« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

キムさん大攻勢。

キムさんと言っても、北に住むあのお方ではありません。ロンドンにお住まいの Kim Aldis さんです。

最近このおっさんは何があったんでしょうか、また新しいツールを出していやがります。
http://www.kim-aldis.co.uk/
穴埋めプラグイン TinyCap。

RCTools にもこういう機能があるけど(便利でいつも使っている)、この TinyCap はプロファイルカーブを指定して穴埋めの側面の形を決められるという、キムさん得意のパターンのようです。インストールはユーザかワークグループの Plug-in フォルダに DLL 1個ぶち込むだけ。

まだ超初期リリースだそうで、UI もありません。ダウンロードページに書いてあるように、現時点ではスクリプトエディタからコマンドを実行して起動するのが唯一の方法みたい。穴のあいたポリゴンオブジェクトを選んで実行、もしくは穴のあいたポリゴンオブジェクトを先に選び、次にプロファイルカーブを選んでから実行、だそうで。


ってことで実験。まずXSI男 をぶった切る。

Tinycap1


んで、3種類の方法で実験。クリックで拡大。

Tinycap

左から、TinyCap(プロファイル無し)/RcToolsの Cap Marked Hole/XSI 標準のコラップス。

コラップスはまあどうでもいいので置いておく。
TC と RcToolsとの違いは、RcTools ではまず穴のエッジを選択してから実行するのに対して、TC のの方はオブジェクトを選んだ状態から実行して、全部の穴をイッキに埋めるようです。UIが付くとこの辺も選べるようになるのでしょう。たぶん。  そして RC よりはるかに速い。RC もそんなに待たされるわけではないけど、TC は一瞬です。  で、結果は、どれもちゃんと穴は埋めていますが、シェーディングの感じが全然違う。TC はスムージングがかかっていないかのような面になる。GeoApp の設定は同じなのに、なんでだろう?

まあ、どのみちふさいだ穴の面は、頂点同士をつなぐエッジを手で切っていかなければ
使い物にならないので、そうやってエッジをつないでいくうちに普通のシェーディングになったので、別に問題はないというか、どのみち手作業というか。

次に、複雑な穴で試してみると・・・。

Tinycap2


左はポリゴン数も少ないし、穴も連続しているもの。右はよりポリゴンの多いオブジェクトを神セレクトを使ってランダム選択して穴をあけたもの。どちらも TC をプロファイル無しで使ってみた。 結果は、複雑な方はヴォロヴォロですね。頂点が変なところに飛んでいます。こういうのは無理なんだろうか。まあ仕事でこんなことすることないからいいんだけど。

次にプロファイルカーブを使ってみると、

Tinycap3

左が使用前、右が使用後。 
なにやらあやしい穴の埋まり方。なるほど、ふーん、という感じか。

フリーズするまではカーブとの関係が生きているので、カーブを変形すれば穴埋めの形も変わります。

これが自分にとってすごく便利になる場面がぱっと思いつかないんだけど、きっと建築な人には便利なのではないかしら、などと想像してみたり。きっといつか使うこともあるでしょう。ってよりもまだ UI がないから、どういうオプションがあるのかよくわからん。バージョンアップ、というか正式リリースを待とう。

キムさんのページによると、これからやることは、

 ・PPG作る
    どの穴を埋めるか埋めないかを選べるようにする
    プロファイルカーブのステップ数を決められるようにする(現在は10で固定)
 ・埋めた穴にUVを生成させる
 ・その他もろもろ

だそうで。


このままどんどん攻勢を続けて下さいキムさん。
良いものなら、是非金を取ってください。っていうか Thickness買わずにすんません。

さて、次は TinyCurveExtrude を試さないわけにも行かなくなってきたような・・・。
次に元気になったときに実験してみよう・・・・。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてまた今日も。

Expression を入力しようとしただけですぜ?

Crash11_3

てめぇ XSI この野郎 俺の下僕になりやがれ おとなしく働け
いい子にしてたらご褒美くれてやる おるぁ ぱしっ ぱしっ






最近不毛な記事が多いですかそうですか。俺のせいじゃありません。



モントリオールでは大規模な火災が発生している模様です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

キムさん太っ腹。

キムさんと言っても、北に住むあのお方ではありません。ロンドンにお住まいの Kim Aldis さんです。昔から様々なプラグインやビデオなど、XSI コミュニティに多大な貢献をしておられるコックニー訛りのおっさんです。素晴らしいお方ですがネット上ではぶっきらぼうで怖いです。

で、何やら彼のサイトで、大バーゲンというか、持ってけ泥棒というか。
売り物だった Thickness プラグインが、タダになっております。げげっ。ほんとに?
http://www.kim-aldis.co.uk/

Solidfy みたいなもの。ペラペラのオブジェクトに厚みを付けるプラグイン。
以前に買おうかどうか迷ってデモ版を試してみたんだけど、思った通りには厚みが付かなくて見送っていた。タダなら使いますよ、ありがとうキムさん。

で、さっそくちょっとだけいじってみたのだが、やはり完全に思った通りというわけにはいかない。。。

Thickness01

半分にぶった切ったプリミティブのかち割り Cube で試してみる。
右が元のオブジェクト、左が TinyThickness で生成されたオブジェクト。
ちなみにこのプラグインは新規オブジェクトを作ります。フリーズするまでもとのオブジェクトとの関係が保たれます。

厚みはちゃんと付いているのだが、横から見ると、なぜか奥行きの線がナナメってる。いろいろパラメータをいじってみたが、どうにも解決できなかった。まあ、これくらいならもちろん手で直せるのでいいのだが。

Thickness02

かち割りSphere で試してみると・・・・奥行き方向はちゃんとしているが、横から見て厚み部分がなんか膨らんでいる。これもパラメータいじくっても直せなかった。うーむ。まあこれも手で直せる範疇。 ちなみに分割のUV方向を逆にしてみても同じでした。

やはり、手で直すこと無しに使える場合は少ないのかも知れない。厚み系プラグインはみんなここで問題が出るように見えるな。カドで法線方向をどう計算するかの問題なんだろうか。 まあとにかく、これから使い倒していこう。研究しよう。っていうかコツを知っている人がいたら教えてください。生ビールおごります。

しかし、気になるのは、タダになったと言っておきながら、PPGにはユーザ登録するためのタブが残ってるんだよな。試用期限が切れたら使えなくなるしくみだったはずだが、ちゃんとそれ外してあるんだろうな。プロジェクトの途中で使えなくなるのは困る。 バックアップとしてなるべくフリーズしたバージョンを取っておくことにしよう・・・。



キムさんのサイトでは、新しいカーブエクストルードのプラグインも発表されてる。デモビデオ見る限りは、とても使えそうに見える。水道管みたいな、直径が変わらないままぐねぐね曲がるようなオブジェクトは、XSI ではちょっと工夫しないと作れなかったからな・・・。今度実験してみよう。

Watch もタダになったように見えるが、どうなんだろう。これも調べねばなるまい。うまくやればバッチィと組み合わせて、長年の夢だった「GUI レンダーで1レンダリングごとに XSI 再起動」ができるかもしれない・・・。 GUI から続けて重いシーンをバッチレンダリングしようとするとXSIさまはクソ不安定に見える。それを解消できればいいのだが・・・。



しかしまあ、キムさん、絶好調の太っ腹だな。どうしたのかな。前に XSI で有償プラグインは成り立たないと嘆いていたから、ヤケになって放出してるのかな。 しばらく Base にも顔を出してないように見えるけど、新しいプラグイン書いてたりしたのかな。忙しかったのかな。
はっ・・・・・。 もしくは・・・・。 やはりこれは予兆で、もうすぐこのプラグインたちも使えなくなるから、大放出しているんだろうか・・・・。 えー予想ですただの予想。



Thickness の実験で XSI 男くんにもかち割りになってもらいました。

Thickness03

いやあ、手で修正が必要だとしても、ここまではクリックだけでできるんだから、有り難いことです。キムさん、日本に来たらキリンをおごりますよ。パイントグラスじゃなくてジョッキで。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

ああっ XSIさまっ

XSIさまっ XSIさまっ
どうしてあなたは応答してくれないのですか
そんなに深い瞑想に入っておられるのですか

Crash8


XSIさまっ XSIさまっ
どうしてあなたは応答してくれないのですか
私はファイルメニューから New Scene を選んだだけなのです
New Scene を実行するくらいだから、もちろんデータはセーブしてあるのです
だから何も痛みはありません
でも、でも、どうしてそのまま応答してくれないのですか
New Scene で瞑想に入るなど、愚かな私には理解ができません
深いお考えがあってのことですか
もう悟りの境地に達してしまったのですか

Crash9

XSIさまっ XSIさまっ
これは私に試練を課しておられるのですか
あなたがそうするのであれば、私は受け入れましょう
あなたがいないと、この仕事を納品できないのですから
あなたに全てをゆだねます
瞑想していないときだけでよいのです
わたしのために、動いてください
わたしはあなたの、奴隷です





速報が入りました。
さきほど、先発隊の高速バスがモントリオール上空にさしかかった模様です。これより焼夷弾による無差別絨毯爆撃が開始されると思われます。奇襲ですのでもちろん布告はありません。付近に散在するなんら関係のないCGソフトウェア会社の方々にはお気の毒ですが、いたしかたありません。不安定なソフトウェアを出荷している会社の近くで拠点を構えた不幸を嘆くしかありません。この模様は定点観測カメラにより記録され、後日配信される予定です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

XSI 様の長い旅

エクスプローラ上で操作を誤り、何かを何かにドラッグ&ドロップしてしまった。
おっとっと。 Ctrl + Z でアンドゥ。

すると XSI 様はいつものように、しばしの瞑想に入る。
深い、深い考えがおありのようだ。
邪魔してはいけない。じっと待つ。

やがてXSI 様は、悟りの境地へと旅立つ。

Crash6



現在、第三拾弐東京CG業界独立野戦大隊がモントリオール急襲モ号作戦の出撃準備に入った模様です。詳細は続報が入り次第お伝えいたします。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

だからなんで、

シーンのロード中に落ちるんだよアフォ。

Crash5


まあロード中に落ちても失うデータはないんだけどさ。

それにしても重いシーンを開いた後に次のシーンをロードすると落ちやすいよ。おかげでバッチィでのバッチレンダリングが不安定この上ない。 5.11 の頃は重いシーンでもこんなことなかったよ。どーなってんですか XSI さん。

セーブ中にもたまに落ちるよ。セーブで落ちてたら何もできないよアフォ。

Fカーブいじってると何も言わず落ちるよ。これはなんとなく OpenGLくさい落ち方な気がする。
レンダーリジョンも落ちるよ。これはメモリくさい感じがする。
裏でAE起動してて RAMプレビューのキャッシュを消し忘れたまま XSI に戻ったときもよく落ちるよ。これはやっぱりメモリでしょう。

詳しくないからよく分からんけど、なんか、使った後のメモリの解放の仕方が前よりへたくそになったんじゃないのXSI さん。どーなってんですか。

そりゃ重いシーンですけどね、うにょうにょ触手リグに何千オブジェクトだか入ってたりしますがね、でも落ちるなら警告出しなさいよ。そんな重いことしたら落ちます是非やめて欲しいですいじめないで下さい安定性保証できません許してくださいとか言ってきなさいっての。勝手に落ちるんじゃないよXSIさん。


現在モントリオール襲撃テロ部隊を募集しています。
明朝まるふたまるまる新宿駅西口発の高速バスで出撃します。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

SOFTIMAGE NET

げげ。何やら大規模なサイトが。しかもオフィシャルだなこれは・・・。
http://community.softimage.com/

まだ中身はすっからかんに近い。まだできたばっかりみたい。
これは・・・予兆だ。 もうすぐだ。
と予想してみる。予想です予想。ただの予想。


しかし、中身がまだないから外見の印象だけで言うけど、クリーンで見やすくてわかりやすくてすっきりしていてロジカルで整然としていてとても良いサイトに見えますですね。やはりこうでなくては。  最近は詰め込み過ぎのてんこ盛り幕の内弁当全部入りしかもカテゴリ分け滅茶苦茶コトバもおかしい解説不正確画面のどこ見ればいいかわからねぇゴルァなサイトが多くて辟易していたところでした。 まだ BETA になっているので、テスト公開みたいな状態なんでしょうかね。良いサイトになるといいな。でも Base の存在意義がなくなったりもするんだろうか・・・。

背景に NO LOITERING の看板があるが・・・  「ここでダベるの禁止」くらいの意味なんだろうか・・?  良いサイトならダベりますよ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

落ちる。

落ちるぞXSI。なんでこんなに落ちるんだ XSI6.02。

レンダーリジョンで落ちる。リジョン描いて、ちょっとサイズが小さすぎたので中クリックでキャッシュをキープしたままリジョンを抜けてからすぐ画面を最大化しして、そのまま中クリックでさっきのリジョンを出してレンダリングしようとすると、一瞬リジョンのワクが消える。あれっ、と思いながらそのまま右クリックでリフレッシュしようとするとかなりの確立で落ちる。そんなことありませんか。うちだけですか。そうですか。

確かに少し重めのレンダリングをしているんだが、ディスプレイスメントもボリュームもヘアもやっていない。メモリに死ぬほど負荷をかけているとも思えない。なのに落ちる。リジョンの方式が大きく変わったからか、6 ではリジョンがらみでかなり不安定に見える。5.11 の頃はこんなことなかったぞ。どうなってるんだ XSI6.02。

キャプチャをはじめようとすると落ちたり、プロパティを開くと落ちたり、シーンを開いている途中に落ちたり。XSI6 で1日のうちに1度も落ちなかった日は、まずない。どうなってるんだXSI6.02。

今までのうち、一番安定していたのは 4.2だった。まさに Rock Solid。安心して作業ができた。5.11 も比較的安定していたが、PPGを開いた瞬間に何も言わず落ちる現象に悩まされた。6 と 6.01 は安定性について悪評ばかり聞くので見送った。6.02 で再び Rock Solid と言うので思い切って切り替えた。6.5 は SDK の不具合のためにいったんやめて、6.02 に戻した。最初は大したことやってなかったので安定していた。だが複雑なリグのセットアップとマテリアルをいじりはじめたら、すぐにこれだ。同じマシンで5.11はこんなことにならなかったぞ。今日は、というか昨日からつながっているんだが、少なく見積もっても15回は落ちているぞ。どうなってるんだXSI6.02。20年も3Dソフトウェア作ってるんでしょどうにかならないの。ちにーさん 3Delight のビデオなんか作ってないで先にやることがあるでしょほんとにもうだいたいまったくそもそも呆れたことに最初から@#$%^&**1-2)*y}{|lk2(このままあと 2GB ほど罵倒が続くのだがモントリオール発と思われるハッキングにより削除されますた)。

と、この熱い怒りをブログにぶちまけてみたものの怒りは収まるはずもなくましてや失った時間は返ってこない。さあ今から取り戻すぞ。1分に1回セーブしてやる。かかって来いXSI。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

東京エンベロープ。 エンベロープなプラグイン。

以前にも書いたデュアルQだが、やはりいつも上手く行くとは限らない。オブジェクトの形状や骨の入れ方によっては、全く使い物にならないことも多い。また、気づくとオブジェクトがどっかにすっ飛んで行ってしまったりしていて、デュアルQを一度削除して適用しなおすと直った、ということもあった。

そんな風に、デュアルQを選んだりミュートしたりする作業を繰り返してたのだが、シーンの中にデュアルQを持ったオブジェクトが10個とかあったらもうそれはゴルァになるわけで。



東京エンベロープ

シーン全体 or 選択中オブジェクト  の、
エンベロープ or デュアルQ   を、
ミュート or ミュート解除 or 選択 or 親オブジェクト選択 or 撲滅

する、プラグイン。
http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

Tokyoe_ppg

もともとはデュアルQをイッキにミュートするために書いたのだが、デュアルQだけではなく、エンベロープをイッキにミュートしたいこともけっこうあったので、エンベロープも操作対象にしてみた。 数日使っていて今のところ大きな問題は出ていないが・・・。

デュアルQの適用に関しては、残念ながら断念。スクリプトから適用させようとするとエラーが出る。なぜだろう。これはデュアルQの作者のフェルナンドさんがどうにかしてくれないと無理なのではないかなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

XSI な検索プラグイン for FF & IE。

Firefox と IE の検索エンジンプラグイン。
XSIBase で紹介されてたので行ってみた。

Searchengineplugins

http://softimage.wiki.avid.com/index.php/XSI_Support_Blog#Search_Engine_Plugins_for_XSI

どわーっ 便利だこれはっ。
簡単にサイト指定で Google検索。
そのサイトで見つからなくても入力した検索語を受け継いで他のサイトを検索できるし。XSI Base の検索は使いにくかったし、 Google の検索結果で出てくるこのスタイルの方が慣れているし。



作者の Sblair さんは Softimage社の人ですね。プログラマなのかな。
この Support Wiki も不定期に更新しているようですが、なにげに重要かつ使えることいっぱい書いてある。

ありがたく使わせて頂きますSblairさん。日本に来たらビールおごりますよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

ビューポートちゃん。ビューポートなプラグイン。(XPOP普及委員会その7)

その6で予告したプラグインは、SDK の不具合により頓挫。なんでカスタム初期設定に複数行のテキストが保持できねぇんだよゴルァ。
回避案はあるので、そのうち作ることにしよう。



それとは別に、以前から作ってあった XPOP なプラグインにちょこっとだけ修正を加えて投下してみる。



ビューポートちゃん。 ビューポートの様々な表示をポップアップメニューから切り替えるプラグイン。
http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

Vchanallmode

モデリングしている時は特に、Wire on Shaded とか Head Light のオンオフはしょっちゅう切り替えるんだけど、いちいちメニューに行くのがめんどくせぇゴルァと激怒して作りました。なんのことはない、Display Options とかに入っている項目をポップアップにまとめただけです。全ビューポートでイッキに変更するモードと、マウスの下にあるビューのみ変更するモードがあります。

メニューには俺的もっともよく使う項目しか入っていません。 もしこのツールを使おうという奇特な方から「この項目増やせゴルァ」などのご要望があれば、コメントして下さい。改造を検討します。



XPOP で広がる無限の可能性。
さあ貴方も普及委員会に入りましょう。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

クラスタの順番を変える話の続き。

クラスタの順番を変えるために数字を打っていくのはめんどうだからスクリプトを書こう、などと前回の記事で書いたが、夜、寝る前にふと思い当たった。リニア範囲の入力で簡単にできるのでは。


ってことでさっき試してみたらやっぱり簡単にできた。

Linearvalue

クラスタを、並べ替えたい順番に選択して、Enter でマルチモードのPPGを出し、   

   L(0,100)

と入力する。以上。なんだ、これでいいじゃない。

XSI の値の入力方法でリニアレンジというものがありますね。 L(エル。小文字でもよい)に続いて2つの数字を入れると、その2値の間を選択した数ぶんだけ等分割したステップで数字を入れていってくれるわけですね。  例えば20個選んでいて、なんかのパラメータに L(50,150) と入れたとすると、その20個を選択した順番に、50 から始まって等間隔で数値が増えて 150 で終わるように入力されるわけですね。便利ですね。

ってことでスクリプト開発中止。これで十分でした。まだ書き始めてなくて良かった。


ランダムの R もそれなりに便利ですね。でも使いにくいことも多いので、 R に関しては昔作った自作スクリプトでやることが多いです。

マニュアルの「パラメータの値の設定」のページを見てみると、L と R 以外に G というものがある。これは使ったことない。なんでしょう? マニュアルの説明には、

  g(mean, var)

  選択されたエレメントに、正規分布に従うようにランダム値を割り当てます。


とだけ書いてあります。全然意味分かりませんゴルァ。
これ、絶対に翻訳した人も自分で意味をわかってないだろ。まったく、こういう無責任な翻訳をするから日本語マニュアルは嫌いだ。都合悪くなるとすぐ翻訳しないでカタカナ使うし。そのくせ XSI用語やCG用語などでカタカナを使うべきところを無理やり日本語にして分かりにくくなったり。翻訳はローカライズ専門会社に外注したりするのだろうが、そこはちゃんとわかっている技術者を派遣して監修させ&^%$#@(以下437行ほど日本語マニュアルへの怨嗟の言葉が続きますが某社の検閲により削除されました)。

ええ、ともかく G の使い方がわかりません。
Cube を10個出して PosX に G(1,10) と入れてみたら、

Gaussian

こうなりました。意味分かりません。
確かにランダムな感じではありますが、意味分かりません。

G って Gaussian の略じゃないかしら。ガウス分布。だとすると、中央により偏った感じになりそうなもんだが、そうも見えないような。

G の使い方を知っている方、教えてください。すごく便利だった場合、生ビール(約500nl)を謹んで進呈させて頂きます。 もしくはSoftimage さんあるいは翻訳した人、説明してください。こちらは生ビールの進呈はありません。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »