« 怒りの Select All Passes (メ゚皿゚)。 | トップページ | 愛霊ビデオ。 »

2009年12月 7日 (月)

ビジブルさん。

自分の場合、主にリグの作業をやっている時なんですがね。
エンベロープウェイトの設定をした後、メッシュがきれいに変形しているかどうか見るときに、ボーンや null が見えてたらビューポートがゴチャゴチャしていて見にくいわけですよ。 コントローラに使っている null やらカーブやらを一時的に隠したい時もあります。
だから、目ん玉アイコンのメニューで、カーブを表示オフとかボーンを表示オフとかよくやるわけですが。

その後すぐまたウェイト調整に戻るわけですね。その時はボーンや null が見えていて欲しい。ボーンだけ、とかなら目ん玉アイコンからまたボーンをオンにするだけでいいのでさほどめんどくさくもないんですが、ボーンと null と Implicit をオンに戻す、とか3つくらいいじるのはもうめんどくさくて仕方ないわけです。 間違えて違うものをオンオフしちゃったりすると、即座にモニタを破壊してしまいます。

だから、ボーンとか null とかのジャンルごとのオンオフ状態を記憶しておいて、邪魔な時は即座に隠し、必要になったら即座に元の状態に戻せるようにしたかったと、そういうことなんですがね。


ビジブルさん。
http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

VisibleSan Demo from junki the junkie on Vimeo.

しょっちゅうビジブルさんで切り替える時はショートカット作っちまった方が便利でしょうね。俺はそうしてます。コマンド名は VisibleSan です。


ビジブルさんに直接関係した話ではないですが、i7 なマシンで Win7 64bit で動かすと、自分が書いたプラグインもけっこう高速に動くのでびっくりします。 前までは、 なんか遅いなあ、このスクリプト馬鹿正直に逐一処理してるからなあ、でも高速化の方法も知らねえしなあ、まあ素人スクリプトだから仕方ねえなあ、 くらいに思っていたんですが、マシンとOSのパワーゴリ押しですごく高速化しちゃってるもんだから、こりゃもう、コードを最適化するモチベーションが働かなくなりますね。 人間様の頭を使うのではなく、機械の馬力で解決するという、実によろしくない状況です。 無駄に重いシーンを作っても、まあ CPU 速いしメモリも大量に積んでるしゴリ押しでレンダリングできちゃうからいいかー グラボもそこそこパワーあるからリグが重くてもまずまずリアルタイム出るよねえ  ってなここ何年かのCG屋の悪い風潮は、プログラミングの世界でも同じなんでしょうかね。

まあ自分でやるスクリプティングに関しては、俺はゴリ押しで全然かまわないんですがね。 むしろありがたい。もとから極めるつもりがさらさらない分野なので、俺は頑張らずに機械や人様の作ったソフトウェアに頑張ってもらいましょう。 
さあお前ら、俺のために働け。マシンも OSも XSI も高い金出してんだ。倒れるまで働け。



.

|

« 怒りの Select All Passes (メ゚皿゚)。 | トップページ | 愛霊ビデオ。 »

コメント

こんにちは、一年ほど前から拝見させて頂いております。
見当違いだったら申し訳ないのですが、LayerManagerでのビューのオンオフで管理するわけにはいかないのでしょうか?

i7&64bit羨ましいです。
レンダリングの遅さに日々イラついています。

投稿: goro | 2009年12月 8日 (火) 17時08分

goro さん初めまして。 ええっ1年も読んでいるんですか。こんなの読んでると下品になるのでやめた方がいいと思いますよ。

ところで
>見当違いだったら申し訳ないのですが、LayerManagerでのビューのオンオフで管理するわけにはいかないのでしょうか?
ごめんなさい、これ意味わかりませんでした。
LayerManager でのビューのオンオフ? Layer はビューに関わるものではありませんが? 俺勘違い?


ボーンやら null やら種類ごとにレイヤを作ってレイヤごとオンオフするわけにはいかないのか、という意味であれば(そういう意味には読めないので違うでしょうが)、もちろんそれでもいいですわね。そうするわけにはいかないなんてこと、全然ないと思いますよ。実際俺も、レイヤも使います。併用します。

そもそも Visibility Options で出てくる Camera Visibility(null だの curve だのジャンルごとのオンオフ)は Layer などとは全く独立したものであり、たとえ Layer でオンになっていようとそれとは関係なく、そのビュー(正確にはそのビューカメラ)の中で丸ごとあるジャンルのものをオフにするという使い方が想定されているわけですね。それを切り替えるのが、目ん玉アイコンの下にずらっと並んでいるスイッチであり、もっと詳細に決めたい場合は Visibility Options(Shift + S) にアクセスするわけですね。 ただ、複数のものをオンオフ切り替えた時に、元の状態に戻すのがめんどくさいと思ったので、ビジブルさんを書いたわけなんですけどね。

だから、ビジブルさんは Layer の代わりになるものでは全くないし、逆に Layer がビジブルさんの代わりになるわけでもない。全く関係のないものです。ゆえに併用もできるし(俺は併用してます)、どちらか一報だけで管理することも可能でしょう。

余談ですが俺は Layer ってあまり使わないですね。Layer Manager がそもそも邪魔だし、viewvis や rendvis で他と喧嘩すると困るし。昔これでさんざん泣いて、それ以来反Layer同盟レジスタンスに参加しています。 モデリング中などはともかく、レンダリングの段階まで行ったら全ての Layer は抹殺して rendvis 管理は Partition のみで行きます。



あー 勘違いしてヘンなこと言ってたらすいません。
よくわからなかったもので。

あ、レンダリングは、速いマシンでも手抜きをするとやはり、何をどうやっても重いと感じてます。 ちゃんとオプティマイズしないとダメですね。シェーダもテクスチャもメンタル霊オプションも、全ての設定を見直さねばなりません。またメンタル霊がどのように計算するのかある程度理解なり想像なりしてないとオプティマイズしきれません。えーー ここオフにしてるのに、結局ウラで計算だけはしてんのかよー なんてこともありましたから。 逆に、ちゃんとやればさほど重くない状態にも持っていけると思ってます。 めんどくせえですけどね。

投稿: junki | 2009年12月 8日 (火) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/46958429

この記事へのトラックバック一覧です: ビジブルさん。:

« 怒りの Select All Passes (メ゚皿゚)。 | トップページ | 愛霊ビデオ。 »