« SP1。 | トップページ | 実写あさしん。 »

2009年10月26日 (月)

藍のレンダー。

IndigoTinted for XSI が復活のようですよ。

http://indigotintedforxsi.blogspot.com/2009/10/agreement-signed-with-glare-technology.html

前はフリーだったけど現在は売り物になっている Indigo Renderer の XSI インテグレート版ですね。どーなったのかなーと思っていたのですが、XSI List の書き込みで再開を知りました。IndigTined for XSI の開発者 Glare Technology と、 IndigTined の開発を完成させるという最終合意に達した、とあります。今年の11月の終わりにオープンベータが始まり、2010年初頭から発売の予定だそうです。
権利がらみで止まっていたんでしょうかね? いずれにせよ開発は続いていたみたいで、最近になってちゃんとアナウンスできるようになったという風に見えますね。


上のリンク先のブログを見る限り、以前の XSIndigo Exporter のように Indigo 用のファイルを書き出して外部でレンダリングするのではなく、ちゃんと XSI のインターフェースに統合されているように見えますね。

RenderTree は使っているけれど、中身のノードは IndigoMaterial とかの名前になってるので、専用シェーダじゃないとダメなのかな。 XSI 標準のシェーダはなんらかの変換をしてくれないのかな。 3Delight も Arnold も100%じゃないものの、標準シェーダをレンダリングしてくれる強みがありますからね。 いずれサポートして欲しいかな。


この IndigoRendererは、いわゆる unbiased renderer だそうで、Maxwell みたいなもんなのでしょうかね? この unbiased の意味が今ひとつわかってないのですが、コトバとしては「公平な」「偏りのない」という意味だし、Maxwell などの売り文句から想像するに、「シーンの中のあらゆるものが平等にレンダリングに影響を与える」ってくらいの意味でしょうかね? つまりは実際にリアル世界で起こっている現象をそのまんまシミュレートしてるってことですよね。 「間接光をシミュレート」みたいな要素単位での再現ではなく、モノがある色で目に見えるという現象全体で再現とでも言うか。リアル世界では光源も、光を反射する物質も、全てがモノの見え方に影響しているわけですからね。
http://www.cgafaq.info/wiki/Bias_in_rendering ここ読んでみたけど、ううむ難しい。



実際どんな感じのレンダラなのか、仕事で使えそうか、フリッカフリーなアニメーションできるか、CG的な大嘘は全くつけないのか、などなど、オープンベータが始まったら試してみましょうかね。 



いやあ、ここまでアナウンスしておいて、それでも出ないのが XSI のレンダラなのでありますが、でも Arnold も finalRender も V-Ray も時期を明言してないですからね。 その意味では立派であります。見守りましょう。




さあ、曲行きましょう。
今日はもちろん、Indigo Girls ですね。
ありゃ、Youtube の埋め込みリンクが表示されない。権利の問題? Indigo Girls の曲は全部そうなってるように見えるな。
しかたないのでリンクだけ。
http://www.youtube.com/watch?v=CTuSDNRJYmE

いつごろだっただろう、90年代の半ばかしら。けっこうハマって聴いていた気がするな。
ガールズと呼ぶにはつらい年齢になっていますが、そのハーモニーは衰えず、むしろ本当に純真な少女を連想させるような、そんな音楽をやっている気がします。まあ、歌の内容よくわかってないから、なんとなくですけどね。

このお二人、レズビアンなんですね。この二人同士ではカップルだったことはなく、それぞれに相手がいるみたいですが。
お二人とも同性愛者で、その方面の色んなアクティビティにも参加してきたように見えるので、もしかしたら昔作ったあの作品をどこかで見てくれた可能性なんてないかしら・・・・。

俺のCG歴の中で最大の栄誉:
「ちんちん電車」(英名:Cocksucker Train) by Cocksucker Film
東京ゲイ&レズビアン国際映画祭 特別賞受賞 (゚∀゚;)
 (その後 世界各地で上映)

http://www.tokyo-lgff.org/2001/works.html
http://www.cinema.ucla.edu/pdfs/FTVStudyGuides/OutfestCollectionUCLA.pdf (PDF)
うーむ、これくらいしか見つからなかった。。。。もう古い話だからな。。。。

98年だったかしら。 Softimage|3D で作ったちんちん電車が渋谷の街を走る! ハチ公も勃つ! アフォな映像でした。でも受賞したんですよ。へへへへ。 SIGGRAPH の Electronic Theater に入選するよりはるかに栄誉を感じます。そして何かのはずみで Indigo Girls のお二人が見てくれたりしたら、それこそ栄誉の極み。へへへへ。あり得ないだろうけど。





あ、念のためカミングアウトしておきますが。
俺はヘテロです。




今のところ。





.

|

« SP1。 | トップページ | 実写あさしん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藍のレンダー。:

« SP1。 | トップページ | 実写あさしん。 »