのに絵が全然変わらねえ、0.0002 とかそういう数値が多発・・・・。 昔からそうです。 Holger さんの脳はすごく特異な構造なんだと思います。 マジで天才だと思います。 さすがは独逸人。 オクトーバーフェスト行きたい。


アーノルド君に対応だそうで、サンプルの画像もアーノルド君のベータテストバージョンで作られてますね(ウォーターマークが見える)。


スペキュラシェーダも使えそうに見える。 違法性反射っぷりを詳細にコントロールできるのかな。 Toon 系のシェーディングなんかに組み合わせると良さそうな気もするんですが。


あとはもう、ほんと、パラメータがどれだけ素直かによりますね。
早く試してえ。
まだしばらくお預けです。
最近レンダリングしてねえな。
やべえ、Render Tree 忘れちまう。
BA の Fractal なんかはしょっちゅう使っている間はなんとなく感覚的に使えるんだが、しばらく触ってないとクセを忘れて、なかなか好みの密度にならなかったりするんだよな。




Holger さん、意を決して新しいヴォリュームシェーダ描いてくれないかな。主に火・水・煙系の用途向けで、スケールに依存せず再現率100%なのを希望。 大きさ2倍ならパラメータの数値も2倍すれば完全再現みたいな、リニアに対応する仕組みにして下さい。お願いしますよ。

それにしても最近 XSI の色んなツールがバカスカ出てきているのに、ヴォリュームシェーダを書こうという人はいないのでしょうかね。 難しいものなのかなあ。そりゃ難しいだろうなあ。 最近じゃ、ボリューム欲しけりゃ Max 様 Maya様 に持っていってレンダリングしやがれ、XSI の分際で贅沢言うなこのコバンザメ野郎のプラグインソフトウェアがノルァ と言われそうです。




それにしても ver 25 って・・・・すげえなw
どこまで行くか楽しみです。



.

|

« XPOP参 (XPOP普及委員会その12) | トップページ | スプライトな野郎どもを選択。 »

コメント

I would like to exchange links with your site junkithejunkie.cocolog-nifty.com
Is this possible?

投稿: ameno_kokoro | 2010年10月 5日 (火) 10時25分

Definitely not :D

投稿: junki | 2010年10月 6日 (水) 03時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BA Ess。:

« XPOP参 (XPOP普及委員会その12) | トップページ | スプライトな野郎どもを選択。 »