« TakeMeToTheOtherSide バージョンアップ。 | トップページ | 乗算。 »

2009年1月16日 (金)

Go!Go!フォルダ ver3.0。  (XPOP普及委員会その11)

ずいぶん古いプラグインをバージョンアップしてみたんですがね。

Go!Go!フォルダ ver3.0
http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

Gogo3_ppg

XPOP がインストールされてないと動きません。

XSI から色んなフォルダを Windows のエクスプローラで開くプラグインであります。 Render_Pictures とか Pictures とか、しょっちゅう開くフォルダを、マイコンピュータとかからたどるのはめんどくさいので、XSI からいきなり開こうという、そんだけ。

変更・改良点

・XSI のプロジェクト以下の全てのフォルダに対応(XSI 7で追加されたフォルダも対応)
・User フォルダや Addon フォルダなどにも対応
・ポップアップメニューに現れる項目をフルカスタマイズ可能
・普段はオフにしておきたいけどたまにアクセスしたいフォルダがある時のために、ALL サブメニュー追加(設定のオンオフに関わらず常に全項目をサブメニューに表示)
・マイフォルダ(任意のフォルダ)の登録数を5個に追加
・マイフォルダのラベルを指定可能
・Toolbar のボタンを廃止=XPOP専用に(まあ、コマンド手打ちという手もあるけど)
・コード見直し&ファイルを統合・整理
・カスタム初期設定(GoGoFoldersOptions)のインストールを、Init ファンクションから Execute ファンクションに移動 → 一部の環境下でXSI がクラッシュしてしまう問題を、たぶん回避

一番最後のやつは、以前にはいカラさんをバージョンアップした時と同じく、同盟国伊太利亜のミシェルさんのアドバイスに従い、実際にコマンドが起動されるまでは Preference にアクセスしないようにしたというだけなんだけど、おそらくこれで一部のプラグインとのコンフリクトは解消されたんじゃないのかな。どうやら鳥取の人がこの問題を抱えていたようなので・・・・。


この Go!Go!フォルダは、けっこう自分でも使用頻度の高いプラグインなんです。昔は、Render_Pictures フォルダとかを間違えて閉じてしまった時などに「あっ しまったっ」と思ったものですが、今では気にせず邪魔に感じたらソッコー閉じます。必要になればすぐに Go!Go! すればいいだけだから。 あとは、プラグインを書いていると結構 user フォルダなどにもアクセスしたくなるんだけど、Windows のエクスプローラでお気に入りに入れるほど普段は使わないし・・・というのもあって、旧 Go!Go! のマイフォルダに登録していたのですが、user や factory などの XSI の一連のフォルダにも簡単にアクセスできることがわかったので、追加してみたり。


俺は XPOP は嫌いだ! という人は死んだ方がいいコマンドを手打ちするなり、そのコマンドからボタンでも作ればいいのかな。コマンドは、

  GoGoFolders("Render_Pictures");  ※JScript の場合

などと打てば、現在プロジェクトのそのフォルダが開きます。User フォルダなど現在プロジェクト以下のフォルダ以外のものにアクセスするには、

  GoGoFolders("+UserPath");
  GoGoFolders("+WorkgroupAddonPath");
  GoGoFolders("+ProjectRoot");
  GoGoFolders("+Options");
  GoGoFolders("+MyFolder1");

などと、Options の中の項目名を参考に、頭に + を付けて打てばそのフォルダが開きます。


あれえ、こんなことマニュアルの方に書けばいいのに、なぜかブログに書いちまってる。情報の分散は良くないですね。


まあいいや。
そんなことよりですね。


ギター&ヴォーカルのユウちゃんは、どっかのギター雑誌にも以前書いてあったけど、立ち姿が異常にカッコいいんです。ステージ映えするんです。 ギタリストやベーシストって、立ち姿が大事なんですよね。どんなに上手くても、立ち姿がどうしてもサマになってなくて、ライヴで映えない可愛そうな人も多いわけです。例えば、ええと、パッと出てこないな、まあ、多いですよね。マーティ・フリードマンなんかは立ち姿はともかく、右手の角度というか、ピックの持ち方がカッコ悪いために損してます。テク自体は死ぬほど上手いのに。 キース・リチャーズの立ち姿というかあの変な仕草は、独特だけど、この二十数年カッコいいと思ったことはたぶん一度もないなw  山口隆のように立ち姿がカッコ悪いからこそカッコいいという、超うらやましい人もいますが。 ジェームス・ヘッドフィールドのあの異様な立ち姿は、冷静に考えるとカッコ悪そうな気がするんだが、俺は好きです。ポール・スタンレーの立ち姿や怪しいステップはカッコ悪いと思う。あの人自体は超カッコいいけど。エース・フレイリーもそうか。   そういう俺もギターを抱えてみると、そのあまりにも情けない立ち姿に泣けてきます。気分だけはジョー・ペリーなのに Orz  なんでこう、スーパーギタリストって、みんな痩せてて背が高くて顔が小さくて足が長くてケツが小さくて腿が細いんでしょうね。俺と正反対じゃねえか。世の中不公平です。

ユウちゃんは、なんかこう、カッコいいんですよね。特に姿勢を少し斜にしてヘッドを前に突き出して、両足開き気味に立ちながら歌っているところが、とても男らしい。 きっとギターのサイズと体の大きさのバランスも関係しているのでしょう。マイクの高さも関係していると思う。首の角度がそれで決まりますからね。

しかも彼女は、必ずしも上手くはないけど、クソ真面目にやろうとしている感じがして、いいんですよね。 前方ナナメ上方を見据えるような視線やソロの時の表情に、それを感じます。脳味噌は相当ヘンな人だと思うんですが。


この歌がなんか好きなんですよね。

雨の日に車運転しながら大声で歌うと気持ちいい歌です。


こういうのも好き。

奴らの昭和歌謡に対するリスペクトは、必ずしもカヴァー曲のみではなく、多くのオリジナル曲にも現れています。



もう XSI なんてどうでもいいや。音楽は世界共通言語です。
LOVE, PEACE, BEER, and ROCKN' ROLL.

.

|

« TakeMeToTheOtherSide バージョンアップ。 | トップページ | 乗算。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/43754128

この記事へのトラックバック一覧です: Go!Go!フォルダ ver3.0。  (XPOP普及委員会その11):

« TakeMeToTheOtherSide バージョンアップ。 | トップページ | 乗算。 »