« おまけ。 | トップページ | プレイバック パート2。 »

2010年3月12日 (金)

弐千拾壱詳細。

飽きもせず、今日もこんなの書いてます・・・。アホだね・・。
いや、なんかちょっと詳しいリストがあったもので・・・。
http://softimage.wiki.softimage.com/index.php/Autodesk_Softimage_2011


今のところ一番詳しい情報?
バグリストはないのかな。

ともかく、気になった部分とか、意味がわかった(ような気がした)部分だけ。




Maximize Button on Floating Views

フローティングウインドウに、でっかくするボタンが付いたそうで。そう言えば画面下に引っ込める機能はあったけど、でっかくするのはなかったですね。

Extra-wide Button to Close Views and Property Pages
PPG とかの閉じるボタンがでっかくなったということですか?



Viewport object transparency
Object>Display>XRay Surface Display Opacity slider

XRay モードのスケスケ度をオブジェクトごとに変えられるってこと?
こういう地味なの好き。でもこういうののおかげで、自作のプラグイン/スクリプトの一部はアップデートを迫られるんだろうなと思う。
なんか他にもビューポートのスケスケ関係が充実しているように見えるな。

New buttons in Camera PPG to keyframe camera
カメラの色んなパラメータにいっぺんにキー打てるとかそういう感じでしょうか。



Updated Booleans
おおっ 今さらブーリアンを改良! より速く安定したものになったと言ってますよ。
誰も使ってない(と俺は勝手に思っている)機能をアップデートするあたり、イカすぜ嘔吐デスク。

Symmetrize Polygons now mirrors the internals edges
シンメトリかました時に内部エッジもシンメトリするようになりました。ということですかね。今までそうじゃなかったんだ。困ったこと無し。ゲーム屋さんとかには重要なのですかね?
っていうか内部エッジを表示する機能はなかったでしたっけ?

Invert Polygons no longer flips internal edges.
法線ひっくり返しても内部エッジはひっくり返さない。ということですかね。やはりゲーム屋さんとかリアルタイム系に関係ある話なんでしょうか。

New implicit bone primitive
新しいタイプの implicit のプリミティブですね。ホネの形しているのでしょうかね。ICE Kinematics に便利という書き方がされてますが、他にも使えそうな気がします。



New option to unfold islands generated by the unfold operator
ビデオ見たけど、アイランドごとにアンラップし直すのが楽になったように見える。

Symmetry - if the geometry and cutlines are symmetrical so will be the unfold
UVのぶった切りラインを中心にジオメトリがシンメトリになっていれば、つまりぶった切りラインを真ん中にすれば、開いたUVもシンメトリになるということですね。これは便利ですよね。

control+click to set the UV editable/non-editable
複数オブジェクトの UV をいじるときに Ctrl + クリックで編集可/不可をトグルできる模様。いじりたくないものをいじれないようにするということですかね。

RenderMap/Ultimapper now use Pass Renderer (including 3rd party)

おおぅ RenderMap がメンタル霊以外でできるようになったということですね。ほうほう。




Update PhysX library to version 2.83
NOTE: Due to a change in the PhysX library, actual shape collision results will be different in 2011

PhysX ライブラリに変更があるため、Actual Shape コリジョンの結果が今までと違う、とありますね。 改良されて良くなったけど、今までとは挙動が違うよ、今までと同じ法則では動かないよ、旧バージョンのシーン開いても違う結果になっちゃうよ、ってことなんじゃないかな。

Support for CUDA acceleration for PhysX Rigid Body Dynamics (including ICE)

くーだ全盛ですねえ。ATI ユーザよ立ち上がれ。火ぃつけに行け。



Function Curve Editor & Dopesheet & Mixer
Highlight playback range in background

Fカーブエディタ/ドープシート/ミキサーで、プレイバックレンジをハイライトだそうです。地味だw こういう地味だけどきっと便利さをじんわり体感できる改良を、地味にコーディングした開発のお方がいるわけで、俺はそういう人を愛します。


Springs and damper attributes for ICE rigid bodies
ICE の Rigid Body に減衰っぽい挙動がパラメータとして用意されたということでしょうかね。うーむ、セカンダリモーションが実に安易でオートマチックにできる(できたように見える)方向に向かっているような気がします。手付けモーション文化は衰退します。 殴られた直後の反動。地面に落下した跳ね返りとその減衰。着弾のショック。振り回した尻尾の遅れ。 ばきん。ばいんばいん。びよよよん。ひゅう~~~。しゅわっ。 って声に出しながら手でその動きを付けられる人がいなくなると日本のアニメーションは死にます。激しく自戒を込めて書いております。

ICE can now drive the Global kinematic property
ローカルの方はダメなんですか。自分で変換入れないといけないとか? マトリクスだかなんだか、そういうのわかってないとダメですか。俺全然ダメっす。

ICE Kinematics and traditional Kinematics can live side by side
ICE Kinematics と従来の Kinematics は共存できる。当たり前じゃハゲ。ICE からしかいじれなくなったら困るんだよヴォケ

User Tools>Replace model name with this_model
this_model には嫌な思い出しかありません。

ICE Compounds and Nodes

過去に公開された Phil's pack の多くを、標準機能として取り込んだようです。こんなにあってもわかんねえよ(;_;)




Python now installed with Softimage
パイ村が XSI と共にインストールされる! おわー これでインターネットのフォーラム上で永遠に繰り返されている Python インストールの質問が減るはずです。ようやく来たか。
タブでいくつもファイルが開けるみたいですね。エドたんの出番がなくなっちゃう。

ImportFromSI3D Command No Longer Supported
SI3D の終焉です (;_;)
U キーを押しながら左クリックでアンドゥ右クリックでリドゥなどという変態アクロバットUIを実に懐かしく思います。ハンドルの長さも変えられないクソFカーブエディタのおかげで、ちょっとツメを入れるだけでも中間キーを打たねばならず、従ってなんとなくハンドルをぐにゃぐにゃいじるわけにはいかず、その制約のおかげであるべきFカーブの形を徹底的に教えてくれた SI3D は俺の恩人です。二度と掘り起こさないから墓場で永遠に安眠してて下さい。

でも Softimage Renderer だけは復活させて下さい。




No frame padding in the cache File Name mean the frame padding setting from Scene Render options is no longer used.
例の、シーン全体設定ののファイルパディングと ICE の連番キャッシュファイルのパディングが合っていないといけない問題が解決されたように見えます。頼むよほんと。あんなくだらない問題でどんだけ無駄に時間を使ってしまったか・・・。 知ってりゃ一瞬、知らないと膨大なロスという典型だったかもしれません。カモにされました。



Softimage, Maya and Max now share the same version of mental ray
えっ Maya や Max と同じバージョンのメンタル霊が搭載ですってよ。今まで常に遅れてたのに。身分が低いのに、もったいないことです。
・・・・いや、不具合がある程度出てきてこなれた後に搭載される方が良かったんですけど・・・・。

mental ray 2011 (3_8_1_13) integration

メンタル霊弐千拾壱は 3.8 相当だということですね? あれ? 愛霊は 3.8 からじゃなかったの?

Faster and more stable
ウソつけこのハゲ

Stand-ins for rendering animated ICE particle instances
動いているブツを Set Instance Geometry した時の問題が解決されたということか? そもそもこの問題なんだっけ。忘れた。Instance Shape しか使ってない。

Improved setup for Physical Sky and Sun shaders
デフォルトの値がハゲなのが直ったということなんでしょうか。修正版を提供してくれていた人がいましたね。 こばやしさん? 日本人じゃないよね。 あっ この人、Arnold のベータで活発にやってる人か。
Physical Sky まったく使わないのでよくわからないんですが・・・。使ってみたい。



Support IES light Profiles
IES ライトが使えるそうですよ。これも確かプラグインがあったよな。
http://forums.cgsociety.org/showthread.php?t=300617
http://www.xsibase.com/forum/index.php?board=29;action=display;threadid=39944
この辺かしら。


New flatlight
ビデオを見ると、んー? グローバルアンビエンスと何が違うのか。俺よくわかってません。誰か教えて下さい。

Use Geometry a light source (Area Light>Geometry>Object)
ジオメトリがエリアライトになる! これは嬉しいと思います。昔はええと、なんだっけ、Ctrl_GeoLight とかそんなのがあったような。
http://www.xsibase.com/forum/index.php?board=12;action=display;threadid=38314
ここ読むと、七ちゃんの mia_light_surface で似たようなことができるみたいですが、実際にライトのレイを飛ばしているのではないとか説明されてますね。

Raytraced Soft Shadows
New light parameter controls softness and samples

エリアライトじゃないライトでヴォケ影ができるようですね。ほうほう。速いんでしょうね? 速くないと意味ない。

Barn Door effect
照明を遮る板みたいなのが付くのでしょうかね? インターフェイス的にはどういう感じなんでしょう。グラフィカルな操作じゃなくて、いつものようにPPG の中で角度入力みたいな、脳内ビューポート描画必須の変態UIを見せてくれるのでしょうか。

Shader nodes support new data types for their input and output ports: 2D vector, 4D vector, 3x3 matrix, 4x4 matrix, quaternion, reference, string, and custom
なんか新しいタイプの RenderTreeノードがいっぱい付くみたいですよ。ICE のように、まるでプログラムを組むかのように色んなことが RenderTree の中でできるようになって行くんでしょうかね。今でもちゃんとわかっていればローレベルノードの組み合わせで相当行けるのでしょうが、俺よくわからんよ。感覚からロジカルへ。そんな流れが・・・。

Render Slate
Show scene information (using tokens) in renders and render region

色んな情報をビューポート上もしくはレンダー画像に表示。これ使いたい。[Pass] みたいなトークンも使えるそうで。良さそうですね。

Multi-Camera Rendering
Specify a "group" of cameras to be rendered per pass

例の、1つの Pass 内で複数カメラを切り替えてレンダリングってやつですね。

Softimage now supports Autodesk LUSTRE .3dl 3D LUT files
建築系な人向けな機能がどんどん来ている気がしますね。アニメーションにしか使えないというような評価を払拭したいのでしょうか。無理ですハゲ




Defaults to install in "Program Files" on Windows
ああっ Program Files 以下にインストールされるそうですよ。 頑固に独自フォルダインストールを貫いて欲しかったなあ。 軟弱になってきてますよハゲ



The following is not supported
XSI_UNSUPPORTED_METASL
XSI_UNSUPPORTED_ICE_KINEMATICS
This must be removed for new ICE Kinematics to work properly

ICE Kinematics を裏技でオンにしてた人は、オフにしないと新バージョンの ICE Kinematics がちゃんと動かないそうです。


New Built-in Crash Error Reporting System
クラッシュのご報告システムが新しくなったそうで。 ええっ クラッシュ後に起動した時、ロードしますかと聞いてくるもんだからはいと答えると復帰できませんでしたとか言われてモニタを壊すあのダイアログがなくなるんでしょうか。 軟弱ですハゲ


Deprecated
SI3D Loader removed
No longer supporting .ani, .key, or .exp files from SOFTIMAGE|3D
No longer supporting RTS1 or RTS2


SI3D さようなら。Rest in peace。
でも Softimage Renderer だけは復



No longer supporting Legacy Particles Rendering
旧パーティクルとの永遠の別れ(;_;)
っていうかこれはほんとに困るよ サポートしなくてもいいから勝手になくすなよハゲ
あれ、もう弐千拾でなくなってるんだっけ?(←未だに七ちゃんの人)

薄いモヤ~っとしたのとか作るの楽だし、XSI にしては珍しくビューポート上の結果がレンダリング結果にとても近いという、スヴァらしいパーティクルシステムだったのに・・・。

Legacy Netview のように Chinny さんがプラグインで復活させてくれてるようだから何とかなるか・・・。 嘔吐デスクさんほんと頼むよこのハゲ








さて。

あっ Ironman2 の主題歌になったの? 知らなかったよ。しかもこんな古い曲。
http://www.barks.jp/news/?id=1000057796

Youtube バージョンを貼っておきましょう。

ああんもう、カッコ良すぎじゃないですか。交流直流と鉄男。完璧だこの組み合わせ。 ワールドプレミアでライブをやる予感・・・。



もうダメ。今晩イっちゃう。


.

|

« おまけ。 | トップページ | プレイバック パート2。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/47787873

この記事へのトラックバック一覧です: 弐千拾壱詳細。:

« おまけ。 | トップページ | プレイバック パート2。 »