« 友愛その2。 | トップページ | 友愛その3。 »

2010年7月 5日 (月)

アエ~。

ちょっと前に、毛唐どもからビールを巻き上げようと思って某所に置いてみたツールなんですが、ビール1滴ももらえてません Orz

ガイジンさんビールよこせゴルァ


まあいいや。自分で発泡酒買って呑みますよ(´・ω・`)ショボンダマ




アエとXSI

http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

AfterEffects のレイヤのトランスフォーム情報を XSI に持って来るツールです。AE からのエキスポータスクリプトと、XSI でのインポータスクリプトのセットです。AE で、例えばレイヤや null をアニメーションさせて、それをテキストファイルに書き出し、XSI にインポートすると、こんな風に null で再現されます。


想定している使い方は、

 AE で 2D トラッキングしたデータを XSI に持っていく
 AE のモーションスケッチやウィグラーや wiggle の結果を XSI に持っていく
 フェイシャルキャプチャしてAEでトラッキング後に XSI でデフォーマとして使う

とかなんとか。 うん、これは想定じゃないな。妄想ですただの妄想。そんなに使えるツールじゃありません。もろもろ制限などありますので、まあ詳しくはダウンロードページで。


ひとつの可能性として、ワークフローのサンプルビデオをアップしました。

AEtoXSI Demo from junki the junkie on Vimeo.

手持ちカメラで撮影した動画を AE でトラッキングして、そのデータをこのツールを使って XSI にブチ込み、XSI 上でのカメラの手ブレに使えないかな、という実験です。

まずテキトーに何かをトラッキングします。この場合、ポスターを壁に貼っつけているマグネット2個が常に入るように撮りました。
次にこの2個のマグネットを AE でトラッキングし、AE のヌルなどのポジションに突っ込んでおきます。
次にこれを アエと何か を使ってエキスポートし、XSI では アエとXSI を使ってインポートします。
生成された2つの null に2ポイントコンストレインで着いていく3つ目の null を作成します。
そしてこの3つ目のヌルにカメラを親子付けしたり、2ポイントコンストレインから得られる傾きをカメラのロールにエクスプレッションで結んだり、揺れの大きさを調整するために null の階層まるごとスケールしたりして、なんとなく完成。

このツールがマッチムーブに使えるぞと言っているわけでは決してありません。 単に、実写で撮った手ブレ感などを XSI で生かせないかなーという実験です。




このツールに一番欠けているのは、AE の3Dカメラを XSI 上で再現する機能ですね。AEカメラのトランスフォーム情報は持っていけますが、カメラとして必要な情報(FOVその他)は持っていけません。今後そこをどうにかしようと思ってます。

それと逆向きのツール、つまり XSI とアエ を作らねばいかん。 XSI -> AE のツールはすでにいくつか世の中に存在してますが、もっと自分に都合のいいものが欲しいですからね。っていうか、実は原型はもう作ってあります。XSI でカメラを決め、オブジェクトの位置を決め、AE に カメラ情報一式とオブジェクトのポジション情報だけ持っていって AE でそのオブジェクトの上に画像をマッピングするような使い方で、仕事にも使えました。カメラアニメーション対応、カメラの Optical Center Shift にも対応しているあたりがミソになっています。しかしもう少し整理したり機能追加したりしたくて、現在半端な状態です。


ちなみに AE からのエキスポータを書いたのは俺ではなく、curryegg という助平男です。カレーと焼きそば以外食えないという助平さです。この助平男を女で釣ってエキスポータ書かせました。この助平男のブログも見てあげて下さい。AE関係の助平なツールが色々アップされています。彼にもビールや焼きそばやカレーやキャバクラをおごってあげて欲しいです。 このツールに関しては、彼はまだ自分のブログ上では正式に公開してないようですが、そんな彼の意向は無視してこちらでは発射してしまいます。世間の荒波に出てからの方が発展するものです。



エキスポータの方は、汎用的に使えると思うんですよね。もともとは「俺様がこういう風にインポータを書くから、キミはそれに合わせてくれたまえ」という感じで、俺様に都合がいいようなテキストファイルを書き出すように作ってもらったんだけど、結果的にまずまず汎用的で簡単なフォーマットになっていると思うので、フォーマットの仕様さえわかれば XSI 以外のソフトウェアへのインポータを作るのはそんなに難しくないはずです。 Max や Maya へのインポータを書きたいなんていうお方がいらっしゃいましたら、俺か curryegg に問い合わせてもらえれば、ビール1杯でフォーマットの仕様をお教えいたします。 とか言って、実は見りゃわかるくらいの簡単なフォーマットですよ。



AE カメラ → XSI と XSI → AE なツールは、今後仕事が少し忙しくなりそうなので、しばらく進められないかもしれません。うーむ、まだ熱いうちにイッキにやってしまいたかったんだが・・・・。



アエ~。






.

|

« 友愛その2。 | トップページ | 友愛その3。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/48803576

この記事へのトラックバック一覧です: アエ~。:

» After Effectsの使い方について [After Effects講座★After Effects入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール]
CGcompo mocha for After Effects!2Dマッチムーブをする。After Effects CS4 からmochaと言う2.5Dトラッキングソフトが付属しています。 非常に高性能で色々使い回しがききます。 今回は自分のPCにもmochaが入ったので簡単な使い方を紹介します。 制作約30分 後半が元動画。文字の合成とスタビライズをかけてます ...ふむふむ!!こりゃ困った>ω<まったりFPSゲーマーAfter Effectsは相変わらず使いこなせないな(...... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 11時37分

« 友愛その2。 | トップページ | 友愛その3。 »