« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

Alive。

なんかすごいリグツールが出てますね。Alive ですって。
http://www.xsibase.com/forum/index.php?board=29;action=display;threadid=41746

ガイドをまず作り、そのガイドからリグを生成するという手順は XSI に付いてくる二足リグや四足リグと同じみたいに見えますが、このツールは体全体ではなく、体の部分ごとにリグを生成していくような感じなんですね。 ビデオを見ると、人・四つ足・鳥・魚?の雛形があって、でもその雛形丸ごとではなく、雛形に含まれる一部のパーツを取り出し、それをどんどん積み重ねてひとつのリグを作っていくように見えます。 だから基本的に、どんな体の構造を持っていてもOKということなのでしょう。ビデオに出てくるやつも、ケンタウロスのような四つ足+人間の上半身で、かつ腕は4本、頭が2つという実にフリークスな体ですね。 なるほど、どんな関節構造でもOKというのがポイントなのですね。 タコ足みたいなものとかはそのままじゃ使えないでしょうけどね。


しかも、なんだか Flash なインターフェースが用意されてますね。グラフィカルでファンシーで見やすい感じの画面です。実に XSI らしくありません。


開発中だそうで、一般公開するのか、売り物にするかなどはまだ未定だそうですよ。でもなんらかのデモ版らしきものは出すようなことを、作者の人は言ってますね。
http://www.xsibase.com/forum/index.php?board=29;action=display;threadid=41746;start=30



是非使ってみたいとは思うけど、やはり、リグの構造ってものはアニメーションの付け方に最も影響を及ぼす、というかほぼ決定付けますからね。つまり俺様流のモーションワークフローに合致するかどうかが問題になりますね。 例えば頭の動きをポジションとしてとらえるのか、首から順のローテーションとしてとらえるのかなど、そういう基本的な考え方の部分で自分と相容れないリグだったりすると、そのまま使うのはつらいということになりがちです(ま、IK と FK の切り替えがあって、その操作が楽ならそれでいいんですがね)。 コントロールが多い少ないだとかどうだとかより、基本思想が自分とは違うリグで動きを作るほどつらいことはありません。

だから結局、自動でリグを作ってくれる便利ツールという意味での期待はせずに、そのリグの技術だけ盗んで自分のリグに取り入れるというのが、現実的な着地点になることが多かった気がします。3DQuaker のとかもそうだったかな。 結局リグは自作することになるので手間はかかるんですが、モーション付けのしやすさを考えると、最後にはそうなってしまう。

でもこのツールはパーツごとに取り出せるからこそ、その構造で使ってもいい部分のみ使わせてもらうということができそうですね。 やっぱり便利そうだなあ。 25ドルとかそれくらいで売ってもらえないかしら。 安すぎ?


Flash なシノプティックを自動生成する方法も研究中だそうで、へえ、すごいですね。
ま、俺は個人的にはシノプティックのファンではありませんが。
選択用の簡単な PPG 作るほうがまだいいなあ。



.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

急須。

そういえばレンダリングのテストに急須を使いたいな、などと思いましてね。
そう、あまりにも有名なあの急須です。
a teapot ではなく、 the teapot と呼ぶべきみたいですね。


ちょっとだけ探してみたら、ありました。江戸ハリスさんのところに。
http://www.edharriss.com/xsi/tools/tools.htm

下の方にある Get>Primitive>Teapot これですね。

ファイルの日付を見ると、おおう、2003年。古いですね。
インストールするとゲット急須ボタンがついたツールバーが作られるようです。

が、Workgroup にインストールしてみたら Toolbar のボタンを押してもエラーが出てダメ。ソースを見てみると、User パスにインストールすることが前提になってるみたいだったので、パスを書き換えたら動きました。

Xsiteapot

でもこれ、単に既成の急須オブジェクト emdl を Import しているだけなんですね。 ってことは、この emdl をどっか便利な場所にでも置いて、ドラッグ&ドロップとかでシーンに持ってきた方がラクかもな。

そしてカスタムなジオメトリOp が付いているわけでもなんでもない、ただのポリゴンオブジェクトなんですね。 大きさとか分割数とかがプロシージャルに変えられるわけじゃないんですね。 そうかー。 まあこれでも十分ですが、プロシージャルだとなお良いですよねえ。 プロシージャルな急須の XSI プラグイン、誰か知りませんか。教えて下さい。

3DS Max に急須プリミティブありませんでしたっけ? しかもプロシージャルな?


もうひとつ見つけました。
http://www.agedito.com/portal/index.php?option=com_content&task=view&id=23&Itemid=39
こっちはオペレータですが、残念ながらメッシュの解像度を変えられるわけではなく、蓋とか取っ手のオンオフだけですね。 更に残念ながら、各パーツのメッシュが分離されており、一体形成された状態ではありません。 うーむ。

メッシュ解像度などを自在に変えられるプロシージャルな急須プラグイン for XSI をご存知のお方は教えて下さい。




前にも載せたけど、SIGGRAPH 2009 のピクサーブースでもらったのも急須くんでした。
Img_1551

この急須、インテリアとしても良さそうなので、3Dプリンタで出力して色塗って飾っておきたいですよね。ペーパークラフトもいいかも知れない。 まあ、3DCGの世界を知らない人がみたら ハァ? という感じでしょうがね。


先日の SIGGRAPH ASIA 2009 の時にも、ピクサーのプレゼンでこのティーポットの話を少ししてました。 夏に行われたニューオーリンズでの本家 SIGGRAPH の展示会場の図面を出して、ここからここまでずーーーっとレンダーマンティーポットをもらう人の列ができてましたー って話でした。 前にこの記事でもその写真を載せましたね。ほんとにすごい行列でした。

最近はこのティーポットが e-bay などに出品されているそうで、180ドルだかの値段が付いているという e-bay のスクリーンショットを見せてました。
今調べてみたら、
http://shop.ebay.com/?_from=R40&_trksid=p3907.m38.l1313&_nkw=renderman+teapot&_sacat=See-All-Categories
お、この時点では20ドルとかですね。 さあ誰か買ってください。

また、このティーポット君、なんと南極まで行ったんですって。 南極点に立つ HDRI 環境撮影用の銀球みたいなボールの上に乗っかっている写真を見せてくれました。どうやったのでしょう? ピクサーを辞めて南極観測隊に入った人とかがいるんでしょうか。
あ、写真あった。
https://renderman.pixar.com/products/tools/renderman-teapots.html

この南極点での写真がクイズになっており、来場者に写真を見せて「ここはどこでしょう?」と問い、正解した人にティーポットくんをプレゼントしていました。さすが小規模 SIGGRAPH ASIA、来場者みんなに配布するわけではありませんでした。

全然関係ないけど、南極ではこんなイベントもあるんですってね。
http://www.computerworld.jp/news/trd/106669-3.html
すっぽんぽんで南極点 (・∀・)


歴史も勉強しましょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Utah_teapot
http://www.sjbaker.org/wiki/index.php?title=The_History_of_The_Teapot

CGのパイオニア、マーティンさんが作ったそうですよ。
オリジナルのリアル急須はもっと縦長なんですねー。 当時モデリングに使ったマシンのピクセルが正方形じゃなかったから、あらかじめモデルをタテにつぶすことによって見た目をマッチさせたそうで。へえー面白いですね。 スプーンとカップとソーサーも一緒にモデリングしたそうですよ。急須だけが有名になっちゃったけど。

メーカはメリタだそうで、ああ、あのメリタですか。俺もコーヒーのドリッパとか持ってますね。 あっ、Wiki でメリタ調べてみたら、同じ急須の写真が出てるっ。 この急須、そんなに有名なのか。 ってよりも、最も普及した平凡な急須をモデリングしたということなんでしょうかね。 上のリンクによれば、マーティンさんがお茶を呑んでいる時に何をモデリングしようか思案してたら、奥さんにそのお茶セット作れば?って提案された、みたいなエピソードが書いてあります。



類似品
に御注意下さいだそうです。




.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

藍未だ来ず。

前にも書いた IndigoTinted ですが、ふと思い出してまたブログを見に行ったら、
1回も更新されてねえ Orz


うーむ、2009年11月にオープンベータを始めるって書いてあるんですけどねえ。
もう弐千拾年になっちゃいましたよ。やっぱり予定通りに行かないのか。
スケジュールだけが予定通りに行かないのならまあいいけど、
開発そのものが暗礁に乗り上げてしまってないといいんだが・・・・。


ま、いつものことなんですけどね。
XSI には、ステキなサードパーティ製品は降りてこない。
メンタル霊だけでがんばりましょうね。
あ、3DFXもあるか。


っていうかしつこいですけど嘔吐デスクさん、Softimage Renderer くれって言ってんだろゴルァ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

枝豆。

先日の忘年会で出てきた枝豆。これが実に美味かったんですがね。


当てずっぽうで、超テキトーにやってみました。

1.中華鍋でごま油を熱する
2.冷凍枝豆(解凍済み)を投入
3.ひたすら炒める
4.皿に盛る

以上。 実に難しい料理でした。

Sany0005
食後の感想: べっちょりと油っぽい、なま温かい、ただの枝豆 Orz


いや、まあ、普通に食えますよ。
香ばしい感じがなくもないので、こういう枝豆もアリかも、とは思いますがね。
でも、あの時呑み屋で食ったアレとは、全然違うのです。
なかなか中身まで温まらず、炒める時間が長くなったせいで、ごま油の風味が飛んでしまったのかもしれません。

2010年の課題は、このレシピの改良です。
CGなんて作っている場合ではありません。
甘太郎に就職するかもしれません。





新年明けましておめでとう御座居ます。




.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »