« 腹いせにムスカ。 | トップページ | 生産挑戦報告。 »

2008年9月 9日 (火)

七ちゃんの SDK。

ver 七で、SDK にも色々と改良がっ。

氷関係はまだよくわかんないからすっ飛ばすとして、一番大きい変化は、ついに Partition が独立オブジェクトに!


Pass.Partitions

で、Partition が PartitionCollection として取得できるようになっております。スヴァらしい。これで Group からより分けて行く必要も、あの呪文のような CLSID も必要ないじゃないですか。イエイ。


Partition.Background

の true / false で、Background Partition かどうかもテストできます。イエイ。


Partition.PartitionType

が返す数値で、Object Partition か Light Partition かの区別も付きます。イエイ。

<p><p>CreatePartition (Pas</p></p>


Pass.CreatePartition( Name, Type )

なんていう素敵なメソッドもありました。イエイ。

いやあ、これはもう、Pass がらみ Partition がらみのスクリプトを書くのが大幅に楽になりますね。 4 や 5 の時代に書いたやつらを HDD からほじくり返して、少し整備してみようかしらという気にさせてくれますわ。





それと全然違う部分だけど、Model オブジェクトに新しいプロパティができてるのに気づきました。

Model.InstanceMaster

今までは Model から GetMaster コマンドを使ってましたが、Command Model 撲滅委員会(Object Model 普及促進委員会)としてはまた一歩前進しました。イエイ。


あれ? もうひとつ気づいたけど、Model オブジェクトに、ModelKind なんていうプロパティがあったのか?

Model.ModelKind
マニュアルを見ると、バージョン六で導入されたとある。Model の種類が通常の Model なら 0 を、Referenced Model なら 1 を、Instance なら 2 を返すとある。 ええっ 知らなかったよっ。 今までは GetInstance コマンドの戻り値が null かどうかとかを調べてたんだけど、こんなのがあるなら早く言ってよっ。

あれ? でもやってみたら、六と七で挙動が違うよ? 六の場合、Model の種類がどれであろうと 0 を返しているように見えるが? 七の場合は、マニュアルどおりに Model の種類によって 0 , 1 , 2  を返してくれる。 これ、六の時代はバグだったとか?  誰か追試して下さい。


DeleteObj とか SIDuplicate は Object Model にならないもんですかね。これらが一番重くてずっと困ってるんだが、今回も変わらず。  SDK の構造上そもそも無理だとか、そういうこと? 誰か詳しい人教えて下さい。



|

« 腹いせにムスカ。 | トップページ | 生産挑戦報告。 »

コメント

おお!
コレは、ちとステキですね。
7チャソは、いろいろ増えて嬉しい限りですね。

昔、Background Partitionを見破るスクリプト書いたんですが
結局、NestedObjectの1番目だったかで判別した記憶があります。
そんなもんリネームすんなや!って話ですが・・・w

投稿: garu | 2008年9月11日 (木) 12時55分

garuさん、これステキですよね。

Background Partition をリネームしたくなることはよくありますね。Background Partition は Explorer で一番上に居て欲しいじゃないですか。でもアルファベットソートの状態で A から始まる Partition を作っちゃうと、Background が一番上に来ないですよね。ゴルァです。 Background をリネームしちゃうと、自作の一部スクリプトは名前で Background Partition を探しているので、機能しなくなったりします。ゴルァです。

これからはスクリプトから名前で追いかける必要もなくなったので、存分にリネームしましょう。

NestedObject とか Owners から判別するときって、「1番目に格納されているオブジェクトはこれ」とかってマニュアルにも書いてないし、それまでに何の操作をしたか・何のプロパティを持っているかなどで中身が変わりますよね。だから色んな場合を何度もテストして、永遠に変わらない(ようにみえる)パターンを自分で見つけるしかないんですよね。 なんとかならんもんですかね。

投稿: junki | 2008年9月11日 (木) 15時15分

こんにちわ。
報告会の2次会で一番出口に近いところに座っていた者です。

やっぱりBackground Partitionは一番上にいてほしいですね。
自分はとりあえず頭にアンダーバーを入れてトップに鎮座してもらってます。

大した知識は持ち合わせていませんがこれからよろしくお願いします。

投稿: msk | 2008年9月14日 (日) 11時55分

おおう、mskさま どうもどうも。

そう、俺もアンダーバーしてます。逆に最後にいて欲しい奴は頭に xxx_ とか付けちゃいます。

飲み会やりましょうねー
また連絡します


投稿: junki | 2008年9月14日 (日) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七ちゃんの SDK。:

« 腹いせにムスカ。 | トップページ | 生産挑戦報告。 »