« 顔面崩壊。 | トップページ | 氷でAO。 »

2008年8月 5日 (火)

Softimage at SIGGRAPH2008。

SIGGRAPH 2008 での、Softimage のブースのスケジュールが発表されていました。
http://www.softimage.com/events/sig08/booth.aspx


スペシャルプレゼンテーションというのを見てみると・・・

「スタジオ4℃によるテッコンキンクリート」。 わおう、テッコンがプレゼンやるんだ。しかもS本さん登場。 マイケルさんが出てくるんじゃなくてS本さんというあたりが、いやあ、S本さん、かっこいいなあ。今度一緒に飲みに行ってくれませんか。

あとは、The Mill が作ったバスケロボット(三菱)のもあります。わおう、これも見たいなあ。

わおう、Hybride も。これも見逃せないな。最近 UBISOFT に買収されたんだっけ? Sin City大好きです。 300はまだ買ってませんすいません。アマゾンでポチッておきます。

わおう、Aaron Sims さんも登場。すげえな。ハルクの話とかしてくれるんだろうか。ここを読むと彼はもともと Stan Winston Studio から独立して自分の会社を作ったようですね。映画・TV・ゲーム・プレビスなど向けに、クリーチャー/キャラクターのデザインや3D化をする会社だそうですが、こういうキャラクター総合開発専門会社って日本にはないんじゃないかなあ。

Using finalRender with XSI って、えっ、ほんとですか。 そういえば finalRender XSI のベータテスター募集について、この記事を書いたのが12月。もう開発が終わった、あるいは終わりそうってことですか? だまされないわよ。 わおう。 そう言えば Vray for XSI はどうなったんだ。去年の SIGGRAPH でデモしたはずじゃなかったのか。


それ以外も Buzz や JellyFish など有名どころ盛りだくさんな内容になっているように見えるのですが、自分の勉強不足で、これらがどれくらいすごいことなのか、あるいはどのくらいすごい人なのかは、リストからはよくわかりません。が、きっと楽しいと思うので、片っ端から見てこようと思います。 うーむ、時間も日程も散らばっているので、このままだと Softimage のブースにべったり張り付くことになりそうだ・・・。 それもどうかなあ。せっかくの SIGGRAPH だしなあ。 なんか Softimage の策略にまんまと引っかかっている気がするなあ・・・・。



Softimage さん自身がやるデモとしては、

・Introduction to XSI 7
・Creating Custom FX and Deformations with ICE
・Using ICE Particle Effects in Production
・New Rendering Techniques in XSI 7
・Creating Custom FX and Deformations with ICE
・Production Challenge Results
・Easy Integration of 3D Assets from SOFTIMAGE|XSI to CryENGINE 2
・Softimage Japanese Demo

これだけ用意されています。3日間のうち主要なデモは数回繰り返すようなので、上記スペシャルプレゼンテーションを中心に予定を立てて、その合間になるべく効率良く見ようと思います。先日書いた Production Challange の結果の映像も、このブースで発表されます。


この中でとても気になるのが 「Softimage Japanese Demo」・・・・・。
つまり SIGGRAPH に来ている日本人向けに、日本語でデモをするということですね。

う・・・・・。
もしかして SIGGRAPH でも・・・・、
阿鼻叫喚の地獄絵図 恐怖の Push オペレータ on トーラス をやるのでは・・・。
この恐ろしいデモに関しては先日書いたとおりですが・・・・。
まさか世界的イベントである SIGGRAPH 会場でも・・・・。
いや、氷のデモだからいいのか。会場の空気を凍りつかせたいということか・・・。
ううむ。気になるっ。
でもトーラス見るために貴重な時間を割きたくねえっ。



あまりにも気になるので、その予想画像をアップしておきます。

全世界から CG関連の人が集まるビッグイベント SIGGRAPH 2008 において発表!
Softimage が全てのアーティスト達におくる、革命的新機能!
これが ICE の全貌だ!

Xsi7launch_push



|

« 顔面崩壊。 | トップページ | 氷でAO。 »

コメント

ひゃー。楽しみっす。恐怖の Push オペレータ on トーラス。
この前のラウンチと内容一緒ですかねぇ?
だとしたら、全然意味無いッすね・・・。
SIGGRAPH行くような人だったら、ラウンチにも、もちろん行ってるし・・・。
Production Challengeも、楽しみっすね~。
Final Renderは、全然知りませんでした。
MAXでは、キレイなんだけど、重すぎて使えなかったです。
vrayは、ちょっぱや。
なぞのはしょり方してますよあれ。危険です。
使ってみたいけど、うまくShader来るのかなー?

投稿: garu | 2008年8月 5日 (火) 22時34分

garu さまこんばんは。  あんまり Push オペレータ on トーラスを宣伝すると Softimage の人に爆撃されそうな気がしてきました。 いや、でも、ほんと、氷の基本を説明するにはとても良い題材ですよね。氷マニュアルの最初のページに載せて欲しいものです。デモでは封印して欲しいものですゴルァ。


Vray ちょっぱやですか! 動いているシーンで、ちらつきとかはどうですか?
ファイナルギャザリングのようなサンプルの低さによるちらつきの問題とか、出ませんか?
(そういう方式のレンダラではないのかな、すいません、使ったことないので)
使ってみたいのう。早く XSI に来ないかな。

なんつうか、MR 以外のレンダラは、RenderTree や XSI のライトの設定にどれだけ素直に反応してくれるかがキモのような気がします。いまさら違う概念でマテリアルいじりたくないし。是非ノンフォトリアル系のすごいやつも、出てきて欲しいですね。
あるいは氷のように、RenderTree の低レベルノードを使って自分で組むのが当たり前になっていくかしら。 ちょうど garu さんが Lambert を再現したように。 きっと RenderTree も、氷Tree のようにシーンの色んな情報にアクセスしやすくなる方向で改良されて行くんでしょうね。

Vray やら Max との連携パイプラインやら、その辺の情報も是非そちらのブログでぶちまけて下さいね。舌なめずりして待ってます。

投稿: junki | 2008年8月 5日 (火) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Softimage at SIGGRAPH2008。:

« 顔面崩壊。 | トップページ | 氷でAO。 »