« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月

2009年4月 8日 (水)

サクラサク。

いきなり写真の話なんですが。


最近は CG の世界でも 32bit float でレンダリングしてトーンマッピングかますだとか、ガンマ補正がどうたらとか、リニアカラースペースワークフローがなんちゃらとか、いきなり時間と金と HDD スペースを食いそうな展開になってますわな。 全ては自然界に存在する無限段階の諧調を如何に美しく画面上に再現するかってところに帰結する話ですわね。 写真もCGも同じですわね。 CG作るときに写真素材も使うわけだし。

いわゆる HDRI を作るには、1枚の画像ではすげー広い諧調幅を記録できないもんだから、一般的には明暗のセッティング違いの画像を複数枚用意しますよね。 1枚でダメなら、セッティング違いの複数枚を後から全部足して合計ですげー広い諧調幅をゲットしようということですね。 そういういことするためのソフトウェアは、Photoshop なら CS2 以降が必要なのかな。 HDRShop などというのもありますね。

まーこうして作った HDRI は主に IBL や環境マップとして使われるんでしょうが、それはあくまでも 3DCG 的な用途であって、それとは別に写真そのものを豊かな諧調によって美しく見せようとか、あるいは諧調が十分あることによって得られる広い調整幅を利用してちょっと変わった見た目の写真を作ろうという人もいるみたいで、去年くらいからこれが気になって気になってしかたがないという状態だったんですよね。

そういう用途では Photomatix というソフトウェアが有名らしくて、去年末くらいからデモ版をちょこちょこいじってみてました。 最終画像にウォーターマークが入るだけで、それ以外の機能制限はないように見えます。


で、今日は天気が良くて家の前の桜がすげー綺麗だったもんだから、仕事山積みのくせに呑気に写真などを撮ってから出勤し、仕事終わって夜中に Photomatix してみているというわけです。  いやあ、難しいけど、なかなか楽しい。

カメラはキヤノンの Eos Kiss Digital X です。 もう2年半くらい使っているのかな。 エントリー機ということになるんでしょうが、全然使いこなせていないので俺には十分です。もうちょっとファインダーが広いと嬉しいとか思ってますけど・・・。



で、三脚立てて3段ブラケットかまして撮るわけですね。このカメラ、5段はできないみたい。 そうやって撮った3枚の同ポ写真がこれ。

Bracketing

真ん中がいわば標準状態で、最初のが -1EV、最後のが +1EV の露出になっています。 ほんとは Av モード(絞り優先)にするべきなんでしょうが、うっかりしていてプログラムオートで撮っちまいました。 絞りが変わると被写界深度が変わっちまいますからねえ。 後で1枚に統合したいんだから、つまり露光量だけが違う3枚の同ポ写真が欲しいわけだから、ほんとはこれじゃいけないと思います。

RAW で撮ったものを、安直に LightRoom から 16bit Tiff で出したんですが、この段階で 32bit を保つにはどうしたらいいのかよくわかりません。 俺のカメラが出す RAW は Photoshop CS2 では直接開けないんですが、CS3 では開けるらしいので、CS3 なら 32bit として開いてくれるんだろうか。 なんだかよくわかってません。何やらどこか根本的な所で勘違いをしているような気もするんですが、まあしかたない。 誰か知っていたら教えて下さい。


その3枚の Tiff を Photomatix に食わせます。 すると出てきた画像がこれ(クリックで大きい画像)。

Beforetonemapping

すでにガツンと鮮やかな絵になっていて焦ります。

この時点では、3枚の 16bit Tiff から生成した 32bit 画像の状態、ということなんだと思います。 OpenEXR や Tiff 32bit などで保存できます。  32bit の絵を普通にこのモニタで見ているということは、しかもあからさまに元画像と違う絵が見えているということは、この時点で既になんらかのトーンマッピング的な処理がされているということになる気がするんですが、どういうもんですか。 詳しい方、教えて下さい。


で、Detail Enhancer というモードでで好みの絵に調整しました。調整中はまだ仮の絵を見ながら作業していることになりますね。 その後トーンマッピングを実行して 8bit の幅に押し込め、絵が確定します。レンダリングみたいなものだと思っています。 これでやっと JPEG などで保存できるようになります。 16bit Tiff でも保存できるので、必ずしも 8bit にしているわけではないのかな。 どうなんでしょう。

以下が、トーンマッピング後の最終画像(クリックで大きい画像)。

Aftertonemapping

全然よくわからないままデタラメに調整していたと言っても過言ではありません。勉強が足りません。 でも、デタラメでもこのくらいの絵が出てきてくれるもんだから、楽しいのです。まだソフトウェアに使われているだけの状態だとは言え、あからさまに元画像より訴求力のある絵になっていると思うんですが、どうですか。 だって何もしなかったら、最初の3段ブラケットの真ん中の画像しか得られてなかったわけですからね。 楽しいですこれは。 ゑへへへ。



でもまあ、上の画像くらいなら 8bit の画像を補正するのでもいけるのかも知れませんね。 彩度を高めに撮っておいて、とかね。 すいませんまだこんなんで喜んでいるレベルです。 
狙ったとおりの絵とか、300 みたいな絵とか、ここみたいな絵を作るにはまだまだ修行が必要です。 素材の撮り方から修行せねばならないでしょう。 少しずつやっていくしかあるまい。 幸いまだ楽しいので、開拓のモチベーションはもうしばらく保てるでしょう。たぶん。

にしても上のリンクの Vanilla Day さんというサイト、マジでヤヴァいね。 思わず息を呑んでしまう絵。  Photomatix 上での調整はもちろん、元素材の撮影からすげー上手い人なんでしょうね。 嫉妬します。




そういや正月に撮った富士山の写真もやってみたのを忘れてた。発掘。

Fujibracketing

Exif を見るとこの写真は、マニュアルモードで撮ったようですね。 f13 の 1/320秒からプラスマイナス 1  1/3EV になってます。


最終画像はこれ(クリックででかい絵)。

Fujiaftertonemapping

そういや風がね、風が強かったんですよ。遮蔽物が何にもない牧草地のど真ん中で、びゅんびゅん風が吹いている。 しかもこんだけ望遠で撮っているので、ブラケットで3枚撮る間に結構揺れちゃうんですね。 だから3枚重ねて見ると、かなりフレーミングがズレています。でも Photomatix は多少のズレは補正してくれるんですね(補正をオフることもできるけど)。 なかなか優秀ですね。  でも最終的にシャープな絵を得るためにはもちろんソフトウェア補正などに頼ってはいけないわけで、三脚はもちろんのこと、レリーズも必須なのでしょう。 レリーズ無いときはセルフタイマーで。 でも今日の桜は普通に手で押しちゃったな・・・・。

次は雲のある風景など、中間の諧調が豊かで、その面積が広い被写体でやってみたいですね。 今日の桜もこの富士山も、もとからコントラストがそれなりにありすぎるというか、無段階に諧調が変化していく部分が少ない気がするのでね。  あと、ブラケットの幅をプラスマイナス 2EV くらいにしてみましょうかね。極端な設定しないと傾向つかめないもんね。


こんだけ遊べるんなら、Photomatix 買わないとな。
でも今はまとまった時間がないなあ。
いずれ。
とか言ってると買わないんだよなあ。。。。。

写真詳しい方、お友達になって下さい。俺に色々教えて下さい。



.

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年4月 7日 (火)

エドたん。

かなり前から活発に開発が続いている ScriptEd ですが。
http://community.softimage.com/showthread.php?t=2845

スクリプトエディタの高機能版ですね。XSI 標準のスクリプトエディタは毎日のように使いますが、さすがに機能的にショボいので、ある程度以上ちゃんとコードを書きたい時は外部エディタを使っています(今のところ Notepad++)。


ScriptEdたんには色んな機能がありますが、俺的に重要なのは、

 ・タブでいくつもスクリプトが同時に開いていられること
 ・1つのスクリプトを画面分割して複数箇所同時に見れること
 ・言語の文法に応じて文字の自動ハイライト(色付けなど)ができること

でしょうかね。 これらのおかげで標準エディタより圧倒的に使いやすくなっています。タブは XSI 標準でも、Scripting 用の Layout にすればできますが、いちいち Layout 切り替えてられないですからね。


そしてユーザからの声を反映して、どんどん改良されてきています。 初期の頃は XSI のスクリプトエディタにできてエドたんにできなかったこともいっぱいありましたが、だんだんなくなって来ました。 単語を選んで F1 を押すと該当するヘルプページが表示されるとかね。 前は Tab がスペースに変換されてしまうという致命的と言えなくもない問題があったんですがこれも最近になって解決されています。


俺も意見を言わせて頂いて、現在 Unicode への対応を進めてもらっています。これまでは Unicode のロード/セーブができなかったので、2バイト文字が使えませんでした。今は使えるようになっているんだけど、改行の入れ方に問題があるようで、改行コード以下が文字化けしてしまいます。正確には、えどたんからセーブしたものを XSI 標準のスクリプトエディタや他の一般的なエディタで開いたときに、2バイト文字があると文字化けします。 でも実は XSI のエディタが UTF-16BE というタイプの Unicode しか読み書きできないというアフォ仕様になっていることが原因のようです。 UTF-8 とかいう方式の Unicode さえ受け付けてくれればこんな苦労ないのに・・・。 でもこれも直すと言ってくれています。 ほんとに親切なお方です。作者の Sajjad Amjad さんにマジで感謝します。


Unicode 問題さえ解決すれば、自信をもって人にお薦めできるツールになります、っていうか今でも十分お薦めできますね。 いや、不満というか要望はまだいっぱいあるんですけどね、ヘルプの出方も標準とちょっと違うので合わせて欲しいとかね、でも無料でここまで使わせてもらえるんだからスヴァらしいです。


 ちょっとしたことは XSI 標準のスクリプトエディタ。
 複数開いておきたくなったらエドたん。
 もう少し大規模に書くときは使い慣れた外部エディタ。

最近こういう使い分けになってきました。


ってことでスクリプティングをやるあなた、入れておいて損はないですよ。ほんと。


っていうかこの Sajjad さん、すげー人だ。
Rock Band 2 とかもやったんだ。
VFS 出てるのか。
クオリティたけえな。
大英帝國は倫敦にお住まいのようで。

ううむ、これは彼のサイト、じっくりほじくらねばなるまい。



追記:
とか書いてたら、わ、いきなり彼からメールが来てた。
Unicode 問題解決版だそうで。 問題なかったら一般公開するそうです。
ベータテストさせてくれるんですか。
親切なあんちゃんだなあ。
ありがたく、さっそく試させて頂きます。

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

Home End。

恥晒しをするだけなんですがね。

何十個もある null とかを、鬼のようにリネームしてたのですが、頭に Left_ とか付けたいとき、末尾に _1 とか付けたいときなどに、PPG のテキストフィールド内で名前の先頭や末尾にカーソルを移動させるのがめんどくさいと思っていたんですよね。 名前に規則性があれば複数選択PPG で入力するか自作のリネームツールでやっちゃうわけですが、そうもいかない場合もたくさんありましてね。


で、Delete か何かを押そうとして間違えて Home を押しちゃったんですね。


そしたらカーソル位置が、イッキに先頭に来るではありませんか。

試しに End キーを押してみたら、イッキに末尾に来るではありませんか。

  Σ(゚Д゚;)ギクッ



Homeend

こんな便利なことが出来たんですか。いや、全然、考えたこともありませんでした。   え。 普通ですか。 誰でも知ってますか。 やかましい俺は今日知ったんだよゴルァ   Orz


タイムライン上で先頭フレームや最終フレームにイッキに飛ぶのはいつも使っていたけど、なるほど、あらゆる入力フィールドでも同じ感覚でこれができるのは、ごく自然ですね。 なんで気づかなかったのだろう。。。。 こういう細かいことが、劇的に作業の能率を上げるんです。大発見なのです。



・・・・試しにスクリプトエディタ内でもやってみたら。

普通に行の先頭・末尾にカーソルが飛んでくれました。
XSI の中だけでなく、メモ帳やその他のテキストエディタでも、同じでした。

今日の今日まで馬鹿正直にマウスで行の先頭や末尾位置をクリックしていた俺は阿呆ですかそうですか。 Orz



思えば Home と End は、XSI や AfterEffects で先頭・最終フレームにイッキに飛ぶという時にしか使ったことがなかった気がする・・・・。 でも CG 屋のためにキーボードに Home や End を付けるわけないし、なるほど、本来こういう使い方だったんですね。
特にスクリプト書いていると行の先頭に飛びたいことがしょっちゅうあって、そのたびにマウスに手をやったり、カーソルキーの上下も駆使してなるべく少ない操作になるよう手を動かしてきた気がする。なんという無駄。最初から知っていたら、今やっているこの苦しい苦しい仕事も倍くらい速く進んでたかもしれない。 こんなことができるならちゃんとわかりやすくキートップに書いておけよ「行の先頭」とか「末尾へジャンプ」とかみたいにさあキーボード屋さんよおHome/End じゃわかんねえよゴルァ







ぐったり疲れてしまった。
余裕がない。
ものごと上手く行かない。
上手く行ったためしがない。
上手く行かないようにできている。
そのせいか Home/End という世紀の大発見をしたのに嬉しくもなんともない。
スケジュールも、スタッフも、自分の技術力も、管理能力も、作業スピードも、体制も、コトバも、文化の違いも、会社間の違いも、腰痛の悪化も、睡眠の深さも、トップの考えも、南国のおめでたい性格も、天気も、開花状況も、ぜーんぶ問題山積み。
あきらめて進むしかない。
このプレッシャはあきらめて受け入れよう。
きっとこれは、CGの神様が俺にダメ出ししてるんだろう。
神様からリテイク喰らったんじゃしかたねえや。
はい、やりますよ神様。
俺ができることを精一杯やります。
ダメでも失敗でもいいからやります。
やりますよ。
やるしかないじゃないですか。
不幸にも俺の周りにいらっしゃる方々、ご迷惑をおかけしますm(_ _)m。






久しぶりに曲でも行きますか。

奴から教えてもらったコブラツイスターズ。
全然知らなかったバンド。なんだかいかついバンドですね。好きですよ。

東京の桜はあとちょっとですね。
桜が咲く頃になると、毎年なーんかソワソワします。理由はない。



そういえば奴からは、ほんとはこの曲じゃない曲を推薦されたんですが。
推薦というより強要されたという方が正しいのか。楽譜まで渡された。自分は三弦を弾きながら歌うから、俺に六弦を弾けと言う。
奴は俺と、デュオでも組むつもりか。
ありがちな男二人のストリートライブでも始めて、いずれメジャービューでもしようというのか。

それ乗った。



平成17年度バージョンというのもあるんですね。

もう解散しちゃったそうで。そうなんですか。


この曲は大山百合香さんという人もカヴァーしてるんですね。

わあ、綺麗な声。 ルックスも綺麗だし。
ううむ、オリジナルよりこのバージョンの方が好きかも。
この人も、コブラツイスターズのヴォーカルの人と同じく、南の島の出身なんですね。 となりの島なのかな。 わあーいいなあ。ファンになりそうだ。最近弱いな俺。









だいぶ良くなってきたのかな。
早く治るといいな。
でもゆっくりでいいからな。
急ぐなよ。
俺は急いでいない。
待ってるからな。
ゆっくりな。



.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »