« Can't start render job thread。 | トップページ | 倒壊。 »

2009年8月19日 (水)

弐千拾。

XSI Base のトップで見かけたのですが、嘔吐デスクさんが XSI 2010 の新機能紹介ビデオをアップしたみたいですね。
http://download.autodesk.com/us/mnevideo/softimage_2010_new_features_video/softimage_2010_features_1300x860.html

こないだ書いたのと同じ、いつものマークさんが喋っていますね。ライブのデモではすっげーインチキくさい彼も、自身が登場しないオンライン用デモだとずいぶん落ち着いています。つまんないなあ。超吸水雑巾の人みたいにやって欲しいんだけどなあ。

内容は実に地味ですが、今回のバージョンアップはきらびやかな新機能よりもスピードアップを重点に置いたということなのでしょう。まあいいんじゃないですかね。でも顔ロボットの統合がどんな風にされてるのか、そこは触れて欲しかったですねえ。ま、そのうちまたビデオ出て来るんでしょうけど。





ボーンがシェーディングできるようになった。やっと。今さら。まあ便利なのではないでしょうかね。

ちなみに同じことをやるプラグインを書いてみたのですが、ボーンの子供としてポリゴンキューブを生成してシェーディングできるようにしたというものですが、今ひとつ使い勝手が悪く改良しようと思いながら放置中です。弐千拾でこの機能が付くなら、もう開発中止でいいかな。



デュプリケイトが速い。リグ組まれてプロット済みキーフレームがわんさか入った兵隊さんキャラを5人に複製するのもあっという間。 すごいですね。これもギガコア3のおかげなんですか。

5人に複製してもプレイバックがかなり速い。 7.5 との比較では、キャラ1体のみの場合2倍くらい速くなってる。5体に増やした状態の比較では3倍近く差がある。 すごいですね。 いつでもこうならいいんだけど、例えばコンストレインが多用されているとあまり効果が出ないとか、そんなことはないんでしょうかね。 そういう片手落ちな感じがいつもの Softimage の可愛いところなんですが。 可愛い過ぎて絞め殺したくなるところなんですが。



オブジェクトごとに、プレイバック中のみ表示をオフにする機能が付いた。ほうほう。Visibility の中に、今までの View/Render Visibility や Selectability に加えて、新たに View Playback Visibility ってのが追加されてますね。再生ボタンを押した瞬間に表示がオフになり、再生を停止するとまた表示される、というものですね。 便利ですね。 

たまたま俺、つい最近これに似た機能のプラグインを書いたばかりだったんですね。 再生を開始すると特定の group に入っているオブジェクトのみ Isolate してから再生し、再生を止めると Isolate を解除する、ってだけの超シンプルなやつなんですが。 弐千拾では標準機能であるなら、もう要らないな。 ま、7.5 までの XSI で使えるように、そのうち整理してアップしてみようと思います。



シーンデバッガ。ほうほう。監視モードオンにしてシーンをプレイバックすると、処理を重くしている部分を発見してくれるというやつですね。 これは便利そうですね。例えばポーズコンストレイン VS グローバル SRT をつなぐ Expression ではどちらが速いか、みたいな実験がちゃんとできそうな気がしますね。なるべく軽いリグを作るのに役立ちそうな。 勢いだけで作った無茶なリグとか多層デフォーメーションのせいで、ポリゴン数は少ないのにやたらプレイバックが遅いということはよくありますからね。



Fカーブの扱いがすっげー速くなった。ほうほう。リジッドボディシミュレーションの Rotation と Position をプロットした1800個のオブジェクトを全部選んでFカーブ表示させても、あっという間に表示できる。なるほど、これもすごいかもしれません。今までだとずいぶん待たされましたからね。 よくやるのは、Model をひとつ選んでいる状態でうっかり Animation Editor を開いてしまうという。 ただの Model なら別に問題ないけど、Mixer の中に Animation Clip が大量にあるものだったりすると、いちいちそれのFカーブを表示しようとするからしばらく待たされる・・・しかもモーキャプデータのような毎フレームにキーがあるものだとなおさら・・・・という。おめえ、俺はそんなクリップのFカーブが見たいわけじゃねえんだよ たまたま Model 選んでただけだよ クリップ選択してるならともかく Model 選択してるだけで何でそんなに大量のFカーブ出そうとするんだよゴルァ。いったいこれで何個モニタを破壊したことか。



デリートも速い。 アンドゥ無しのデリートが付いたぜ、ってだけでは速くなったことにはならないでしょう、という意味のことを前に書いたけど、今回のビデオを見る限り通常デリートも圧倒的に速くなったように見えますね。 今までなら、1800個のオブジェクトをデリートするなんていうと、そりゃもう、昼メシ食いにいく準備をしてから Delete キー叩いてましたからね。で、昼メシから戻ってきてもまだ処理中という。 おめーレンダリングしてんじゃねえんだぞゴルァ。これで何個モニタを破壊したことか。 まあ、さすがに1800個デリートしたことはないですけどね。せいぜい500個とかかしら。



えーと、これだけか。うん、地味でとても良いビデオですね。


ICE Kinematics は見送られたのか。
噂のあった Fluid は見送られたのか。
問題が多かった BSP2 はそのままなのか。BSP1 にする UI は相変わらずないのか。
トーラスのデモはないのか(最重要)。


この辺が気になるところでありますが、まぁーいいや。どーせまた鬼のように不具合が出て、このブログの XSI 罵倒カテゴリをにぎわしてくれるんでしょう。期待してますよ嘔吐デスクさん。




.

|

« Can't start render job thread。 | トップページ | 倒壊。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弐千拾。:

« Can't start render job thread。 | トップページ | 倒壊。 »