« AddCamera と SIGetPrimCamera の対決。 | トップページ | 撲殺アンコネクト。 »

2010年6月19日 (土)

無限LensShader解消。しかし。

XSI 2011 SP1 が出ましたよね。
んで、バグ修正のリストを見ていたら・・・・

Lens0

こんなことが書かれていたもんだから、つい実験。

どうやら昔ここに書いた、無限LensShaderの脅威から解放されるように見えますね!


自分の場合、2010 も 2010 SP1 もスルーだったんですよ。7.01 / 7.5 をずっと使っていて最近いきなり 2011 をいじり出してたんで、2010 でこの問題はどうだったかは知りません。 2010 はインストールすらしていません。


2011 SP1 の前に、まずは最初の 2011 でどういう挙動になるのか見てみました。

ということでカメラにレンズシェーダを与えようとしたんですが、あれ? LensShader のタブがこんな風に変わっていたんですね? Preset ファイルを選ぶのではなく、Add ボタンからドロップダウンメニューになっている。ほう、なかなか便利じゃないですかこれ。 2010 ですでにこうなっていたんですかね?
Lens1

で、なんでもいいからレンズシェーダを与えればいいんですが、いつものクセでまずは Toon_Ink_Lens を探してしまいます。 すると、あれ? ドロップダウンのリストに Toon_Ink_Lens がないよ? うーむ、なぜでしょう? 

あれこれ探して、ようやく Insert > More に行けば昔どおりのファイルを選ぶやり方で Toon_Ink_Lens も適用することができましたが、なぜ他のレンズシェーダと同列にリストに入れないんでしょうか。Toon は軽視されているんでしょうか。どうなんですか嘔吐デスクさん。マイケルアリアスさんが怒りますよ。


ま、実験にはなんでもいいので、とりあえず mia_レンズヴォケを選んでおきましたがね。

この状態です。 SP1 じゃない方の初代 2011 です。
Lens2
で、この状態でカメラをテキトーに操作し、Alt + Z でカメラアンドゥをしてみます。


すると・・・・、
Lens3
あっ、7.01 / 7.5 と違って、レンズシェーダが増殖していません!
なんだ、SP1 が出る以前からもう直っていたんじゃないの?

・・・・でも、よく見ると、カメラPPG 内のレンズシェーダのリストに、さっきまで無かった Nothing という項目が増えている。なにこれ?

確かに、Add ボタンを押した瞬間に Nothing という項目が追加され、レンズシェーダを選ぶとこの Nothing が実際のレンズシェーダに置き換わるようですが、今は Add ボタンを押したわけではありません。カメラアンドゥをしただけです。


試しに、続けてカメラアンドゥをしてみます。
すると・・・・、
Lens4
あっ


さらに続けてカメラアンドゥ。
Lens5
(・∀・)ニヤニヤ

うーむ、どうやらカメラアンドゥでシェーダノードが無限増殖することはなくなったようですが、この Nothing という項目が無限増殖するようであります。 いやあ、なんて XSI らしい。

これ、実害はあるんですかね? 重くなったりするのかな。 前の無限 LensShader 状態の時は操作が重くなったので困りましたけどね。 今回は実害がないなら、まあ許せますけどね。


試しにですね、レンズシェーダが2個付いた状態でもやってみました。
Lens7
こういう状態ね。


で、カメラアンドゥしてみると・・・・、
Lens8
あっ


続けてもう1回カメラアンドゥ。
Lens9
スヴァらしい

どうやら、シェーダが2個あったら Nothing も2個ずつ増えるみたいですよ! 3個でやったら3個ずつ増えました。 ゲラゲラ
可愛いソフトウェアですねほんと。



で、ようやっと SP1 での実験です。
Lens10
同じようにレンズシェーダを与えました。

で、カメラアンドゥしてみると・・・・、
Lens11
だからなんで切れるのよ カメラアンドゥだって言ってんだろ 誰が接続切れって言ったよゴルァ

はい、確かにレンズシェーダの無限増殖もないし、Nothing の無限増殖もなくなりました。
でもなんで接続切れるのよ? 意味わかりませんよ嘔吐デスクさん。

でもね、RenderTree をアップデートしてみると、実際は接続が切れていなかったです。つまり、どうやらカメラアンドゥした瞬間は切れたように表示するけれど、実は内部データ的には切れていないということのようですね。 結果的には切れてないのでいいと言えばいいのですが・・・・。

・・・・うーーむ、わかりにくい。 ほんとにもういい加減にしなさいよ嘔吐デスクさん。




んでね、さらに色々いじくっているうちに気づいたのですが・・・・

レンズシェーダのリストに、この Nothing というものが存在していない状態で、RenderTree でレンズシェーダを接続しようとすると・・・・
Lens6
つながんねえよドルァ

レンズシェーダの out のポートから矢印を引っ張って Camera ノードに突っ込もうとしても、接続すべきポートが現れて来ないんですね。

どうやら、Nothing がリストにある状態になって初めて、レンズシェーダを接続できるポートが用意されるようです。Nothing さえあれば、矢印がちゃんと接続できますから。

ということは、カメラのPPG を開かずにいきなり RenderTree 開いて接続することは出来ないという・・・。 試しに SP1 じゃなくて初代2011 で試してみたら、同様に Nothing が無いと接続できませんでした。 ええ~ 7.5 の頃は出来たじゃないこれ。 なんで出来なくなってんの? 嘔吐デスクさん?  そもそも、「Nothing = 無い」 というものが「有る」状態にしないと接続できないなんて、なんですかこれ? わざと分かりにくくしておちょくってんですか?



さらにもうひとつ気づいたんですが・・・・。
RenderTree 上に、接続されていないノードが存在している場合ですね。
Lens12
こういう状態ね。
XSI が七ちゃんになって以来、RenderTree 上で接続されていないノードが保持できるようになりましたよね。邪魔な場合もたまにあるけど、色々試している最中など、ノードを消したくないこともよくあるので、これはなかなか便利です。


んで、この状態でカメラアンドゥをしてみると・・・・・
Lens13
あっ、 レンズシェーダが消えたっ

もう~ また表示上の問題でしょ? さっきと同じパターンで、本当は消えてないのにカメラアンドゥをした瞬間だけこういう表示をしちゃうんでしょ? アップデートすればちゃんとそこにあるんでしょ?


と思って RenderTree をアップデートしてみると、
Lens14
本当に消えたのかよっ マジかよっ 


これも、2011SP1 だけでなく、2011 でも同じでした。

俺の環境だけですかね? 他でも再現しますかね?
ここは XP32bit SP3 です。関係あるかわかんないけどビデオカードは Quadro です。



なんだかもう、俺、XSI のベータテストをやってる気分ですわ。
これが高い金払って購入したソフトウェアですか。
車に例えるとですね、間違えてワイパーのスイッチを入れてしまったのでアンドゥしたら(ワイパーのスイッチを切ったら)、ワイパーそのものが消えてなくなって、新たに手で装着しない限りもうワイパーは使えない、みたいな。
トヨタがこんな車作ったら、米国議会で証人喚問どころじゃ済まないですよ。
でも嘔吐デスクさんの場合は、こんなくだらないブログに1回書かれるだけで済むんですよね。
もう、呆れてものも言えない、なんて今さらですね。とっくの昔から慣れっこですけどね。




さぁー  これからもどんどん重箱の隅つっつくぞー  おー




.

|

« AddCamera と SIGetPrimCamera の対決。 | トップページ | 撲殺アンコネクト。 »

コメント

途中から爆笑してしまいました(^^;。
レンズぼけではなくボケかましてJunkiさんの突っ込みを誘ってるんだと思います。
「Nothing。」の天丼もイイですね。

月末にサブスクリプション更新したばっかりですけど、
一番高くて一番アホなソフトになってるんでしょうか、もしかして。

投稿: Mitsuhiro Arita | 2010年7月 2日 (金) 10時48分

そうか、ボケかましていたのか XSI 様は。 ネタが高級すぎて、俺、マジ突っ込みしかできません。


サブスクリプション、やっぱり更新しないわけにもいかないよねえ。
うんこたれバグが SP1 とかで完全に無くなればいいけど、メジャーバージョンアップの時にしか修正されない項目も多いしねえ。

投稿: junki | 2010年7月 2日 (金) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無限LensShader解消。しかし。:

« AddCamera と SIGetPrimCamera の対決。 | トップページ | 撲殺アンコネクト。 »