« 撲滅アンビエンス。 アンビエンスを撲滅するプラグイン。 | トップページ | ひろびろXSI。 ひろびろと XSI を使うプラグイン。 »

2007年12月26日 (水)

バッチィ。 バッチレンダリングプラグイン。

バッチレンダリング。
たくさんあるシーンを次々にレンダリング。
夜、会社から帰るときに。メシ食いに行っている間に。寝ている間に。
ああなんて素敵なバッチレンダリング。

XSI は、コマンドラインから xsi -r コマンドでレンダリングができる。
このコマンドを何行も書いて .bat ファイルにし、実行すればよい。
別に小奇麗な BackBurner みたいなものは要らない。これで十分。
でもレンダリングしたいシーンが20個とかある。
.bat ファイル書くのめんどくせぇぞゴルァ。

っていうか、コマンドラインからレンダリングできるのって Adv か Ess か Batch だけじゃん。なんで Foundation だとできねぇんだよゴルァ。

じゃあしかたない、Foundation からもバッチレンダリングするためには、スクリプト書くしかない。シーン開いて、レンダリングして、次のシーン開いて、レンダリングして、また次のシーン開いて・・・・。 20個のシーン全部これ書くのかよめんどくせぇよゴルァ。 しかもなんだよこれ、複数のマシンで同じシーンを開こうとすると警告が出るじゃねぇかよ、これじゃOK押すまでスクリプトの実行が止まっちゃうじゃねぇかよこのレンダリング複数マシン使わなきゃ終わんねえよゴルァ。

と激怒しているうちにできたプラグイン。


バッチィ
http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

Batchiemenu

Gbatchierenderppg

ダウンロードページに、説明ビデオへのリンクもあります。

最初の開発は意外と古く2005年。
大量のシーンをレンダリングするのにテキストエディタでコピペしながら延々とバッチファイル書いて、実行して帰って翌朝会社に来てみると書き方のミスでちゃんとレンダリングされてなかった・・・とか、データが腐っているのか重すぎるのか、2枚か3枚レンダリングすると落ちてしまうシーンを、しかたなく3枚レンダリングしては終了、次の3枚レンダリングしては終了・・・・というバッチファイルを延々と書いて・・・・などということが続いたので意を決して開発したのが C-Batchie の原型。

G-Batchie は、Foundation でたくさんのシーンを続けてレンダリングする方法がスクリプトで OpenScene ~ RenderAllPasses コマンドをズラズラと書くしか思いつかなかっただけ。原型はそういう VBScript を吐き出すツールだった。吐き出した VBScript をスクリプトエディタ内にペーストして実行していたんだけど、それもめんどくさくなってUIを整備して行いくうちにこうなった。結果的に、自分としては大規模な開発になってしまった。

市販のソフトでこういうことをちゃんとやるのって、Royal Render とかですね。フリーだと RenderQ とかいうのもあったような。名前忘れたけどSoftimage 純正のもありましたね。この辺のソフトって、Foundation のバッチレンダリングもできるのかしら。 まあ、金もないし、Foundation でできるかどうかもよくわかんないし、設定が難しいとかよく聞くし、だったら自分で使いやすいように書いてしまった方がいいなという気分があったので、市販のちゃんとしたソフトのことはあまり調べていません。なので、できれば世の中のちゃんとしたソフト使った方がいいでしょう。当たり前か。  バッチィはあくまでも、うちのような小規模でチープで安易なレンダーファーム= XSI がインストールされていて単にネットワークでつながってるだけのマシン達  で使うためのものです。ジョブのリアルタイム管理とかサーバとかクライアントとかそうゆう素敵だけどややこしいものではありません。単に1台で複数のシーンを次々にレンダリングしたいとか、そんなくらいの用途には手軽でいいかもしれません。

このバージョンの主な開発は 5.11 でやったので、5.11 ではしばらく仕事でガンガン使った実績があります。しかし 6以降ではまだそれほど試していません。しかも最近になってちょっと不具合があって一部コードを直したりもしているので、おそらく、たぶん、絶対、間違いなく、バグや仕様上の不具合があると思います。もし使う方がいらっしゃいましたら、バグレポートをして頂けると助かります。ご協力頂いた方には、抽選で生ビール(約500ml)を提供させていただきます。

|

« 撲滅アンビエンス。 アンビエンスを撲滅するプラグイン。 | トップページ | ひろびろXSI。 ひろびろと XSI を使うプラグイン。 »

コメント

はじめまして、とても使い勝手のいいプラグインが非常に多くて驚きました、
中でもXSIバッチィver3.1は痒い所に手が届く思いがします、
XSIバッチィのページの中の説明ビデオですがどうやら見えなくなっているみたいですね、
もしよろしければ再度アップして頂けないでしょうか?
そうして頂けると嬉しいです、
では失礼しました。

投稿: はまぐち | 2008年2月28日 (木) 18時47分

はまぐちさま、初めまして。こんな下品なプラグインどもに使い勝手が良いとは実にもったいないお言葉です。恐縮でございます。

バッチィのみならず、ビデオファイルが全滅しております。無料WEBスペースに置いといたらどうやら利用規約に抵触して消去されたようです(ファイル置き場と見なされたのでしょう。っていうかその通りなんですが)。 近いうちにどこかにアップしますので、少しお待ちくださいませ。 仕事がちょっと忙しい上に XSIさまがよく落ちやがるので、現在余裕がございません。すいません。

それとGバッチィは重大な欠陥があることが判明しています。複数のマシンで同時に1つのキューファイルを読みに行き、よってたかって次々にレンダリングするのがGバッチィの主たる目的なのですが、レンダリングするシーンファイルは各マシンが自分用にコピーするので問題ないのですが、1シーンのレンダリングが終了するごとに開くホームシーンファイルをコピーする仕様になっていないため、複数マシンが同じタイミングでホームシーンファイルを開こうとしてしまいます(だいたい同時にレンダリングが終わるので)。こうなると XSI のダイアログが表示され、OKを押すまでジョブが止まってしまいます。バッチレンダリングの意味がありません。設計ミスです。アフォです。

ということでそのうち修正するのですが、応急処置としては、ホームシーンファイルをマシンの数だけ複製して用意しておき、各マシンの G-Batchie Render PPG (もしくは初期設定の BatchieOptions)の中でそれぞれ別々のホームシーンファイルを指定してやれば回避できます。 すいません。アフォです。

バグやら要望やらありましたら改修を検討しますのでどうかご遠慮なくおっしゃって下さい。
レンダリングを高速化する機能をつけてくれとかそういうのでなければ、できるだけ対応させて頂きます。

投稿: junki | 2008年2月29日 (金) 02時50分

はまぐちさま、すいません、バッチィのビデオのファイルを紛失中です。うーむ、どこ行ったのだろう。
どっかにあると思いますので、しばらくお待ち下さいませ。

投稿: junki | 2008年3月 2日 (日) 15時22分

junkiさま、気を使わせてしまって申し訳ありません。
ゆっくりで大丈夫ですよ!急ぎではありませんので気長に待たせていただきます~!

投稿: はまぐち | 2008年3月 7日 (金) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/17481998

この記事へのトラックバック一覧です: バッチィ。 バッチレンダリングプラグイン。:

« 撲滅アンビエンス。 アンビエンスを撲滅するプラグイン。 | トップページ | ひろびろXSI。 ひろびろと XSI を使うプラグイン。 »