« うさちゃんだらけ。 | トップページ | SIGG Replay 2009。 »

2009年9月29日 (火)

ほるぢゃー。

BA シェーダの作者である Holger Schönberger さんと一緒に酒を呑む機会に恵まれました。 某様、いつも誘って頂いて感謝しております。


背が高くて、異様に鼻が高い、いかにも独逸人という感じの(いや、なんとなく)お方でした。 鼻の高さは異様で、先端の部分は Mark Hard Edge でカドと立たせてあるのかと思いました。日本人にはまずいないな、この鼻は。  流暢ながら、非常~に訛った発音で英語をしゃべります。独逸訛りなんでしょうか。 こちとら非流暢で日本語訛り、お互いネイティブではないのでなかなか会話は難儀しましたが、まあ大した話をしてないし、半分くらい通じた気がするので良しということにしましょう。


名刺もらいました。
Img_0090
あの BA ロゴの名刺でした。シンプルでかっちょいいね。


ずっと前から気になって気になって夜も眠れなかったのですが、ついに彼の名前の発音を聞くことができました。

 ほるぢゃー ほにゃららら~ さん

と発音するそうです。 ほるぢゃーの部分は、比較的素直だったので実にホッとしました。 独逸語ネイティブの発音だとちょっと違うのかもしれません。でも普通に英語風に ほぅーぢゃぁ みたいな感じで発音すれば通じるようです。

ほにゃららら~の部分は、2回も聞き直したんですが、よくわかりませんでした。Orz
しょーえんばーがーさん?くらいに思っていたけど、なんか全然違う感じに聞こえましたよ。誰か独逸語できる人いませんか。本人に代わって発音教えて下さい。


ええと、たしか28歳だか29歳って言ってなかったかな。若いなあ。若いのに色んな経験と知識と能力があって、嫉妬します。嫉妬は最大限の敬意です。畜生。


七ちゃんから搭載されたあのボリュームシェーダも、BA Shader Collection Essential に入っているシェーダも、もともとは自分のために書いたそうです。 昔レンダリングやコンポジットの仕事をしていて(このお方は必ずしもプログラマ専業ではなく、アーティストでもあるようです)、XSI ではどうにもできなかったので仕方なく自分で書いた、というような意味のことを言っていたと思います。 ほんと、ゴルァは発明の母ですね。

彼はなかなかの自信家なのか、「AfterBurn は使うのは簡単だが自由度が低く、とても限られている。 BA Volume は確かに難しいが、自由度は高く、思ったとおりのレンダリングができる」みたいに豪語してましたよ。 あの AfterBurn を上から目線で語れるとは、カッコいいぜほるぢゃーさん。気に入った。
でもやっぱ、BA ボリュームシェーダ難しすぎない~?と一応突っ込んでみましたが、「それは自由度を高くするためだ。簡単なインターフェースに作り変えることはたやすいが、それだと設定の自由度が低くなり、思った絵が作れない。 使い方が簡単なことと、自由度が高いことは、両立しない。どちらかを選ばねばならない」 という意味のことを言っていました。 そうですか。 ま、そりゃそうですわね。 わかっちゃいますがね。 でもカメラの寄り引きを変えたりスケールを変えたりしたら、あっと言う間に使えなくなってしまうようなこのピーキーな性分はなんとかなりませんかね。 シーンのスケールに合わせて各種パラメータが上手く連動するような感じとかにできないものかなあ。 酒の席なのでそこまでは要求しませんでしたが。 っていうか俺、突っ込んで要求できるほど使い込んでないっす。


現在はどこかのプロダクションとかで仕事するのではなく、自分自身の製品の開発しかやってないと言っていました。 BA シェーダ関係と、Royal Render ですね。特に RR の開発がけっこう大変だとか言っていた気がします。

BA Volume のように XSI の隙間産業的ツールをがんがん開発して、それを嘔吐デスクさまに売りつけるというのは商売としては成り立たないんでしょうかね? そういうことやって欲しいなあ。 独逸から個人で売っていたのでは規模はどうしても限られちまうだろうし、開発ペースも実にマイペースにならざるを得ないでしょう。 嘔吐デスクさまのもとには走って欲しくはないですけど、嘔吐デスクさまが彼のプロダクトを高額で買い取ってくれるのなら、彼の開発力も規模もスピードも上がるのではないでしょうかね。

そういやBen さんの zbump もそうだった。Mind Think の Helge さんも昔は個人の開発者だったんじゃないかな。Helge さんは残念ながら最近 SI を辞めたそうですが。実に惜しい。ほるぢゃーさんみたいに個人で開発を続けてくれないかな。


お、BA Essential が新バージョン出てる。弐千拾に対応したり、バグフィックスとかみたいですね。 Volume の方も新バージョンになっているようですが、こちらは七ちゃんに付属になった後も独自開発・独自販売を続けているんですね。七ちゃんにはない独自の機能とかあるんでしょうかね? 俺は 2.0 のままバージョンアップしてません。



D社のレンダリングマイスターコースは、あ、もう明日?というか今日?ですね。 すいません俺、コースは参加しないくせに呑み会だけは参加したという虚け者です。 BA Volume 普及促進委員の資格が剥奪されるかもしれません。 

だって高いですよこのコースは。 たった3時間半でしょ。休憩も入れたら実質3時間くらいかな。 それに同時通訳が入るだろうから、日本語の3時間よりも密度は半分程度と考えねばいけません。Todd さんの時もそうでした。 そして参加者が実際にソフトウェアをいじりながら話を聞けるわけではなく、ただの講義形式。 録音も撮影もできないから、ひたすらノートを取っていくしかないじゃないですか。実際にツリー組んでリジョン描いてってのをやりながらじゃないと、レンダリングの話なんかわかんねえよなあ。よっぽどレンダリングに精通していて、ICE のボリュームレンダリングとかも普段からいじりまくっている人じゃないとダメなんじゃないかな。予習も必要だろうし。

俺なんかが参加しても ふーん、へえー、ほーー、そうなんですかー、難しいなー、まあ帰ったらやってみるかー くらいの感じになってしまいそうな気がします。 しかも帰ってからは えーとなんだっけーー どうやるんだっけー もともとボリュームの仕組みもわからずに講義聴いたから自分の血になってねえなー よくわかんねえやー 仕事忙しいしまたいつか勉強するかー 終了。 になりそうな悪寒がします。 数千円ならともかく、ン万円も払っちゃった日にはもう。 ということで俺は申し込みませんでした。 申し込んだお方は、是非様子を教えて下さい。ほるぢゃーさんの鼻の高さもチェックしてきて下さい。




あ、飲み屋でほるぢゃーさんに、「ビールの名産地出身者として、日本のビールはどうか」と聞いてみると、「軽い」だそうです。 独逸ビールはもっとヘビーなのが多いそうで。 ほう、そうなんですか。 亜米利加ビールは薄くてやってられないですけど、あんまりヘビーだと量が呑めないじゃないですか。 日本のがちょうどいいと思いますけどどうですか。 キリンのクラシックラガーが美味いのは当然ですが、サッポロラガーもびっくりするくらい美味いですよ。 限定復刻だった焙煎も美味いですよ。 ブラウマイスターや、一番絞りの無濾過のやつもいいですね。 この辺が日本で普通に売っているやつの中では濃いめのビールだと思うけど、一通り呑んでみて欲しいですね。  俺もいつか独逸行ってそっちのビール呑みますよ。ソーセージと一緒に。 次回は伊太利亜抜きでやりましょうね。





.

|

« うさちゃんだらけ。 | トップページ | SIGG Replay 2009。 »

コメント

こんばんわ。
BAセミナーに申し込みながらも
目の前の仕事のせいで行けなくなってしまった者です。

代わりにBAシェーダもICEもさっぱりな後輩を行かせることにしました。
無念です・・・

投稿: msk | 2009年9月29日 (火) 05時17分

あー、msk さん、あなたのような人が行くべきですねあのセミナーは。なんてもったいない。

emFluid + BA もしくは SPH + BA でステキ映像やって下さい。成果はあそこか Vimeo で。
っていうか、こういう組み合わせ、普通にできるんですよね? さっぱりそっち分野が研究できてません。
俺はなぜか Instance Shape でジオメトリばかり飛ばしまくってます。細かい破片は ICE 内発生 Cone で済ませるという横着ワザを覚えました。
ズルばっかりしてるので、さっぱり言うこと聞くようになってくれない ICEちゃん。

投稿: junki | 2009年9月29日 (火) 05時26分

「しぇ~んべるく・・・」さん
とか、そんな感じですかねえ?

投稿: aki | 2009年9月29日 (火) 10時29分

やあこんにちは。

「しぇ~んべるく」 うーむ、そんな感じだったかなあ。なにせ飲み屋の喧騒の中、俺には「ほにゃらら~」に聞こえました。

今日のレンダリングセミナーで、おそらく司会の人が彼を「はるばる独逸から連合国の目をかいくぐってUボートで駆けつけてくれた、ほるぢゃーほにゃらら~さんです!」とかなんとか紹介したはずだと思うので、参加した人に聞いてみましょう。

ってことで参加した人、教えて下さい。

投稿: junki | 2009年9月29日 (火) 21時23分

はじめまして。
Gogle言語ツールで翻訳すると
ホルガー シェーンベルガーと訳されましたよ。
http://translate.google.co.jp/translate_t?hl=ja&ie=UTF-8&text=Holger+Sch%C3%B6nberger+&sl=de&tl=ja#

投稿: K-UDA | 2009年9月30日 (水) 19時56分

K-UDA さん、はぢめまして。

おおう、ほるぢゃー じゃなくて ほるがー なんですか。
でも本人に ヘイ、ほるぢゃー って呼んでも振り向いてくれます。独逸語発音では、ほんとは ほるがー なのかな。
やつがいい人だから、変な発音でも振り向いてくれるだけなのかな。

俺はガイジンに、 ヘイ、ジャンキー とか呼ばれることがありますが、確かに色んな意味でジャンキーなので間違いではなく、しかたなく振り向くことにしています。 ヘイ、ジュキー とか呼ばれることもありますね。ジュキーは違うぞゴルァ

名字は しぇーんべるがー ですか。その、o に点々がついたやつは  ぇ  の発音になるんですかね。

そういえば独逸のF1ドライバーに げるはると べるがー って人がいましたね。


ええい、よくわからん。もうどうでもいいや。Holgerさん、すまん、今日から君は BA(びーえー)くんだ。
各所で BA と名乗ってくれ。 日本人諸氏、びーえー ですよ。 ば とか読まないでね。

投稿: junki | 2009年10月 1日 (木) 03時30分

どうでもいいけど、

  らいんはると ふぉん ろーえんぐらむ

とか、

  おすかー ふぉん ろいえんたーる

とか、

  うぉるふがんぐ みったーまいやー

とか、

  じーくふりーど きるひあいす

とか、

そんな名前が出てくる作品が大好きでした。
CG屋のみなさん、アホクライアントやクソプロデューサーと死ぬまで勇敢に戦って、ヴァルハラでまた逢いましょう。

投稿: junki | 2009年10月 1日 (木) 03時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほるぢゃー。:

« うさちゃんだらけ。 | トップページ | SIGG Replay 2009。 »