« 鳩ぽっぽその後 | トップページ | 地味に便利。 »

2009年9月10日 (木)

宝の山。

前から存在していたページですが、最近アップデートしたそうです。XSI Base に告知が載ってました。
http://rray.de/xsi/

ええと、リチャードReinhard さんなのかな、XPOP の。
※追記: レインハードさん、って読むのかな? リチャードさんだと思っていたよ


最近出てきたツールや、ICE のコンパウンドなども含まれてますね。 いやあ、これは改めて発掘しねえとなあ。 

順に見ていくと、自分の XSI にインストールしているくせに存在を忘れているものを思い出したりもしますね。整理しねえとなあ。


このページの何がスヴァらしいって、プラグインのページへのリンクだけでなく、プラグインそのものもバックアップとして自身のサーバに置いていることですね。つまり作者のページが死んでても、このページからダウンロードできるということであります。 例えば XSI Database は、もともとこのページのように 「リンクの提供ではなく、ファイルをローカルに置くことによって、リンク切れでダウンロードできない状態をなくす」というのが主旨だったはず。残念ながら今のところあまり盛り上がってはいないようですが、もし盛り上がって機能し出すと、このページよりも強力なリソースサイトになるんでしょうね。


このページに載っているツールは、おそらくは自分で選んだ「俺的チョイス」なんですかね。 だからネット上のあちこちに散らばるツールを網羅しようとしているわけではなさそうに思えます。でも有名なやつはそろっているし、かなり良質なコレクションなんじゃないですかね。 


それにしても、無いと今すぐ死ぬプラグインってのは、時が経つと変わっていきますねえ。あれだけ使っていたツールが、今や全然使わなくなったというのも珍しくはない。XSI の標準機能として搭載されたのでどうしても必要ではなくなったり、自分のワークフローが改善(特には改悪)されていたりするからねえ。  このページを見ていると昔使っていたツールがわんさか出てきます。



現時点で俺的無いとすぐ死ぬナンバーワンは、実は自作の、ぬるぬるではないかなあ。一番ヘヴィに使っている気がする。 あ、コンストレインを移した null の親を作る新機能を組み込むの忘れてた。やろうと思ってたのにな。また近々いじってみるかな。。。。




.

|

« 鳩ぽっぽその後 | トップページ | 地味に便利。 »

コメント

はじめまして!
自分は都内で派遣ゲームモーションデザイナーをしている者です!(脱サラ ペーペーデザイナーですが!)

最近仕事以外でも自分の趣味や勉強をかねて商用版のソフトを購入しようと思っています。
もとはMayaから始めたCGですが、仕事でSIを使用するうちにSIのアニメーション機能に惚れて改宗を予定してますw
数万ポリでエンベロープがかかった状態で60fps出るなんて素敵です! 6.5はダメダメですが・・・
(まあ、FCurveのScaleメソッドで左右反転モーション用にFCurveを反転させるとCurveが消えるなんて可愛い仕様も
多々ありますがw)

junkiさんのブログはいつも読ませていただいて、おちゃめな罵倒にムフフとにやけ面させてもらっていますw
お金が貯まったらSIの2010、すぐに貯まらなければ2011でもと思っているので、是非junkiさんには2010がでたら
すぐさわってもらって、愛のある罵倒をしてもらいたいです!

今回はつコメントになりますが、これからも拝見させて頂いて、ちょくちょくコメントなどもさせて頂こうかと思って
いますので、よろしくお願いします!

最後に、ICEってこんなんも出来るんですねw ますます改宗のしがいが出てきましたYO
http://www.mootzoid.com/html/XsiCorner/emRenderPointCloud.html#Downloads

投稿: cool-motion | 2009年9月11日 (金) 01時22分

はじめまして、そうですかゲームのお方ですか。

せっかく Maya 使っていたのに XSI なんかに鞍替えするんですか。
いや、やめたほうが良いのでは。
先の見えないソフトウェア。
未来のないソフトウェア。
巨大なマーケットシェアを誇る大会社の末席で肩身狭く細々と暮らしているソフトウェア。
ユーザもノウハウもあらゆるリソースも少なく苦労することが目に見えているソフトウェア。
使っている会社が少ないために習熟しても働き口が見つからないソフトウェア。
使っている会社が少ないために外注するもされるも不可能なソフトウェア。
Maya や Max の人に常に馬鹿にされ、絵は人間が作るんだソフトウェアが作るのではない俺は玄人職人だから素人の戯言には耳を貸さないなどと負け惜しみを言っては夜中に悔しさで泣きそうになるソフトウェア。

トーラスなソフトウェア。



さ、今ならまだ間に合います。Maya に戻って幸せなCG人生を送って下さい。
ICE なんかなくたって、Maya Fluid や nParticle があるじゃないですか。
Max も良いですよ。Cebas がステキなツールを用意してくれているので ICE なんか要りません。
Fume と Krakatoa と AfterBurn もあるんで何の心配もないでしょう。ガツンとかましてやって下さい。
CAT だってありますよ。レンダラも選び放題ですよ。リアルタイムレイトレーサなんかも出てきましたね。



と、全力で否定してみる。けけけけけけ。

ゲーム業界は比較的 XSI率が高いですかね。映像方面に手を出さなければ XSI でもなんとかなりますかね。どうですかね。
でもやっぱり Maya や Max 使うほうが総合的にメリット多いんじゃないでしょうかね。どうですかね。




em シリーズはいずれ買わねばならんと思っています。
2010は、あれ? もうダウンロードできるんじゃなかったっけ。




いつかどこかで是非作品見せて下さい。
またお越し下さいませ。

投稿: junki | 2009年9月11日 (金) 03時34分

お返事どうもです。

ゲームでのSIのシェアですが、http://d.hatena.ne.jp/Aqu/この方がソフトに使用されているツールを
調べて載せてくれてます!
結構SI率は高いですね!(海外はMaya、Max傾向のような気もしますが・・・)
やっぱりリアルタイム再生能力やリギングのしやすさなんかは評価されてるんじゃないでしょうか!

>Maya、Maxつかいに馬鹿にされる
そしたらこう言ってやったらいいですよ!
”あのPSYOPのメインツールだ馬~鹿、馬~鹿、へへん”つってねw
つか、2010のラインナップの中で一番地味なアプグレしたのってMayaにしか見えないんですが
どうなんですかね!?僕だけですかね感じてるの!?
”ノードベースのコンポジタ付いたヤタ~~、トラッカー良くなったヤタ~~”って声を方々で聞きますが、
純粋に3Dツールとしての目新しい機能なんてほとんど付いてないし、騒ぎしすぎじゃね?みたいな!

エヴァ破のメイキングセミナーに映像業界でもないのに立場をわきまえず参加して、ちょっとMaxに
気持ちがゆらぎましたが、講演をしていた方が”FCurveエディタが重い”って言っていたのを聞いて萎えました・・・
やっぱSIっすよ!速いのは良いことっすよ!アングラっすよ!ユーザー少ないほうがカッコ良いっすよ!ええw
バグ多いけど・・・

emシリーズですが、やっぱり売り物なんですね・・・
そりゃそうですよね!
あんなクオリティ出せる物タダで配布する奇特方いませんもんね・・・

投稿: cool-motion | 2009年9月11日 (金) 15時01分

cool-motion さま

>結構SI率は高いですね!(海外はMaya、Max傾向のような気もしますが・・・)
>やっぱりリアルタイム再生能力やリギングのしやすさなんかは評価されてるんじゃないでしょうか!

いや、そういう会社は2000年頃に、過去の SI3D の資産にしがみついて Maya の波に乗り遅れただけです。


>そしたらこう言ってやったらいいですよ!
>”あのPSYOPのメインツールだ馬~鹿、馬~鹿、へへん”つってねw

そうなんでしょうか。本当にメインツールなんでしょうか。少なくとも俺はそう聞いたことはありません。
PSYOP が小さかった頃は確かにメインツールでした。4人のファウンダーは SI 使いでした。

過去に PSYOP で働いていて今も PSYOP の近くでCG屋をやっている俺の昔の先輩は、最近は PSYOP も Maya率が非常に高くなったと言っていました。2008年5月に現地NYで聞いた話です。そのときに幸運にも PSYOP を訪問することもできたのですが、まさに mixed pipeline という感じで、あらゆるツールを行ったり来たりして作っているように見えました。あくまでも俺個人の感想ですが、XSI がメインツールという印象は受けませんでした。 また、先日 PSYOP の Florian さんと話をする機会に恵まれましたが、彼も XSI をガンガン使ってはいるものの、XSI だけで完結する仕事は少ないように見えます。例えばあの牛乳姫のレンダリングは Max へ持っていってやったそうです。SIGGRAPH2009 の Computer Animation Festival のオープニングショットも彼によるものですが、ICE も使ってはいるものの、メインは Fume でシミュレートしたものを独自のインポータで読み込んだと言っていました(ちなみにインポータを書いた、あるいはそのシミュレーションを作ったのは sukio sukio sukio うっふん の Felix さんだそうで)。

NYエリアでは XSI のアーティストを見つけるのが非常に困難なため、どんどん廃れて行っているそうです。最近 XSI Mailing List でも、XSI を教える学校もなくなったし、どんどんマイナーになっちまうよまったくもう・・・という愚痴大会になっていました。最後の砦 VFS もすでに XSI のコースは廃止しています。

余談ながら、PSYOP の作品に感銘を受けたのであれば、メインツールだかサブツールだか知らないけどそんな道具のことはいったん無視して、どうか、道具ではなく PSYOP の皆さんの才能と努力に敬意を捧げて下さい。XSI を使ってるからいい映像ができているなどと言ったら、あんまりです。バチが当たります。



>つか、2010のラインナップの中で一番地味なアプグレしたのって
>Mayaにしか見えないんですがどうなんですかね!?僕だけですかね感じてるの!?

地味なアップグレードが良いと思います。派手なアップグレードをかまして不安定になるのは、Softimage も含め過去に何度も犯している過ちです。



>”ノードベースのコンポジタ付いたヤタ~~、トラッカー良くなったヤタ~~”って
>声を方々で聞きますが、純粋に3Dツールとしての目新しい機能なんてほとんど付いてないし、
>騒ぎしすぎじゃね?みたいな!

はい、騒ぎすぎでしょう。
同様に、「純粋に3Dツールとして目新しい機能」を求めるのも、ある意味騒ぎすぎでしょう。
我々の仕事は常に迫り来る納期との戦いです。「純粋に3Dツールとして目新しい機能」なんか
かまっていられません。今目の前にあるツールを極限まで研ぎ澄まして、あるいはなだめすかして、
あるいはだまくらかして、今日の仕事を終わらせましょう。



>エヴァ破のメイキングセミナーに映像業界でもないのに立場をわきまえず参加して、
>ちょっとMaxに気持ちがゆらぎましたが、
>講演をしていた方が”FCurveエディタが重い”って言っていたのを聞いて萎えました・・・

Max に気持ちがゆらいだというのは、あの映像に感銘を受けたために、その作成に使われた
ツールに魅力を感じた、という意味だと受け取れますが、PSYOP の話と同様に、感銘を受けたのであれば是非、
Max ではなく Max を使って血の滲むような努力をされたあの皆さんに敬意を捧げて下さい。

ちなみに Fcurve エディタが重くても、イライラするのを我慢すれば仕事は終わります。
Fcurve をいじろうとすると瞑想に入られるソフトウェアでは、仕事は終わりません。




さ、今ならまだ間に合います。Maya に戻って幸せなCG人生を送って下さい。






ふうーーー、 全力で否定するのって疲れますね。けけけけけけけけ。
でもあながち冗談ではないですよ。けけけけけ。



em シリーズでできることは、Maya や Max ではとうの昔にできていることです。
また、ICE が凄いわけでもありません。em は ICE 以前から存在しています。
em の価値を貶めたいのではありません。Softimage の価値を貶めているんです。けけけけけけ。

でも em も Fume も Krakatoa も、人間様が使うんだと俺は今日も負け惜しみを言います。
負け惜しみを言わないとやってられません。





いつかどこかで是非作品見せて下さい。
またお越し下さいませ。

投稿: junki | 2009年9月12日 (土) 03時25分

お疲れ様です!

>PSYOP
そうですか・・・Mayaですか・・・
自分の知っている情報はとても古いものだったんですね~~~!
あの御方たちなら何のツールをつかってもスペシャルなもの作ってのけるのでしょう!?
必要であればC++なんかで大規模ツールも作っちゃうんだろうし!
彼らの努力と才能にはいつも敬意を払っていますよ!自分が一番好きなプロダクションなんでw
(努力つっても作業現場みてないんで知りませんが、作品を見る限り努力&才能どちらか欠けている人間にはつくれないでしょうから)

>ツール
まあSIがダメな子だったとしても、個人や小規模プロダクションでMayaを持つ意味はほとんど無いと思って
いる状況です!
結局ツールを書ける知識もしくは知識をもっている人間が必要になってくるソフトなんで、それこそTDやってる人
とかTDを専門職としてやとっていけるプロダクションしか使えないと感じています。
(現在わりと有名な大手ゲーム会社に派遣されていますが、映像プロダクションに比べれば金のあるだろう
その会社でもTDなんていません。テクニカルな仕事を兼任しているアニメーターはいますが。)

まあ当面はSIを購入することにして、買ってから不満が爆発したらMaxでも検討します。
(すべては買って個人製作してから言うべき事なのかもしれませんがね!)

>作品
あ~~、これが突っ込まれて一番お腹が痛くなるところです・・・
最近新PCを購入して、お届けまち状態なんですが、届いたらまずはZBrushを入れようかと思っています。
そしたら何かしらお見せできますん・・・いや、お見せできるよう精進します。

投稿: cool-motion | 2009年9月12日 (土) 16時12分

>まあSIがダメな子だったとしても、個人や小規模プロダクションでMayaを持つ意味は
>ほとんど無いと思っている状況です!
>結局ツールを書ける知識もしくは知識をもっている人間が必要になってくるソフトなんで、
>それこそTDやってる人とかTDを専門職としてやとっていけるプロダクションしか使え
>ないと感じています。

逆ですがな。 TDのような人がいないと話にならないのが、Softimage です。特にレンダリングまわりが。

いや、まあ、TDいなくてもなんとかやってはいけますが、うちも現実になんとかやっちゃって
いますが、だとすればそれは Maya も Max も同じ。Maya はTDが必要で SI はそうではない
なんて聞いたことがありません。誰かそんなこと言ってましたか。
あるいは使ってみてほんとにそう感じたんですか。
であれば SI ではさらに苦労することでしょう。
Welcome to the painful world. けけけけけ。



アダプティブスーパーサンプリングの意味がわかりますか。
BSP ツリーを適切に設定できますか。
NaN の問題が出てきたらどうしますか。
どういう時にスタンドインが使われてメモリがどう消費されるかわかりますか。
Delta に精通していますか。


俺はひとつもわかりません。わからないために、常に仕事が妨げられています。


こんなことを気にしたくないお方には、Max がお勧めではないでしょうか。
少ない経験ですが、ああ Max はスヴァらしい、めんどくさいこと考えなくても良いと言ってもらえそうな絵が出てくれる、と、俺は思いました。
えー Max 使いのお方はいらっしゃいますか。是非 cool-motion さんの背中を押してあげて下さい。けけけけけけ。


さ、今ならまだ間に合います。Max に乗り換えて幸せなCG人生を送って下さい。けけけけけけけけ。




>届いたらまずはZBrushを入れようかと思っています。

ZB もいいけど、cool-motion さんはモーションの人でいらっしゃるようですし、Fカーブエディタが遅いなんて萎えるぜと豪語するくらいなのだから(ちなみに今 cool-motion さんが使っているFカーブエディタは遅いですけどね。すでに2010を使っているのではない限り)、是非ステキなアニメーションを見せて頂きたいです。Max や Maya の人が腰を抜かすようなステキなモーションで、SI の優位性を証明して下さい。いやほんと。証明して欲しいのです。そうじゃないと俺も困ります。こんな悪女と長年付き合ってきちゃったもんだから。俺だってこいつはいい女だと言いたんです。

ま、ステキなモーションを作ってくれたら、それは SI ではなく cool-motion さんの力だと俺は言いますけどね。ってことは永遠に SI の地位は上がらないですね。けけけけけけ。

投稿: junki | 2009年9月13日 (日) 04時01分

>今目の前にあるツールを極限まで研ぎ澄まして、あるいはなだめすして、
あるいはだまくらかして、今日の仕事を終わらせましょう。

とても響きました。今日一日、その先に続く何かの「糧」にします。
精進します。

投稿: チラオカ | 2009年10月 1日 (木) 09時54分

チラオカさま、初めまして。
そうですか、響きましたか。でもですね、こんな下品なブログに響かれているようではいけません。下品が伝染ります。どうかご自愛下さい。

投稿: junki | 2009年10月 2日 (金) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝の山。:

« 鳩ぽっぽその後 | トップページ | 地味に便利。 »