« 来たようです。 | トップページ | おまけ。 »

2010年3月10日 (水)

来ました。

公式に来ましたね。
http://area.autodesk.com/softimage2011/



新機能リスト
http://area.autodesk.com/softimage2011/features
まだ大雑把な解説ですねえ。ビデオ待ちだなこれは。



Rendering Sandbox ってのがまだピンと来てないのですが、ええと、そのまま読めば、外部シェーダ、外部レンダラを、特別な UI やらツールやらを開発しなくとも XSI に統合できるアーキテクチャ? みたいに見えるのですが、どうなんでしょう。 6の時にメンタル霊以外の外部レンダラが使えるようになったわけですが、その流れで、更にラクに外部レンダラを乗っけることができるようになったということなんでしょうかね。
これ、新機能リストの最初に書いてあるし、きっとすごいことなんだという予感がする。もうちょい情報を待ちましょうかね。

ICE Kinematics はやはり、Kinematics 関係に ICE からアクセスできるようになったということですね。 オブジェクトのデフォーメーションだけでなく、SRT なんかも ICE で制御できるって感じでしょうかね。 エクスプレッションやスクリプトオペレータみたいなことをノードグラフでできるようになったって考えればいいのかなあ。 ま、すでにできている ICE デフォーメーションはまさに、スクリプトオペレータの GUI 版ですよね。

顔ロボットスルー。

ICEコンパウンド100個。 今あるものですら使いこなせてないのに。っていうかほとんど使ってないのに Orz

新シェーダ100個。やっぱり mi とか mip シェーダとか書いてるな。さほど期待してはいけない。すでに一応は使えるようなってるあのわかりにくいシェーダ達がメインなのだろう。たぶん。

PhysX 2.83。 ICE と組み合わせて使えるような書き方だな。Rigid Body が強化されるんでしょうか。速くなるだけ? 現在の ICE の Rigid Body はコリジョンが Actual Shape できなかったりするわけですが、その辺は変わらないんでしょうかね。どうなんだろう。NVIDIA の CUDA な GPU があればさらに速いんですか。最近こればっかですね。

Camera and Render Slate というのはやはり、色んな情報をビューポートやレンダリング画像に表示するためのもののようですね。 ビューポートはともかく、レンダリングの方は画像に情報を絵として焼き込むってことなんだよなあ? 当然テストなり仮のレンダリングにしか使えないことになる。絵として焼き込むのではなく、そういう情報を埋め込むことができる新しいファイルフォーマットみたいなのはないんでしょうかね。コンポジットソフトウェア側で表示オンオフできるみたいな。

Multi-Camera rendering ってのは、え? ああ、1 pass の中で違うカメラでひと続きのレンダリングができるということですか。 複数のカメラがあって、このフレームまではカメラ1、ここ以降はカメラ2、みたいにレンダリングするってことですかね。 そんなもん、編集ソフトウェアでやればいいのでは。 そもそもノリシロ要るでしょ。 ま、アニマティクス的なものとかでパパッとやっちまいたい時に便利なんでしょうかね。 そういや昔そういうことをやるプラグイン書きました。レンダリングはできなくてビューポート上だけですが(キャプチャはできる)。 XSI Base を探すと見つかるかも・・・・。

メンタル霊弐千拾壱は、3.8 相当なのでしょうか? だとすると iray は? あんまり詳しいこと書いてないな。 全体的に安定性が高くなったとか、BSP2 のパフォーマンスが改善されて速くなったとか書いてますぜ。ほんとかいゴルァ さんざん問題を引き起こした BSP2 ちゃん、なんとなく怖くて ON にできません。ここ最近は 100% BSP1でレンダリングしてます。

UVUnfold は使ってなかったからよくわからんなあ。アンラップする時にシンメトリなUVを作ってくれるみたいなこと書いてますね。 確かに、Roadkill なんかを使ったときは、顔とか開いた時に変にナナメった UV ができたりして、最初からピシっとまっすぐでシンメトリな UV にならんもんかなあ、なんて思ったこともあるので、これは良いのではなかろうか。あんまり激しく UV 開いたことないからよくわかんないや。



なーんて、ちょっと待てばビデオなんかも出てくるだろうに、勝手な予想とか書き連ねて、馬鹿だね俺も。意味ねえ。 でもまあ、ほら、年に1回この気分味わいたいじゃないですか。夏じゃないのがなんとなく違和感な気もしますが。 そして使い始めた後は、また絶望と落胆のズンドコに落とされる気分を味わうのも、年に1回の大切な儀式なわけです。

追記:ビデオも来てました。
http://area.autodesk.com/blogs/marks/softimage_2011




あれ? 前回書いた記事のリンク、消えてる?
やっぱりあれはリークだったのかw

まあいいや、さあ XSI なんてほっといて、交流直流行きましょう。



やっぱりこの曲がいまだに一番良いのではないか。
GDC だか新バージョンだか、もう知らん。今週はこいつの週なのです。そうなんです。


暗ガスたん






..

|

« 来たようです。 | トップページ | おまけ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来ました。:

« 来たようです。 | トップページ | おまけ。 »