« おおさか。 | トップページ | 字幕付き。 »

2009年10月10日 (土)

人間様関節変形研究なサイト。

人間様を作るときに参考になりそうなサイト。 XSI Base で誰かが載せていたものです。
http://www.hippydrome.com/

関節を仕込むときの参考になりますね。 ボーンでデフォーメーションされた時にポイントがどう動くのか、あるいはどのポイントが引っ張られずにそこに留まるのか。 これを計画しながら関節を入れていかなければいけないし、そもそもそれが可能なモデリング(それが可能なトポロジ)をしなければなりません。 こういう作業の参考になりそうな画像・動画がいっぱい。スヴァらしい。

人体の解剖学サイトなんかに行くと骨や筋肉の構成が載っているので大いに参考になりますが、骨の動きに沿って表皮がどう変形するかまでを図解しているサイトはなかなかないと思います。このサイトの信頼性がどれだけ高いか、それは自分で見極めるしかないですが、盲信することはないにせよ自分で作ったものと比較して何かに気づく、という手助けにはなるでしょう。 さ、ブックマークですよ。



などと書いておきながら・・・・。
これは自己矛盾なのですが・・・・。

CGで人間を作るときに、人間を観察するのではなく、人間のCGを観察するってどうよ? という思いは相変わらず抜けないですよね。 昔、某CG雑誌の某連載にもずっと違和感を持っていた。劣化コピーの連鎖とはまさにこのことよ。

中学生の時、社会科の地理の授業で、地図をなぞって描くというのをよくやったんですね。そのとき地理の先生がいつも言っていたのは、トレースは必ずオリジナル素材を使え、つまり一度トレース済みの地図を再トレースするのではなく、地図帳のオリジナルからトレースし直せ、ということでした。 劣化を最小限にするためです。当たり前ですわな。

だから、CGで人間作るんなら、誰かが作ったCG人間を見てもダメなんです。オリジナルの素材、つまり本物の人間を見なければいけないんです。 本物の人間をくまなく観察し、実際に触って骨の位置とそのピボットを特定し、関節を曲げてみて筋肉の変形具合を確かめ、あちこち突っついて弱いところを探し、撫で、嗅ぎ、舐め、味わい、こちょこちょし、つんつんし、れろれろし、ぐちょんぐちょんして、初めてポリゴンの配置もボーンの入れ方も発見できるのです。そうなんです。


・・・でもね、結局最後にはCGという手法で作る以上、誰かの手によってCGという手法にいったん落としこまれたものを見るほうが、手っ取り早いというのはあるんだよね。 オリジナルの観察から何かを発見すること、ある解釈をすること、まずそこに高いハードルがあるわけで、俺を含め大半の人はこの段階で大いに情報を劣化させてしまっていると思うんですよね。 でも、仕組みはわからなくても、わかっている人の真似すればそれらしきものが出来上がる(こともある)という。 ラクちんですね。いかんですね。

とは言え、例えば隕石が落下するシーンを作るために、まずは隕石の落下を観察しに行くんじゃなくて、やっぱり映画のDVDを漁っちゃいますわね。エメリッヒさんあたりの作品とかね。あとは YouTube とかでそんな感じのCG映像探しちゃいますわね。

いかんな。この態度。いかんです。オリジナルを見なければいけません。反省します。すみません。


やはり、

 動物の形をした戦闘メカどうしの取っ組み合いとか、
 学校の教室で暴れまわる巨大な軟体動物とか、
 砂漠で横転する戦車とか、
 ブラックホールに呑み込まれる星とか、

全部本物を観察してから作ることにします。
そうします。
精進します。



.

|

« おおさか。 | トップページ | 字幕付き。 »

コメント

ディスカバリーチャンネルのDVDも漁ってみて下さい。楽しいですよー!
BBC制作のドキュメンタリーとかドラマも違和感が無く見れると思います。

(注:BBCは「びわ湖放送」じゃないほうです)

投稿: aki | 2009年10月11日 (日) 10時06分

そうそう、ディスカバリーチャネル、ナショナルジオグラフィックチャネル、アニマルプラネットあたりは愛用です。
ただ、例えばディスカバリーチャネルで人体の関節の解説をやっていたとしたら、その解説画像もCG使ってる可能性大ですよねー
となるとそれを参考にすると劣化コピーは避けられない。やっぱり人体切り刻まなければダメですかそうですか

ところで大英帝國のドキュメンタリー系番組のCGってなかなかレベルが高いと思っているんですが、どうでしょう。
Fight for life ってやつが、2008年の SIGGRAPH で取り上げられていて、XSI でした。

っていうかびわ湖放送って初めて聞いたわ。知らんがな。

投稿: junki | 2009年10月11日 (日) 16時09分

やはり、レオナルド・ダ・ヴィンチさんは自分でヒトやらトリやらをむしったりしてますし、
田宮模型さんだって昭和の時代に、分解するためにポルシェ買ったりしてたわけですから
本物をガッツリ観察するって大切なんですが・・・
エメリッヒさんと仕事することになったら、地球の滅亡を何回見に行かないといけないのかしら。
「2012」公開まであと1ヶ月!

投稿: aki | 2009年10月21日 (水) 09時47分

あ、そう言えば「田宮模型の仕事」って本持ってます。面白かったな。何年も前に読んだので、ポルシェの話が出てたかは忘れちゃった。また読み返してみよう。今晩本棚を捜索します。

2012もうすぐですねえ。出たなエメリッヒ好きめ。
この映画はトレイラーで腹いっぱいになっちゃって困ります。
2012 は IMAX 上映はないんですかね。川崎の IMAX のページ見たら 2012 は載ってない。この映画はクソ大画面・アホ高解像度で観たいですね。

エメリッヒさんと仕事をすることになったら、地球の滅亡の前に、自分の貞操を守ることの方が重要になります。俺はヘテロです。

まーそんなビッグな仕事あるわけないですけどねー
町工場のしがないCG屋ですからー
Orz

投稿: junki | 2009年10月21日 (水) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間様関節変形研究なサイト。:

» 【CG】:人間様関節変形研究なサイト。 [白石運送]
■人間様関節変形研究なサイト。 あとで読む... [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 14時28分

« おおさか。 | トップページ | 字幕付き。 »