« レンダラ情報。 | トップページ | 展示。 »

2009年8月10日 (月)

2010 ブースデモ。

SIGGRAPH2009 は終了したわけですがね。 

00806_021edit

帰国したばかりでまだ全く未整理。例によって情報の洪水で溺死中です。


ひとまず、嘔吐デスクブースで XSI がどうデモされていたのかだけ書いてみます。って言っても、AREA で出ているアレそのものですが。

2009080500806_117




マークさんだっけ、いつものあの人がデモをやったわけですが、いやーこの人はアーティストですね。 デモアーティストです。実に軽快に、かつ分かりやすくデモしてくれます。日本人がやるデモでこんな感じのは見たことないです。大抵のデモンストレータがそうであるように彼も美辞麗句を並べまくりのインチキ くさい感じを貫き通すのですが、それが潔くてむしろ好きです。海外のTVショッピングのデモンストレータみたいな感じですね。すっげー吸水力が高い雑巾のデモをやる人みたいな。

2009080500806_119
あー、この写真は intel のブースですね。 intel ブースでも同じデモをやってました。


でね、内容はがっかりでした。 というのは、やっぱり SIGGRAPH なんだから、2010 の新機能の話とかが聞きたいわけですよ。でも上のビデオ見ればわかりますが、ギガコア3の話をしただけ。ビューポート上でのプレイバックがいかに速いかという話ですが、いや、それ自体は すげーなーと思ったんですが、それ以外の話がないわけですよ。残りの時間は延々と ICE の基本的な話。犬クラブボットが崖を落ちていくシーンを作るデモでした。主に XSI ユーザ以外の人、ICE を知らない人向けのデモだったので俺たちにはもう陳腐。いや、俺なんかにとってはチュートリアルとしては役に立つけど、What's New を見たい気持ちは満たされないわけです。 2010 の ICE 的新機能の話も含まれておらず、退屈でありました。

2009080400806_100


まー アレだ、嘔吐デスク傘下になってしまったので、Maya も Max も全部同じブースでデモしなければいけないわけで、そうなると一つ一つの内容はどうしても薄くなってしまいますわね。去年の Softimage ブースの内容がすんげー豪華で充実してただけに、それと比べると100倍くらい希釈された感じでありました。 



ところでそのギガコア3ですが、ブースのデモでは、 7.5 で 8fps だったプレイバックレートが 2010 では 48fps 出てますね。6倍ってことですか。大抵の場合で5~6倍速くなるなら、こりゃすげーですね。目の前のプレイバックレートが完全に信用できるなら、ビュー ポートキャプチャせずとも安心してアニメーション付けが進められますねえ。効率が全然変わりますわ。

でもね、最大プレイバックスピードを任意に制限する機能はないんですかね。「シーンのフレームレートに制限する」はありますが、「任意に制限する」はないですよね。 昔からこれが欲しいんですよ。 ってのは、24fps の2コマ打ち(step 2)でアニメーションを付ける時などに、XSI のシーンフレームレートは 12fps にせずに 24fps をキープしたいからなんですよね。 AfterEffects などでのポスト作業その他の整合性の都合上、パイプライン中あらゆる所で 24 を変えないままの方がやりやすいわけです。だから XSI の設定は 24 のまま変えず。でも2コマ打ちによって最終的にレンダリングされないフレームは作業中/プレイバック中に見えて欲しくないから、やはり step 2 にしたい。そうなると 24fps で step 2 だから当然倍速状態になっちまうわけですね。step 2 の時は 12fps で再生しないと正しくないわけです。
シーンがそれなりに重くてちょうど 12fps くらいで再生できる場合がたまにあるけど、まあそれは偶然ですしね。 だから、シーンのフレームレートに関係なく、ビューのプレイバック時はこのレートで再生しろという数値が決められたらとても便利なんです。 すでにシーンのレートで制限する機能がある以上、任意のレートで制限するのは技術的には全然難しくないでしょう? たしか以前、リクエストしたと思うんだけどなあ。 2010 でこれは追加されてないんですか。どうですか。

上のビデオだと、オブジェクトの複製も速くなったと言ってますね。2000個のオブジェクトを複製するのに、7.5 では 15秒、2010 では 3秒だそうです。へーすごいですね。 大量のオブジェクト削除も XSI では伝統的にすっげー遅かったわけですが、アンドゥなし削除が新設されたのでそれを使えば一瞬で消せるぜ、ってのも言ってます。でもこれはギガコアとは関係ないでしょう? これまでと同じアンドゥができる削除方法でもスピードアップされてるならいいんだけど、そうじゃないなら、そりゃスピードアップじゃなくて、単にアンドゥできない代わりに速いぜっていう新機能が付いただけのことですね。 この辺は公正取引委員会から排除命令が出ちゃいますよ。



ブースの話に戻りますが、他のデモは PSYOP のFlorian さんのやつしか見てないんですよね。ただでさえ慌しい SIGGRAPH なのに、今年は行程の都合上 SIGGRAPH 終了よりも1日半も早く現地を去らねばならず、嘔吐デスクブースだけに時間をかけられない状況でした。もったいねえなあ。ピクサーとかリズム&ヒューズとか Digital Domain とかのブースのデモももっと見たかったんだけどなあ。 まあ、嘔吐デスクのは AREA に上がっているみたいだからいいんですが。しかしすごいね、全デモが AREAで見れるようになってるんだね。SIGGRAPH そのものに金をかけなかった分、これくらいはしないとユーザに怒られる、って感じでしょうかね。  去年のようなトートバッグもTシャツも配布なし。それどころかデモスケジュールが印刷された紙すらない。去年の Softimage ブースではあったんですけどね。これはさすがにひどいなあと思いましたよ。何時に何のデモをやるのかわかんないんじゃ見に来ようがないじゃないですか。 しかたないから画面に表示されているスケジュールをみんなデジカメで撮ってましたよ。嘔吐デスクさんケチりすぎ。
2009080400806_099

そうそう、数ある嘔吐デスクブースのデモの中でも、Softimage は午前中の早めの時間が多かったように見えましたよ。上の写真は初日のスケジュールですが、Softimage は朝イチでした。やはり前座的扱いというか、まだ新米なんですね。しかも Maya と Max は1日2回やるのに、Softimage は1回だけです。まあそんなもんですわね。いつか逆転する日が来るんでしょうかね。来ない方がいいですけどね。反旗を翻しましょう。嘔吐デスクを去りましょう。独立しましょう。あるいは ZBrush の会社あたりに買収してもらうってのはどうですか。ダメですか。そうですか。


.

|

« レンダラ情報。 | トップページ | 展示。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 ブースデモ。:

« レンダラ情報。 | トップページ | 展示。 »