« 燃え盛る。 | トップページ | さらにさらに氷のデモ。そして奴らの行方は。 »

2008年7月15日 (火)

レスちゃん。

遅々として進まないレスポールちゃん。
恐ろしいほどマイペース。
少しずつ。少しずつ。
完成するんだろうか。
まだモデリングも終わってないのに、
どうしてもレンダリングした絵が見たくなって、
ついついリジョン描いてマテリアルいじったりしてるから、
終わらないんだよ。
ひとつの作業に集中すればいいのに、
何の脈略もなく思いつきで、
ついつい男の先っちょを燃やしたりしてるから、
終わらないんだよ。

ゴルァ。

Lespaul0715


ベベルって、一発で上手くかかった試しがない。
Inset Polygon からやろうとしても、これも一発では上手くいかない。
Inset してから気に入らない箇所を手で直すか。
それとも最初から手でベベるか。
いずれにせよ大抵の場合、最後には恐怖の手ベベルを敢行する。
カーブやキューブなどのガイドにするオブジェクトは必須。
同じ距離になるよう、ガイドにスナップさせながら、手でチクチクと。
Ref モードでエッジをピックし、ガイドのRot を 0 にして直角を出し、
そのガイドにスナップさせる。
同じことを各部で繰り返す。
これはもう、モデリングというより、修行だ。
無心の境地に達せよというのか。
それは無理だ。
この単純作業をしながら、
ああ早くレンダリングしてえ
酒呑みてえ
などと常に煩悩に苛まれているんだから。


っていうか俺、なんか勘違いしている気がしてしようがない。
そもそも、こういうものをモデリングする時は、こんなアナログな作業ではなく、
もっとシステマチックに、ロジカルにやるものなのではないのだろうか。
それこそソフトウェアの機能をフルに使って、
手作業ではなく、一発ポンで進めるものではないのだろうか。
XSI は CAD ソフトウェアではないが、もっと CAD 的な、
あるいはプロダクトデザインのビジュアライズ的なアプローチが必要なんではなかろうか。
でも CAD的あるいはプロダクトデザイン的なアプローチって、なんだ?
やっぱり俺わかってない。
何か勘違いしているに違いない。

という違和感に常に苛まれ続けることが、モデリングの中では、
手ベベルなんかよりもはるかにつらいことなのです。
いやほんと。
常にです。

これはモデリングに限ったことではない。

どんなにつらい作業でも、
俺は正しい方向に向かっている
進みは遅くとも、あるべき方向に向かっている
と確信できる時は、さほどつらくない。
ヘッドフォンでもして大音量でロックしながら、
黙々と進めればいいだけのこと。

このやり方は正しいのだろうか。
いやきっと正しくないんだろうな。
後で全部やり直すことになる予感。
でも答えはまだ見えないから、今はとにかくやってみるしかない。
この状態が一番つらいのです。
答えを見出すために、通らなければいけない過程だと重々わかってはいますが。
自由に作っていいエフェクトなんかでは、試行錯誤が楽しいときもまれにあるけど、
大抵の場合は、確信を持って進められない状態に長時間耐えられるほど、
俺は強くできていないのです。



レスポールちゃん、ごめんね。
君の断片が初めてこのマシンのメモリ上に生まれてから
もう半年以上も経っちゃったね。
いつできるのかね。悪いけど、約束はできそうもない。
違和感たっぷりのまま、
終了予定は未定のまま、
また俺にいじくられてね。




|

« 燃え盛る。 | トップページ | さらにさらに氷のデモ。そして奴らの行方は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レスちゃん。:

« 燃え盛る。 | トップページ | さらにさらに氷のデモ。そして奴らの行方は。 »