« 嘆願受理。 | トップページ | 変なメールが来たからスクリプティング。 »

2008年12月 9日 (火)

畳めるCustomPset。

どってことない小ネタなんですがね。

カスタムパラメータセットを作るときに、パラメータがやたら多いと、PPG がでかくなりすぎてうざったいじゃないですか。よくある顔のシェイプのスライダとかで、スライダがずらっと並んでいるために目的のシェイプを探すのに苦労したり。

なので、カスタムパラメータを入れ子構造にすると、畳めて便利ですね。

Customp

上の画像では、AAA というカスタムパラメータセットの子供に BBB があります。さらに CCC が BBB の子供になってます。

画像の左側の PPG は、AAA を表示させた状態です。右側は全く同じ PPG の、BBB を畳んだ状態。それぞれ三角アイコンで畳めるし、線も入ってわかりやすいですね。

AAA のパラメータが不要なとき、つまり BBB と CCC のパラメータだけ表示したいときは、BBB の PPG を表示させればいいわけですね。

AAA だけ表示させたいときは、普通に Explorer からクリックすると子供である BBB と CCC まで表示させてしまうので、スクリプトで制御しましょう。例えば、

  InspectObj(Selection(0),siViewingKeyword);

というスクリプトを書いて走らせると、現在選んでいるものだけが表示されます。これをボタン化するとか、ショートカットでも作っておけばなお便利でしょう。


ま、そんだけです。わりとよく知られた tips だと思うんですが、メモ的に書き留めただけ。 自分の場合、職場の後輩が発見したのを教えてもらいました。


.

|

« 嘆願受理。 | トップページ | 変なメールが来たからスクリプティング。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畳めるCustomPset。:

« 嘆願受理。 | トップページ | 変なメールが来たからスクリプティング。 »