« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

検閲再び。

いや、なぜかほんとにこのアングルの時だけ、検閲がかかるんですよ。
このアングルからビューポートでぐりぐりカメラを回しているときですね。 もう何回目だろう。 慣れっこなので腹も立ちません。

Kenetsu2

前から見ているときには平気なのにな。
XSI さま的青少年保護育成条例適用対象は、ケツということなんでしょうか。



でも XSI さま、今回はちゃんと隠れてませんぜ。 けけけけけけ。










曲行きましょう。



加川良
さんです。
どこにでもいそうなヒゲのオヤジですが、ただのヒゲオヤジではありません。日本のフォークミュージック界の大御所です。素朴で純真で、俺が赤ん坊の頃から歌い続けている、力が抜けているくせに力いっぱい歌っている、死ぬほどカッコいいヒゲオヤジです。 

いやあ、コスモス。心に響きます。俺にもそんな風に謙虚に生きようとする心があればきっと人生もう少し平和なんだろうなあ、などと思ってしまいます。傲慢と不遜と煩悩を足して3をかけたような男にとっては、耳の痛い歌です。耳に痛いからこそ心に響くのか。




加川さんの話をしたら、やっぱり「教訓 I」は触れないわけにはいかないでしょうかね。



額面どおり受け取れば反軍国主義の歌なんでしょうが、この歌が出た 1971年という時代を考えると、いわゆる70年安保の社会情勢が投影されているのでしょうかね。昔過ぎて知る由もありません。


それにしても、加川さんの隣にいるこの男、すぎの暢(のぶ)さんというお方ですが、しばらく加川さんと一緒に活動していたみたいなのですが、いやー、この人もカッコ良すぎですね。 スライドギターって、なんつうか、はるか上空にある世界のような気がしてしまうんです。 普通にギターを弾く事とスライドギターをやる事の関係は、無理やり例えれば普通に字を書くことに対する書道、のようなイメージを持っていて、できたらカッコいいんだろうなと思いつつ、きっと真似事は出来てもちゃんと出来るようにはなれないんだろうな、などという手の届かなさをいつも感じます。やりもしないうちにこういうことを言うのもアレですが。

あまり詳しくはないのですがこのすぎの暢さんというお方、スティールギターの達人のようです。 上の「教訓 I」で、フライングVの形をしたスティールギター、なんぞこれ!  こんなん見たことありません。 市販のものでしょうかそれとも特注なんでしょうか。なんでフライングVなんでしょうか。まったく意味わからないところが最高にカッコいいです。 しかも曲調に不似合いと言えなくもないディストーションサウンド、カッコ良すぎです。 心の皮が薄い部分を無遠慮に震わすような、深い、深いヴィヴラートは、魂の振動です。 ずるいです。



これもいいね。



おや、この美しい女の人は誰だろう。すごくいい声。



と思って調べてみたら、ハンバートハンバートというデュオの人のようです。



わっ。
良い。
全然知らなかった。
良い。
良すぎ。
CD買わなければ。

弱っているときに、あんまり心にしみる歌を歌われると困ります。
困るんですってば。



ポチッ






.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

MT七五ちゃん。

おや、Mod Tool の 7.5 が出るんですか。
http://www.xsibase.com/forum/index.php?board=1;action=display;threadid=39198;

公式
http://www.softimage.com/products/modtool/

上の公式ページには書いてなかったけど、以下のサイトによると、
http://www.3dworldmag.com/page/3dworld?entry=autodesk_announces_softimage_mod_tool
ICE が使えるとありますね。ほうほう。
とりあえず無料で ICE をいじくり回せるのならなかなか良いと思うんですが、製品版と同じ機能持っているんでしょうかね?


あと、商用利用が可能なバージョンもあるそうで。Autodesk Softimage Mod Tool Pro 7.5 って言うんですね。 なにやら、マイクロソフトの XNA Creator’s Club Premium ってやつのメンバーであることが条件のようです。 XNA とか俺は全然知らないので、どういうことなのかよくわかりませんが。

2009年4月にリリースとありますね。



上のリンクのページにある象の画像を見ると、ウォーターマークがないように見えますがどうなんでしょう。 製品版の画像の使いまわしだったりして・・・? Mod Tool ってマトモにいじったことないのでよく知らないんですが、リアルタイムシェーダがバリバリできて、Capture さえできれば(そしてウォーターマークがなければ)、それなりの映像作品も作れちゃうような気がするんですがどうなんでしょう。詳しい方教えて下さい。


ゲーム作りって一度参加してみたいな・・・。
全然違う世界なんだろうな・・・。


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

自動検閲機能。

XSI さまには、青少年保護育成条例に基づいた自動検閲機能が搭載されているようです。

Kenetsu

XSI さま、俺はエンベロープウェイトの調整をしていただけなんです。
ほんとです。
大股開きしないと、ウェイトの調整できないじゃないですか。
極端なポーズ取らずにウェイトの調整、できますか?
仕事ですよ。

確かに、恥骨から肛門付近にかけてのポイントを選択した所でしたよ。
でも別に、淫猥な目的はないんです。

あなたが一発でスヴァらしいウェイトを与えてくれるならこんなことしなくてもいいんですが、
Set Envelope 直後はすごく乱れているじゃないですか。
左右に引っ張られて、肛門が裂けそうじゃないですか。
だから動かない骨に多くウェイトを与えて、恥骨付近も肛門付近も美しく保つ工夫が要るんです。
裂けた肛門なんて出したら、クライアントに電気アンマされちゃうんです。
だからやはり、そこをいじくり回さなければいけないんです。

でもポイント選んだ瞬間にこれは無いでしょう。
瞑想に入られて、一切の操作を受け付けてもらえないばかりか、
まさにその部分をいつものダイアログで隠しちゃって、
検閲ですか。
俺に仕事をさせない気ですか。
俺、大人なんだし、
なんなら全裸でも問題ないくらいでしょ。
なんなんですかもう。

しかもあなた、今日何回瞑想に入られたと思っているんですか。
セーブできるなら、落ちないで下さいと言いたいんですけどね。
大股開きしてたらダメなんですか。
そうなんですか。
なんなんですかもう。

だいたいね、前からね。あなたはね。

え。
なに?
わっ
ちょっ
俺は何も
仕事
淫猥な目的は
やめ

ちょ
横暴
おまえ
うが
こら
やめ
黙秘権
正当

訴えて
ぬが
法的

嘔吐デ

ゴ

がちゃん






.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

統一しろ。

XSI が七ちゃんになって、Preset Manager が付きましたよね。テキストフィールド文字を入れると、インクリメンタルサーチっていうのかな、その文字が含まれる RenderTree ノード(ICE Tree なら ICEノード)を検索して出してくれますよね。便利ですよね。


便利なんだが・・・・。


最近よくあるパターンなんだけど、例えば Texture_Space_Generator を取り出したいとしますよね。 検索フィールドに Generator って入れると、

Tsg1

こんな風に出てくるわけですが。 プリセットマネージャには、Generator って名前で登録されてるのかな。


でもね、Generator ってタイプするのはめんどくさいじゃないですか。 そもそも最初が Texture で始まるんだから、ついつい手が texture と打ってしまうわけですよ。
すると、

Tsg3

・・・Texture という検索ワードには引っかかってくれないんですね。 OGL Texture とか、今欲しいものとはまるで無関係なノードが並びます。 モニタを殴ります。



そうなると次は space ですわね。タイプする手間という意味では、texture よりも generator よりもラクですね。 でも、

Tsg2

該当ノードなし。  ふざけんなゴルァ。 モニタ破壊です。


プリセットマネージャを使おうと思ったら、結局 Generator を打ち込む以外に、この Texture_Space_Generator にたどり着く方法はないように見えます。 そしてヒットしたノードの名前は、プリセットマネージャ上では Generator。 RenderTree にドラッグすると、Texture_Space_Generator。 なんだよ統一しろよもうっ。  プリセットマネージャで長い文字を使いたくないのはわかるけど、ならばせめてどのワードでもヒットするようにしてくれよっ。






悪名高き mia ちゃん、つまり建築シェーダでも変なことになりますわね。

mia マテリアルって名前だったよな~ と思って mia とタイプすると、

Mia1

ヒットしません。 Addon で入れた Mia Presets のノードばっかり出てきます。 いや、俺が欲しいのはそれじゃなくて、素の状態の mia マテリアルなんだけど・・・。



しかたないので、architectural を試してみます。すると、

Mia2

おっ、ちゃんとヒットした。よしよし。いい子ちゃんです。
mia って名前はもうやめたのね、はい、了解。



ってことで、RenderTree にドラッグ&ドロップすると、

Mia3

なにっ、mia_Material だとっ。 mia でヒットしなかったじゃねえかよっ Architectural じゃねえのかよお前ゴルァ


ねえ、これ、ユーザインターフェースの問題でしょ? その辺、何も考えてないの Softimage@嘔吐デスクさん?
mia マテリアルという言い方を知らない人にとっては、 Architectural をドラッグして mia_Material が出てくるんだから、もうバグに見えますよねこれは。 っていうか UI のバグと言っても過言ではないですよね。 ほんとに疲れるソフトウェアです。モニタが何個あっても足りません。



ちなみにプリセットマネージャを使わず、RenderTree の Node メニューから Architectural を選んでも、やはり mia_Material と出てきます。

ってことで、メニュー上では Architectural となっていても、実際のノードは mia_Material になる、と一度覚えてしまえば、まあ不本意ですが、以後混乱はしないだろうからいいことにしましょう。 ふう・・・・。



お、そういえばもう一箇所ありますね。 XSI インターフェース左メニューの、Get > Material > Architectural って項目です。 さすがは Mental Ray が世に誇る汎用シェーダ(バグあるくせに)ですね、 RenderTree を開かなくともオブジェクトに直接割り当てることができるようにしたんですね。Phong とかみたいにね。


やってみると、

Mia4

なんだよっ さっきまで mia_Material だったじゃねえかよっ 今度はちゃんと Architectural かよっ  本気でアフォかお前ゴルァ



これ、ほんとにどうにかした方が良くないですか嘔吐デスクさん?
ここまでくるともう、わざとやってるんじゃないのって思えてきますよ?



なんか不毛なエネルギーを使っている気がしてしようがない。
ほんとに疲れるソフトウェアです。
モニタが何個あっても足りません。



.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

七五ちゃんライセンス云々。

XSI の新バージョンがらみで代理店の人に質問を浴びせて、色々教えてもらったメモなんですがね。
ま、すでに公式サイトに明記されていることともカブってますが


●キャンペーンに関連して

2009年4月15日まで「Autodesk Softimage アップグレードキャンペーン」ってのをやっていますが、現在保守のないユーザさんはこのキャンペーンを逃すと、新規で購入つまり買い直し以外に 7.5以降を使う方法がなくなるそうです(将来嘔吐デスクさまが、旧ユーザをすくい上げる何かのキャンペーンでもやらない限り)。

つまり、現在持っている 7.01 や 6.5 などというバージョンをモトにして、新規購入よりは安い料金を払って 7.5以上に上げるチャンスは、これが最後だということですね。  保守がない人で 7.5 以降を使いたいと思うなら(そして金額に見合うと思うなら)、利用しない手はないですよね。後から 7.5 にしたいと思っても新規購入になってしまうので、現在手持ちのバージョンのために払ったお金は新バージョンになんら寄与しないことになりますからね。


ちなみに Fnd は対象外ですので、Fnd ユーザの人が 7.5 以降を使おうと思ったら、新規購入しかないですね。SI3D も同じ。


それと、手持ちの XSI はバージョンを問わずキャンペーン対象だそうで、ってことは極端な話、ポリゴンをいじることすらできない XSI 1.0 からでも、キャンペーン価格で 7.5 にアップグレードできるということになりますね(公式サイトに書いてますね)。 それと、去年(2008年)の「ICE トライアル」キャンペーンで Fnd から Ess に約12万円でアップグレードしたライセンスも、今回のキャンペーン対象だそうです。キャンペーン対象と言うよりは、嘔吐デスクさまにとっては「ICEトライアルの Ess」と「保守がない普通の Ess」との間で、なんら扱いに差はないそうです(扱いに差がないというより、誰が買ったのかすら把握できてないのかな)。


現在保守が有効な人は自動的に無償で 7.5 になるわけだから、以上の話は全て保守が無い人向けということになりますよね。


そしてこのキャンペーンは、保守(サブスクリプション)が必ず付いてきます。 保守無しアップグレードはありません。

ってことは、嘔吐デスクさまはこの機会に、現在保守のない、つまり嘔吐デスクさまが現在管理できていない Avid 時代からのユーザをイッキに嘔吐デスクさまのサブスクリプションのもとに囲い込んでしまおうという魂胆ですね。なるほどね。It makes sense but smells. でもね、7.5 はそこまで訴求力ないですよ嘔吐デスクさま。


ちなみに、サブスクリプションなしで新規購入(アップグレードではなく)は問題なくできるそうです。 でもそれだと当然、夏に出るであろう、出るかもしれない、出る可能性がなくもない次のバージョンへは無償アップグレードできませんわね。 今回のキャンペーンに乗れば当然、夏に出るであろう、出るかもしれない、出る可能性がなくもない次のバージョンへの無償アップグレードは保証されます。 1年以内にバージョンアップがないとアレですが、そして誰も1年以内のバージョンアップなんて約束はしてないですが、でもまあそんなことないですよね嘔吐デスクさん。


しかしこのキャンペーン、4月15日までってのは性急過ぎないですかね? 7.5 の評価が固まってから判断したい人もいるだろうし、もう少し期間が長いと嘔吐デスクさまにとっても囲い込めるユーザが増えてお得なのではないかなどと思ってみたり思ってみなかったり。 4月15日で一度キャンペーンを打ち切って、5月頭くらいに「最後のチャンス」とか言ってもう1回同じキャンペーンをやるのは常套手段ですが、どうなんでしょうね。


●Foundation

今までの SLP サーバは、現在は嘔吐デスクに移管されはしたものの、過去のような形態では運用していないわけで(カスタマーポータルは閉鎖済み)、他のマシンにライセンスを移動したい時などは全て嘔吐デスク様もしくは代理店様を通してやることになるそうです。 ライセンスの管理・発行システムとしての SLP は嘔吐デスクさまのもとで動いているけど、WEB ベースでユーザに直接解放している状態は終了した、という感じではないでしょうか。

なので今までのように、自分でディアクティベートしてその後別マシンでアクティベート、などと気楽にやることはできません。「そうなる前に宙に浮いてるライセンスや移動予定のライセンスは2月半ばまでに使用予定マシンにぶち込んでおいてね~」というメールが欧米の皆様には嘔吐デスクさまから直接届いたようですが、俺の知る限り日本のユーザにはそんなお知らせはありませんでした。 どうなってんの嘔吐デスクさま? 誰かこのメール、届いた方いますか?


ってことで現在使っている Foundation は問題なく使い続けることが可能だそうですが、マシン間のライセンスの移動などはめんどくさいけど申請を通してやるしかなくなりました。

そして、嘔吐デスクさまの中で稼動している SLP サーバも未来永劫に稼動させるわけではないだろうから、いつの日か停止し、ライセンスの管理なり再発行もできなくなるのでしょうね。それ以降は、手持ちの Foundation を使い続けることはできても、例えば新しいマシンを買ったのでそっちにライセンスを移したいとか、マシンがぶっ壊れたとかの場合でも、もはやライセンスの再発行はできず Foundation 永遠にさようなら、になるのでしょう。

そういう場合は、上記の欧米の皆様に行ったらしいメールのようなお知らせ、つまり SLP 停止のお知らせがあり、「もうすぐSLP止めちゃうよ~ それ以降はもうライセンスの移動も出来ないからね~ SLPがまだ動いているうちに新マシンへライセンス移してね~」 という猶予期間が設けられるのが通常だそうです。Motion Builder も過去にこれがあったそうで。


●Batch 消滅

XSI Batch はラインナップから消滅だそうです。 まじすか?

旧Softimage 本家サイトにある FAQ によると、
http://softimage.com/products/xsi/faq/default.aspx

Q: If customers own a Batch and Batch Universal license under a Softimage maintenance contract, and as these products are no longer available, will there be a path to get a license of Softimage Advanced?

A. Yes, Batch and Batch Universal customers (or combined Batch and Batch Universal) will be transitioned to Softimage 7.5 or Softimage Advanced 7.5 depending on the number of Batch and/or Batch Universal license(s) they own.

Each license of Softimage Advanced offers an additional five seats of Batch processing.
If you already own Softimage Batch licenses, for every multiple of five seats you can transition to one Softimage Advanced 7.5. If you own two to five seats of Batch/Batch Universal you can also cross-grade to one Softimage Advanced 7.5.

If you own one seat of Batch/Batch Universal you can transition to one seat of Softimage 7.5 (which doubles as a Batch product)


Q. もし保守のある Batch や Batch Universal を持っていたら、Batch 製品はなくなるんだから、Adv にしてくれんの?

A. へい。 Batch や Batch Universalやその組み合わせでお持ちの場合は、お持ちの Batch/Batch Universal の本数に応じて SI7.5 もしくは SI7.5 Adv へ移行となりやす。

Adv は1ライセンスで、5本のバッチプロセスが付いて来やす。Batch ライセンスをすでにお持ちなら、5本で1本の 7.5Adv になりやす。2本から5本までの数をお持ちでしたら、やはり1本の 7.5Adv になりやす。

もし1本だけお持ちでしたら、1本の SI7.5(旧Ess)になりやす(バッチとしては倍になったことになりやす)。


と、読めるのですがどうでしょう。バッチとしては倍、の意味がよくわかりませんが。

代理店は、Adv や Ess に無償クロスグレードになることは間違いなかろう、との見解でしたが、本数については名言しませんでした。でもまあ、本数は上記の公式な文章でちゃんと明言されているんだから、その通りなのでしょう。

うちの場合は Batch が2本あります。つまり Adv 1本になるわけです。ってことは、今までは2本の Batch ライセンスにより2本しか走らなかったコマンドラインからのレンダリングが、Adv の5本+インタラクティブライセンスを使った1本で合計6本走ることになると思います。 おお、スヴァらしい。太っ腹じゃないですか。 Batch 製品をなくしちゃう代わりに太っ腹サービスをやりやすぜ、お客さんに損はさせやせんぜ、ってところでしょうか?


・・・・と思いきや。


Adv にクロスグレードするということは、普通に Adv ユーザになるということで、保守(サブスクリプション)も Adv の値段になるそうです。なんだとゴルァ


Batch のこれまでの年間保守料=48,000円。2本で 96,000円。
Softimage 7.5 Adv の年間保守料=346,000円。


げげっ。高いじゃないっ。
レンダリングできる数は2本が6本になるから3倍増えたことになるけど、維持費は 3.6倍ですよ? なんですかそれは。

しかも、うちは2本のコマンドラインレンダリングが走ればそれでいいわけです。だからこそ Batch を使っているんです。Adv をくれなんて言ってません。でも、言わば無理やり Adv にしちまってその分高い維持費を取るというのは・・・・。 

例えるなら、380円の牛丼を注文したら 3,800円の高級黒毛和牛霜降りステーキが出てきてしまった。380円でステーキ食わしてくれるならいいけどそうではなく、3,800円払ってねと言われているわけですね。これって押し売りじゃないですか。


いやーまあ、仕方ないとは思いますけどね。永遠に続く製品というものはありませんからね。でもね、これらを維持するために毎年毎年保守料金を払ってきたわけですよ。急にそれが、頼んでもないのに高級品以外なくなっちゃったから値上げすると言われてね、はいそうですかとなかなか言えないですよ。値上げするのは嘔吐デスクさんの勝手だから法的にはなんら問題ないでしょうけどね。気に入らなきゃ買わなければいいだけのことですからね。でも買わないと、今まで使えてた Batch は ver7.01 のままで永遠に止まってしまうわけであってね。しかも保守に入っているので、7.5 へは無償でアップグレードできるはずなのに、アップグレードした瞬間に維持費はグーンと跳ね上がるわけであって、これはもう、実質的に無償アップグレードとは言えない気がするんですがね。

ほんとに上記のようなことになるのか、現時点ではわかりません。代理店もまだ情報不足で、嘔吐デスクさまの動きを待っているようです。様子を見ようと思います。あなたの会社はどうなんですか。Batch 持っていますか。どうなったか教えて下さい。


●旧バージョンの使用について

現在持っている 7.01 やそれ以前のバージョンは、保守の有無に関わらず問題なく使い続けられるそうです。 現在持っている 7.01 やそれ以前のバージョンは Avid から買ったので Avid の EULA が適用され、嘔吐デスク様のそれは適用されないそうです。そして Avid の EULA には特に使用の期限などは書かれていないわけで。

2009年2月24日 の時点で保守に入っていた人は、自動的に嘔吐デスクさまの保守(サブスクリプション)に移行され、つまり SI7.5 にサブスクリプション付きでアップグレードすることになるので、サブスクリプションの特典として旧3バージョンまで使用可能(ダウンロードもできるし、ライセンスの発行もしてもらえる)だそうです。XSI の 7, 6, 5 はOKということですか。 それ以前のバージョン(この場合は 4 以前になるのかな)はサポート対象外だそうです。 サポート対象外とは、(原則としては)旧バージョンのダウンロードもライセンス発行もできないということだそうです。 手持ちの旧バージョンを使い続けること自体は自由ですが。


保守に入ってなかった人が、既存のライセンスからのアップグレードによって 7.5 を手に入れようとすると、最初に書いた現在のキャンペーンが唯一の方法なので、自動的にサブスクリプションが付くことになり、上記と同じ条件になる、つまり3バージョンOKだと思います。

SI7.5 を新規で買った人が、サブスクリプションも合わせて買えば、やはり3バージョンOKですわね。


これに対し、SI7.5 を新規で買った人が、サブスクリプションを買わなかった場合は、7.01以前のバージョンは使えないそうです。サブスクリプションがないのでそもそも旧バージョンのダウンロードリンクにたどり着けないし、インストーラが手に入ったとしても 7.01以前用のライセンスを発行してもらえません。7.01以前は 7.5とライセンス形式が違うので、新規に買った 7.5のライセンスで 7.01 以前を起動させることもできません。つまりサブスクリプション無しで新規購入した人には、旧バージョンを起動できる道がひとつもありません。 旧バージョンを使えるのはあくまでもサブスクリプションに入った人の特典だそうです。


ただ、上に書いたように、現在手持ちの 7.01 や 6.5 や 5.11 や 4.2 やなんやらは、別に影響ありません。普通に使い続けられます。新規で 7.5 を買ってサブスクリプション入らなくても、旧バージョンが使えないというのはその新規購入ライセンスで旧バージョンを起動できないというだけで、過去に Avid から買ったライセンスにはなんら影響を及ぼしません。 サブスクリプションに入れば新規購入ライセンスを使って旧バージョンのライセンスも発行してもらえる、というだけのことです。


●120日の謎

嘔吐デスクさまの場合、サブスクリプションに入らないと、新バージョンをインストールしてから120日以内に旧バージョンをアンインストールしなければいけないそうです。

ただしこれは嘔吐デスクさまの EULA によるもので、Avid 製品には適用されないそうです。あくまでも、嘔吐デスクさまの EULA が効く製品の中で、かつサブスクリプションが無い場合、ひとつ前のバージョンは HDD から消せ、ということだそうです。

つまりですよ、あなたが現在 7.0 やらを使っていたとして、 新規で 7.5 をサブスクリプション無しで買ったとしますよ。で、7.5 をインストールした瞬間から120日以内に、サブスクリプションがないことを理由に 7.0 を消さなければいけないのかというとそんなことはなく、なぜなら 7.0 は Avid から買ったので嘔吐デスクの EULA が効かないということになるそうです。


ってことは、例えば現在サブスクリプション無しで 7.5 を買ったとして、次の ver8 が出たときにやはり ver8 をサブスクリプション無しで買った場合、v7.5 は120日以内に消さないといけないということになりますよね。だって 7.5 はすでに嘔吐デスク様の EULA が効く製品ですからね。

あれ? 7.0 は Avid だけど 7.01 は嘔吐デスクだよね? ってことは 7.01 はこの120日制限に引っかかるのかしら? でも無償アップグレードだったから、金は Avid にしか行ってないわけで、やはり嘔吐デスクさまの EULA は効かず、結果120日制限は無いということになるんでしょうか。どうなんでしょう。


サブスクリプションさえあれば、旧3バージョンまでは保証されるので、120日問題はない、ということだと思います。ああめんどくせえ。ややこしいよもう。


でも、元ネタの記述を見ると、
http://softimage.com/products/xsi/faq/default.aspx
Q. What happens to existing 7.0 licenses with an upgrade to 7.5?

A. Previous licenses already issued will continue to function.  Per the End-User License Agreement, section 2.3, customers are required to cease use and uninstall all copies of the previous version within 120 days of installing Softimage 7.5.

If customers require the use of and/or new licenses for a previous version, please purchase Autodesk Subscription or contact the Sales Representative.

これ、やはり 7.0 を消せと言っているように見えるんだよな。そもそも質問の内容が「既存の 7.0 ライセンスはどうなるの?」って話だし、その答えの中で 「7.5 をインストールしてから120日以内」って言ってるよね。なんか代理店の人が言うことと食い違っている気がするなあ。 なのでここに書かれていることを信じてはいけません。ご自分で確認してください。


しっかしなんで120日で消さなければいけないんだよ。サブスクリプションがあろうがなかろうが、別に新旧バージョン混在してたっていいじゃんかよ。っていうか新バージョンにバグがなくて、かつ完全に前バージョンのシーンを再現できるならいいけど、そんなこと一度もないじゃんかよ。意味わかんねえよ嘔吐デスクさま。

例えて言うのなら、トヨタプリウスに乗っている人が、プリウスがモデルチェンジした時に、セカンドカーにしようと思ってもう1台新型プリウスを買ったとしますよね、しかも「旧プリウスのオーナーは割引」というキャンペーンで。 セカンドカーにしたいんだから、当然新旧2台同時に所有したいわけです。しかしトヨタの推奨する5年保証(任意加入、有償)に入らなかった場合、「120日以内に旧プリウスはスクラップにして下さい。乗ってはいけません。置いておくだけでもダメです。ええ、そうです。存在を消去して下さい」って言ってることになりませんか。 そんなこと言われたら俺ならトヨタの販売員に電気アンマかましてインサイト買いに行きます。


とまあ、クリアになったこともなってないことも、ごた混ぜのような状態。
俺は上記のような感じで理解しているんですが、勘違いもありましょう。
なので鵜呑みにしてはいけません
公式な人、つまり嘔吐デスクの人や代理店の人に確認するべきでしょう。
確認したら、俺にも教えて下さい。


長い文になっちまったな。
しかも信憑性に乏しい。
決してわかりやすくもない。
ってことはゴミですかそうですか。



.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

Young master。

Maya のチュートリアルを載せるとは思わなんだ。

いや、XSI List にリンクが貼られていたので、なんとなくクリックしてみただけなんですが。

いやあ、やられた。
七歳ですって。
単にこねくり回しているだけじゃなくて、自分がどうしたくて、何のためにその操作をやっているのかしっかりわかってやっている。ちゃんと喋って説明してますからね。

頭の中にしっかりとした絵があって、それに向けて照準を合わせ、余計なことはせずに、自分が今、何のために何をやっているのかを常に意識しながら、可能な限りその絵へとにじり寄って行く。映像屋の基本であります。 その意味においては、そこいらへんの若僧よりちゃんと出来てますよ。 こねくり回しているうちに目的を忘れて迷走し、永久ループにハマり、いじればいじるほどドツボにハマり、最後には時間切れで Orz している人、いっぱい見てきましたからね。 ま、俺もそうなんですけどね Orz


んなことより何より、可愛い可愛い。なんて可愛いんでしょう。 その舌っ足らずな喋り方で polygon cube~ とか extrude~ とか言ってるの、もうすっかりやられちゃいました。


少年よ、俺が老いて引退する頃にでも第一線に立って、すんげえCG作って老人をハァハァさせて下さい。


.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

プロジェクト作成。

新規 Project を作ろうとしただけですぜ?

Crash_newproj

新規プロジェクトを作るためにフォルダを選んだ瞬間。
シーンの中にはポリゴングリッドが1枚のみ。
マテリアルも何も無し。
いったい何がいけないんですか。
グリッド1枚でもあなたには耐えられないくらいへヴィな状況なんですか。


七ちゃんになってから、この 「新規プロジェクト作ろうとしたら死亡」 が多い。 まあ、ファイルダイアログがらみなのでシーンの重い軽いは関係ないだろうし、うちの環境に依存している可能性もありますがね。 でも他のソフトウェアでは起こらない現象だし・・・・。


Crash_gofuben

ええ不便ですとも。




.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

RCTools 4.2 64。

RCTools4.2 64bit 版だそうです。
http://groups.google.com/group/xsi_list/browse_thread/thread/18d2c833b43720b2/fcc19be8987254b8#fcc19be8987254b8

Bryan Naegele さんというお方がコンパイルして下さったそうで、上記リンクの後半に、ダウンロードのリンクが貼られてます。うちは未だに XP32bit なので今のところ関係ないのですが、64 な人はインストールしてみてはいかがでしょう。 そうか、これまで4.2 は 32bit版だけで、64bit 用にコンパイルされたものは 4.1 までしかなかったのかな。




この情報のタレこみ元は独逸の Robert Lentz さんです。ご親切にもメールで教えて下さいました。

彼が言うには、彼は俺の XPOP 関係のプラグインを XP64 で使っているそうで、XP64 だと上手く動かなかったという問題を抱えていたそうです。 何度かやりとりして、有田さんが実験してくれて RCTools のコマンドを XPOP から呼び出すことによって問題が解決したりしなかったり。 まあこの辺は XPOP普及委員会の話になりそうなので詳しくはまたそのうち。。。。。



彼はフリーランスのCG屋さんだそうです。彼のサイトはブラウザのサイズとか勝手に変えやがるので注意です。なにやらオサレ?な画像がいっぱいあります。 でも画像に走査線みたいな処理は、無い方がよくない?


彼は日本のCG関係のサイトを徘徊しているそうです。きっとあなたのサイトにも訪れているに違いありません。



.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

Imageノード追加。

XSI が七ちゃんになってから、RenderTree がとっても見やすくなりましたよね。
左側のプリセットマネージャも使いやすいですよね。 ドラッグ&ドロップできるし。
7.0 では、ネットワークの環境などによってはドラッグ&ドロップ後に異常なくらい待たされる不具合があって激怒していましたが、7.01 ではこの問題も解消しました。


いやあスヴァらしい。


ほんとにそうですか。
満足していますか。


いや、概してスヴァらしいんですけどね。 満足してますけどね。
ただ、Image ノードを出した時の、Clip ノードの配置だけが・・・・。
ほんと、これだけが気になってしかたないんです。
憂さ晴らしに書いてみるだけなんですけどね。



テクスチャ貼ろうとするじゃないですか。プリセットマネージャから、Image ノードをドラッグ&ドロップしますよね。

Batourt1

↑こんな風に。


すると、

Batourt2

noIcon.pic の Clip ノードさん、 なぜ貴方はそんな遥か遠方に生成されるのですか。ゴルァ

そんな所にいないで素直に Image ノードのすぐ後ろあたりに着地して下さいよ。
もう、ひねくれもんなんだから。




このままだと気持ち悪いから、とりあえずササッと配置を直しちゃいますよね。

Batourt3

↑こんな風に。




で、noIcon.pic を貼りたいわけじゃないので、Image ノードの PPG から New > From File とか選びますよね。

Batourt4

↑こんな風に。 




で、テクスチャを新たに選んでOKすると、

Batourt5

てめえ 普通に noIcon の近くに来いって言ってんだよゴルァ

ノリノリで作業しているときにこれをやられると、もう仕事する気なくなりますね。モニタ壊してビール呑みに行ってしまいます。仕事は遅れます。 XSI のせいです。


多少はね、重なったりとか変な配置になってもいいですよ。きっとこういう GUI の開発って難しいでしょうからね、あんまり贅沢言う気はないんです。  でもね、なにもわざわざ一番遠いところに出現しなくたっていいでしょう? 馬鹿にしてるんですか俺を。




いろいろいじくってみると、やはりドロップする位置、というかその近辺にどれだけスペースがあるかによって挙動が変わっているように見えますがどうなんでしょう。 でも十分にスペースがあるように見える時でもこういう挙動をすることもあります。

ドラッグ&ドロップするんじゃなくて PPG のプラグアイコンから Image を選んだ時や、Nodes メニューから選んだときでも挙動が違うんでしょうかね。 ごちゃごちゃやってみた限りでは、どのやり方でやったかに関わらず、そのときの RenderTree のワークスペースの広さに応じて、XSI さまがその明晰な頭脳で最適な配置をお決めになっておられるように見えますがどうなんでしょう。



さらにいじくっているうちに、こんな状態も出てきました。

Batourt6

これはプリセットマネージャからドラッグ&ドロップしたものではありません。 Nodes メニューから Image を選んだ直後です。つまり、どの位置に出現するのかについてユーザは一切意思を示しておらず、純粋に XSI さまのありがたき思し召しによるものです。

一回氏んでこいゴルァ



あれえ、六ちゃんの時って、こんなひどかったでしたっけ?
なんか、七ちゃんになってからこうなった気がするんだけど、どうでしょう。
もう実験するのもめんどくさいというか、アフォくさいです。

嘔吐デスクさん、どうですか、こんな部分も改良する気、ありますか。
まあ、もっとひどい不具合の方を先に直してくださいね。




さ、曲いきましょう。


いやあ、いいですね。ポップで爽快で好きなんですよこの曲。前奏から延々と続くそのリフ、最高です。クサいソロもカッコいいです。クサくてもいいんです。ベタでいいんです。そういうバンドなんです。 あんたたち、クサい曲ばっかりだねほんと。

昔 Hysteria が出た頃に友達に借りて聞いてみたんですが、当時の LA 系をはじめとするバッドボーイズロックな感じに傾倒していた俺は 「なんだこのポップでキャッチーで貧弱で女々しいやつらは。C-C-B みたいじゃねえか。」 くらいに思って相手にもしなかったんですが、年を食ってから聴き直すと、そのポップでキャッチーで貧弱で女々しいところがたまらなく良いのですよ。 なんつうか、「歌える」曲というかね。 ゴリゴリにギターがカッコいい曲とかベースがぶんぶん唸っている曲とか、それはそれでとても良いけど、「歌える曲」とは限らないわけですよ。どちらかと言うと歌えない曲の場合の方が多いと思う。 Def Leppard はその点、鼻歌でつい口ずさんでしまうような曲が多いんですよね。 カラオケで歌えたりしそうなというかね。要はポップでキャッチーなんですね。

でもこのバンドの曲、よくよく考えてみるとぶ厚い全員コーラスがお約束で、コーラスパートがヴォーカルパートの重要な一部になっている曲が多いので、ひとりでは歌えないですね。コーラスなしにサビが成立しないとでも言うか。俺カラオケ行かないからよくわかんないけど(最後に行ったのは何年前? 前世紀じゃないかなあ)、ひとりで完結しない歌だとカラオケで歌うのは無理ですよね? 誰かもうひとり、できれば3人くらいコーラスに付けて歌わないと。


ところで全員コーラスってカッコいいですわね。サビの前に、メンバーみんながマイクの前に一歩出てコーラスしようとする瞬間が、カッコいいなあと思います。音楽の映像を見ていてフェティッシュ的に好きな瞬間です。俺も昔バンドらしきものをやっていましたが、自分でもその瞬間が一番好きでした。バンドとの一体感を感じてエクスタスィに至ります。俺、実は今、最高にカッコいいんじゃないかという妄想にひたることができます。  あるいは、例えばコーラス中のフロントマン3人を、舞台のソデの方、つまり横から、しかもロングレンズで撮っている映像も、ぐぐぐっと来ます。 ヴォーカルとギターが1本のマイクを分け合って歌うような絵はベタ過ぎて、それを本当に昇華させているやつらじゃないとカッコよく見えないのですが、このコーラス関係の絵は実に簡単にカッコよく見せることができる魔法の瞬間なんじゃなかろうか。などと愚かな妄想が止まりません俺。


このバンド、びっくりするのは、ドラマーのリック・アレンさんが、片腕なんですね。 このビデオの冒頭なんか見ると、左腕がないのがよくわかります。

80年代中盤、人気の絶頂期に自動車事故で失ってしまったんですね。 でもその後、ペダルを駆使したりしながら片腕でも叩ける特注のドラムセットで死ぬほど練習して、見事復帰したとのことです。メンバーもドラムを交代させようとは全く思わず、リハビリをサポートしたんだとか。泣ける話じゃないですか。 だってあなた、片腕失ったらどうしますか。 ドラマーにとって左腕はスネアを叩くそれはそれは重要な手なわけですよ。 俺達なら、マウスを持つ右手のようなもんです。マウス持てなくなるんですよ。ゲーム用のフットコントローラとか買ってきて XSI とリンクできるドライバ自分で書いてCG屋続けますか? 俺は無理です。喜んでCG屋辞めて田舎で暮らします。

そういえばずっと昔のことですが、バイクに乗っている時道に飛び出して来た猫を避けようとして転倒し、右手首を骨折したことがありました。 しかたないので1ヶ月くらいは片手でCG屋やってましたよ。 当時は SGI のマシン上で Softimage|3D でしたが、まずはマウスボタンの設定を左右反転し、鬼のようにショートカットをカスタマイズしてなんとか左手だけでやってました。とはいえ死ぬほど効率が悪く、仕事のほとんどを後輩にまかせて自分はごく簡単なショットばかりやらせてもらってました。 そもそも利き腕じゃない手でマウスを操作すること自体に大いに無理があって、やっと慣れて来た頃には右手が治るという・・・。 右手使えないと風呂やトイレやあんなことやこんなこと、全部大変ですよう・・・・。


俺の話はいいとして、Def さんの古いビデオ、たとえばこれを見ると(うはぁ、みんな若ぇ)、

まだ左腕をぶんぶん振り回しているリックさんがいます。やべ、マジで泣けてきた。
おー、よく見るとレギュラーグリップで叩いてますね。珍しいな。片腕の映像しか見たことなかったから知らなかったよ。
リックさん、このバンドで一番美形だよね。一番、というか唯一、かな・・・。 どうか末永く頑張って下さい。




PCの前でいい感じで酔っ払ってさあもう寝るぞ、という瞬間に iTunes で Def Leppard を1曲聴いてから布団に入るというのをしょっちゅうやってる気がします。 彼らのサウンドはおやすみ前に気持ちいいんですね。クサいバラードっぽいのは特に。

この曲とか。





この曲も好きなんだが、これはスティーブさん追悼バージョンのMADですね。


90年代初頭に、ギターのスティーブ・クラークさんが死んだんですね。30歳ですって。 リック・アレンさんの片腕切断に続き、バンドには不幸続きでさぞかしつらかったでしょう。うう、ただの映像の切り貼りだけど、泣けますねこの MAD は。





もう、何のブログだかわかんないすね。
まあ、何のブログだなんて一度も言ってないんですが。





.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »