« 3DQuakers。 | トップページ | 七零壱ちゃん。 »

2008年11月28日 (金)

ソニー。

XSI Mailing List で見つけたんですがね。

http://static.swiss.se/public/portfolio/Sony_Christmas_30sec_h264.mov


スタッフのひとりステファンアンダーソンさんによると、氷使いまくりだそうです。なるほど、いかにも氷らしい感じが。ってことはレンダリングまでも全部 XSI 7.0 でやったということなんですかね。色々問題出なかったのかな・・・。

1週間のプリプロダクション、2週間の実制作だそうで、ううむ、無茶ですね。すげー。

関わったスタッフは、4人の3Dアーティスト、3人の Shake コンポジター、1人のスーパーバイザー(デザインやモデリングの一部も担当)。

熊、傘、靴、ボールの滝、あといくつかのいきなり現れる要素(たぶん虹とかコーンとか)などはストップモーションで、それ以外はCGだそうです。 ボールの滝も、最初にドバッと出てくるところだけは3Dのシミュレーションに見えますね。


いやあ、楽しそう。作ってる人のニヤニヤが伝わってくるかのようです。ステファンさんも 「楽しくて、(時間なくて)クレイジーな仕事だった」と言ってますが、ええ、クレイジーな状況だからこそこういう感じになるんじゃないですかね。 時間がなくて、勢いだけの一発勝負で、ノリと悪ふざけと愚痴とナチュラルハイの中でイッキにやってしまうのがよろしい種類の仕事のように見えます。いいなあ。嫉妬します。

ステファンさんが所属する会社で作ったそうですが、 ドメインが .se なので、Swiss International という名前だけどスイスじゃなくてスウェーデンの会社なのかな。デモリールも見ましたが、いやあレベル高い。実に手堅く、VFX らしい VFX を、きっちり正しくやってますという感じですね。いいなあ。嫉妬します。


氷を使った実作例がもっと見たいですね。今のところ、Psyop が作った HP のやつくらいしか思いつかないかな。たぶん俺が知らないだけでけっこう使われているんだろうけど。知ってる人教えて下さい。

俺の実仕事での氷デビュー作(そして XSI 7 デビュー作)は、某作品の中の金魚すくいのショットでした。金魚すくいの水槽の水面を ICEデフォーム、金魚の群れは ICE パーティクルでジオメトリインスタンスを散らすという、いかにも教科書的なショットでしたね・・・。高級なことは一切やってなくて、ただのタービュランスなランダムに頼り切っただけの、ごくシンプルなものでした。 なんとなくそれっぽくなるところまではまずまずできても、思った通りには全然調整できませんでしたねー。。。。




.

|

« 3DQuakers。 | トップページ | 七零壱ちゃん。 »

コメント

賑やかですばらしいですね、ソニーのCM。

遅ればせながら最近本格的にICE触り始めました。
徹夜でICEいじりしていると新しいことが出来そうな気がしてきます。
あとツリーを組んでいると数学の勉強がしたくなりますね。


来月からやっと仕事が落ち着きそうですので
是非ご飯でもよろしくおねがいします。

投稿: msk | 2008年11月28日 (金) 08時04分

mskさんイエイ、飲み会やりましょうぜ。忘年会だね。

夜中に ICE なんていじってると危ないですよ。こっちの世界に戻って来れなくなりますよ。

投稿: junki | 2008年11月28日 (金) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/43244988

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー。:

« 3DQuakers。 | トップページ | 七零壱ちゃん。 »