« 乗算。 | トップページ | さらにさらにさらに見た映画メモ »

2009年1月22日 (木)

復帰と強制更新バーヂョンアップ。

いや、別にどうと言うほどでもないバージョンアップなんですがね。


復帰と強制更新 ver1.1
http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

復帰というのは、アドビ製品とかによくある「復帰」ですね。現在のシーンを捨てて、最後にセーブした状態に戻るというだけです。 もともと XSI のメニューの中にも最近開いたシーンを開くってやつがあるので、復帰なんて要らないと言えば要らないんですが、この位置に「復帰」という名前で欲しかっただけ。 今回のバージョンアップには関係なしです。そのまんま。

少し変更したのは強制更新の方で、Shift を押しながら実行しないと何もしないことにしました。

そもそも強制更新は、すぐにそのシーンをセーブして、直後にロードし直すというそんだけのものです。 XSI 様は、特にパーティクルとかいじってるときに、たまに操作の結果をビューポートやスケマティックに反映させてくれないことがあり(データ的にはもうそうなってるのに、表示上そうならない)、いや、たまにじゃなくてしょっちゅうあり、そういう場合はセーブしてロードし直すとちゃんと反映されてるわけですね。

なのでセーブしてロードし直すのをしょっちゅう繰り返してたんですがやってられっかゴルァとキレて少しでも操作を減らそうとこのプラグインを書いたんですよね。だからいちいち警告を出したりしてはいけない、即座に実行されなければいけないというコンセプトだったんですが、問答無用で上書きセーブしてしまうため、別名でセーブしようと思っていたシーンなどで間違って実行してしまうと思わずモニタを破壊してしまい、非常に環境に負荷をかけていたんです。化石燃料を大量に使って製品化されたモニタをそう簡単に破壊してはいけません。1日1個までとするべきです。反省してます。

で、最近は、身長が240cm もあるあのお方が作って下さったとても便利な野良スクリプトランチャというものをちょこちょこ使うようになったんですが、このプラグインも同じファイルメニューの並びにあるんですね。なので、野良ちゃんを起動しようとしたのに間違えて強制更新してしまうことが数回ありまして。

野良ちゃんを改造してメニューからはずし、ショートカットやボタンでも作ればいいかとも思ったんだけど、そもそもファイルメニューというすごくよく使う部分に強制更新などという危険極まりないものを放置しておくのもどうか、と。 だからと言って実行するたびに「強制更新しますよ?」なんてダイアログを出していたら、このプラグインを作った意味がないわけで。

なので安全装置として、Shift を押してないと効かないようにしたってだけです。 前よりは事故を防げるかな、と。  そんだけです。


ちなみに Shift 押すと挙動変わるってのは GetKeyboardState というコマンドを使っているんですが、そういやこの部分も最初は身長が 250cm もあるあのお方のスクリプトで学んだもので、なんだかずいぶんお世話になっている気がします。いつかビールおごります。


.

|

« 乗算。 | トップページ | さらにさらにさらに見た映画メモ »

コメント

そんなにデカくないっすよwww
カメラの設定見直してくださいwww

投稿: りんぷる | 2009年1月22日 (木) 11時08分

いや、ほんとに 260cm くらいありましたよ。Softimage Unit でいうと 26 でした。

ポイントにスナップさせて測ったんだから間違いありません。

投稿: junki | 2009年1月23日 (金) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/43815853

この記事へのトラックバック一覧です: 復帰と強制更新バーヂョンアップ。:

« 乗算。 | トップページ | さらにさらにさらに見た映画メモ »