« さらに見た映画メモ。 | トップページ | emFluid2。 »

2008年10月24日 (金)

たどりついたらいつも雨ふり。

Softimage さんからメールが来てました。
一瞬、不覚にも狼狽してしまいました。
ついにその日が来てしまいましたか。
Softimageさんは、Autodesk さまのものに。
http://usa.autodesk.com/adsk/servlet/item?id=12022457&siteID=123112



独立会社 → Microsoft さん →Avid さん → Autodesk さま
Softimage さんの流浪の旅はこれで終わるのでしょうか。安住の地になるといいですね。


いつかはどこかへ 落ち着こうと
心のおき場を 探すだけ
たどりついたら いつも雨降り
そんなことの くりかえし

やっとこれで おいらの旅も
終ったのかと 思ったら
いつものことではあるけれど
ああ ここもやっぱり 土砂降りさ


拓郎さんも歌ってくれています。
こんどこそ、心の置き場になるといいですね。
安住の地になるといいですね。


さあ詳しく記事読むか・・・。
いや、読まなくてもいいけどさ。
ICE のチュートリアルビデオ見るほうがよっぽど大事だけどさ。
ふう。

なんだか、日本はアメリカの新しい州になりました、みたいな気分だな。

こんな大事なニュース、早くトップに乗せろや Softimage Japan ゴルァ。マジで。




.

|

« さらに見た映画メモ。 | トップページ | emFluid2。 »

コメント

お疲れ様です。
徹夜仕事中にメールが来てて気づきました。
なんだか微妙にショックです。

XSI Baseではどんなステキな動物がXSIのロゴに置き変わるんだろうなんて言ってる人もいました・・・

投稿: msk | 2008年10月24日 (金) 10時25分

独禁法違反すよねーFBIにガサ入れされるべきだ。
っていうか3DToolなんつーしょっぱい商売を囲い込む度量が凄いなっておもうんです。

投稿: げとー | 2008年10月24日 (金) 11時06分

5年後くらいには、全ソフト統合されそうですね。

投稿: garu | 2008年10月24日 (金) 12時04分

日本がアメリカの新しい州って素晴らしい例えです。
今朝一番に、この事の噂が、メーリングリストに出た時は誰もがただのハッタリだと
信じてたのですが、数時間後にこれが真実に変わった時は、
ショックで、1日何か消化しきれないモヤモヤ感がずっとありました。
junkiさんの例えのように、自分たちの文化を突然乗っ取られた感じです。
どうなるのでしょうね〜これから。

投稿: yukuhiro | 2008年10月24日 (金) 18時23分

mskさん、どうもご無沙汰です。
微妙にショックな気はたしかにするんですがね、どうなんでしょうね、まあ俺達が何を言っても変わらないであろうという諦めの気分ですかね。まあ見守りましょう。見守るしかないですわなあ。



げとーさん、いやどうもご無沙汰。
マーケットがあまりにもショボいので独占禁止法にも引っかからない、ってことはあるんでしょうかね。いやほんと、実にショボいマーケットなんでしょうねえ。でも奴らはそれでメシ食ってるんだから俺達と同じで必死ですわね。 個人的には独禁法に抵触しているかどうかはどうでもよくて、奴らがどう XSI を残すのか、あるいは残さないのかだけを気にしてますわ。



garu さん、誰かも言っていたけど、コアだけ統合してインターフェースはそれぞれ用のを用意しておくってのが理想かもしれないっすね。まず無理だと思うけど。

オートデスクさんは、現時点では3本とも開発・販売を続けるって言ってますけど、まあ最初はそう言うに決まってますわな。しかし Alias PowerAnimator が Maya になったように、SI3D が XSI になったように、ソフトウェアは、存続するとしても必ずコアアーキテクチャからリライトしなければいけない時期が来ます。その時期が来たときに、基本的に同じことをするためのソフトウェアを3本も別々にリライトするか? まあしないでしょうね。そうなると garu さんが言うように統合という形になっていくんじゃないかな。そうなると、XSI色は当然薄まりますわな。っていうか一番マイナーなんだから、超薄まる可能性が高いですわな。 それがどんなものなのか、現時点で想像できません。全方位に対応できるよう、訓練しておくしかないですかね。やっとこのアバズレ女と別れられる時が来たと喜ぶべきなのかもしれません。



yukuhiroさん、そっちの人たちもやっぱりショックな反応してますか。
日本がアメリカの州になっても自治を認めてくれればいいんですが、やはりそうもいかんでしょうねえ。多かれ少なかれ、もしくは遅かれ早かれ文化は均一化していきます。ADが金のことだけ口を出して philosophy に口を出さないならむしろ歓迎できる気もしますが、そんなわけにはいかないでしょうね。

それにね、Softimage にはすっげー小さい規模でやっていたメリットってのもあると思うんですよね。身軽というかね。大会社になっちまったら、どうなるんでしょうね。
Sony とか Apple とか Microsoft とか、Toyota とか Honda とかに1ユーザが何か言っても、その声は上に届かない気がするじゃないですか。東京モーターショーに行ってトヨタの車に要望を言おうにも、その窓口すらないと思います。綺麗なおねいちゃんがいてニコニコしながらマニュアル通りのコトバを喋るだけ。 だから大会社には要望を言おうという気すらなくなってしまいますよね。でも SIGGRAPH で Softimage のブースに行けば、いつも WEB で見ているスタッフがナマで居て、あれこれ話できますよね。要望言ったり、開発の話を聞いたり。Softimageスタッフも、自分がインサイダーであることを公表しながらインターネット上に登場してますよね。Chinny さんのようにプラグイン提供してくれたり、blair さんや luceric さんのように(あくまでも個人の資格としながらも)開発者にしかできないヘルプをしてくれたり。こういう身軽さが、AD の一部となった後も存続するのか。どうなんでしょう。Autodesk製品のフォーラムとかに詳しい人、教えてください。

yukuhiroさん、LAまわりプロダクションの反応や対応で面白いこと、注目すべきことがあったら、また教えて下さいませ。興味あります。特に dominant である Maya ユーザはどう思ってるのかとか。

投稿: junki | 2008年10月28日 (火) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たどりついたらいつも雨ふり。:

« さらに見た映画メモ。 | トップページ | emFluid2。 »