« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

キャプちゃん!!  バグ修正

ビューポートキャプチャ関係のプラグイン「キャプちゃん!!」に、起動できない
アフォなバグを発見。修正して ver2.0 → ver2.1 へ。

http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

CustomPreferences の中で CapchanOptions という名前のものを探して
そこからデフォルト設定を取ってくる、というはずだったんだが、タイプミスで
Options が抜けて Capchan という名前を探していたみたい。
なのでキャプチャがスタートせずにエラーで終了していたはず。
自分のマシンでは、おそらくこの間違いに気づいてちゃんと修正したの
だが、WEB上にアップしたやつに反映していなかったのだろう。
何気なく自分で WEBからダウンロードして、他のマシンにインストールして
みたら発覚した。 Orz

もしキャプちゃん!! を使いたくてもエラーで使えなかったという奇特な
方がおられましたら、2.0 をアンインストールして、2.1 をインストール
するといいかも知れません。 問題が出たらここで知らせて頂けると
良いかもしれません。

改良計画は山ほどあるものの、まだ手付かずのキャプちゃん。
仕事が忙しいんだよ。他の作りかけツールも山ほどあるんだよ。
長いこと放置してごめんよキャプちゃん。

念のため説明しておくと、これはビューポートキャプチャをする時に余計なものを
ハイドしたり、背景色を一時的に変えたり、フォルダに連番をまとめたり、
ステップ2でキャプチャした場合にフリップブックも自動で Step 2 再生にしたり、
とかそういうことをやるXSI プラグインです。
標準の Start Capture が嫌で作りました。

Cap

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

エンベロープ変形を自然にするためのプラグインが。

スヴァらしきプラグインが。
http://www.xsibase.com/netview_forum/index.php?board=29;action=display;threadid=33795

↓ダウンロード。
http://www.highend3d.com/f/4977.html

ボーンでジオメトリを変形させると、間接付近が痩せてしまいがちです。いわゆる、
つぶれチューブ状態ですな。 人間のヒジやヒザなどはウェイトの調整だけで解決
できず、補助ボーンやシェイプアニメーションを仕込んで望みの形に無理やり持って
いくことも多いですな。

これを、もう少し自然に変形させ、痩せを防ぐことを目的としたプラグインです。

ダウンロードすると詳細な技術解説が付いてくるのですが、数学的な話でよくわかり
ませんでした。超簡単に言えば、XSI のエンベロープの計算方法は「リニアブレンド
スキニング」あるいは「スケルトンサブスペースデフォーメーション」というアルゴ
リズムが使われているが、このプラグインは「デュアルクォータニオンスキニング」
というアルゴリズムを使うため、関節付近が痩せにくい、ということのようです。

やってみました。

インストールは、ユーザまたはワークグループフォルダ以下にある Plugin
フォルダに dll をぶち込むだけ。

シリンダを出し、2本のボーンを描き、普通に Envelope します。
比較用で2本用意するために、まるごと複製。
Dq3

片方のシリンダの Envelope オペレータを選択して、
Deform > Envelope > Apply Dual Quaternion Envelope を実行。
Dq1_2

すると元の Envelope オペレータはミュートされ、新しく fbDualQEnvelopeOp
いうオペレータが生成されます。
Dq2

その状態でボーンを曲げてみると、
Dq4

あからさまに DualQ を使った方が、痩せが少ない。念のため言っておきますが、
どちらもウェイトの調整はしていない、まったく同じものです。エンベロープ後に
複製したんですから。右の方に DualQ しているのが唯一の違いです。

さらに、ボーンをねじってみると、
Dq5

あからさま。

うーむ、スヴァらしいじゃないですか。どのみちウェイト調整は必要でしょうが、
少ない調整で済みそうだし、補助ボーンなどの数も減らせるような気がします。
まだシンプルなシリンダでしか実験していませんが、現在進行中の仕事は
鬼のようにエンベロープ使うので、実験してみようと思います。

このアルゴリズムは、標準のものより約30%計算が重いそうです。つまり、
いっぱい骨を仕込んだモデルの全エンベロープでこれをやると、ビュー上での
再生レートなどに直撃の影響があるのでしょう。
ただ、思うに、この DualQ を使うことによって補助ボーンや Expression や
Link With の数を減らせるのであれば、全体としてはむしろ軽くなるんでは
なかろうか。

まだバージョン1だし、これから更に発展するかもしれません。XSIBase の
スレッドではすでに改良アイデアも出始めているようです(標準アルゴリズム
と DualQアルゴリズムをブレンドさせる、とか)。
こういう重要な機能は将来XSIに統合されて欲しいものです。
(そう言えば zbump がそうだったか)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

emFlock フロックアニメーションプラグインが。

emFluid の SKYLIFE が新プラグイン emFlock を発表。っていうか発売。
http://shop.skylife.de/product_info.php?cPath=35&products_id=59
Xsi_product_emflock_v1_12

「魚のフロックアニメーションをするプラグイン」だそうで、
魚のデフォームをするためのリグやコントロールのプロパティも
含まれているそうな。うーむ、なんとも隙間産業なプラグイン。

とは言え、おそらくは色んなことに使えるのでしょう。サンプル
ムービーを見る限り、モーショングラフィックス系のことには
使えそうにも見えるし、納豆ミサイルにも使えないかしら、などと
思ってみたり。
なぜかデモ版が用意されていない。そのうち用意してくれるのかな。
137ドルだか出して買うしかないのかな。

実は emFluid の時は、買う気満々でデモ版をいじっていたのだが、
ポテンシャルは感じるものの、あまりにも思い通りに動かせなくて、
投げてしまった。サンプルはよくあるダイナミクス系の単にうにょうにょ
動いているだけのデモムービーで、実際の仕事で使っているような
ものではなかったし。爆発の良いデモでもあれば買ったと思うんだけど・・。

ネット上のフォーラムでも話題になっていたのでもろもろ不満や要望を
開発者に伝えてみたら、他の人からも同じような不満や要望が出てきて、
本人はちょっとすねてしまった。まだ10ライセンスも売れてないよ、
って言ってほとんど怒っていた。っていうかほとんど愚痴や泣き言を
言っていた。

今回の emFlock も emFluid と同じ仕組みで動いているように見える
ので、すんなりと使えるとは思えない。
この手のツールは「いかにリアルか」とかではなく、「ウソでもいいから、
いかに思い通り動かせるか」が重要なんです。そうなんです。
まずはデモ版を待ってみよう。デモ版無しで買うには、やはりよほど
優れたサンプル画像やムービーがないとなあ。BA_Volume はこれが
あったから、デモ無しでも買えた。せめてよくある鳥や虫の群れの
フロックアニメーションのサンプルくらいは欲しい気がする。
結果だけでなく、制作工程を見せるムービーも欲しいなあ。BA には
これもあったなあ。

ニモのイワシだかマグロだかの群れを作りたい人は、すぐ買いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

ボンデージ。緊縛拘束のプラグイン。

緊縛。拘束。 縛り上げて責め尽くす。

リグを作っていると、ボーンやエフェクタを Null などにコンストレインして
コントローラ化したくなることが多い。

でも、ボーンが20本あるチェインが20個とかあったらどうしますか。
1個1個コントローラオブジェクトを複製して、位置や回転を合わせて、
Constrain > Position とかするんですか。
そんなことしてたら納期間に合いませんゴルァ。

という人のためのプラグイン。
ボンデージ。
http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

Bondagedemotn_2

Bondage_ppg2

説明ムービーはこちら (ボンデージのページからもリンクされてますが)

セットアップのお供に。なるかしら。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月13日 (火)

復帰と強制更新。シーンのロード関係プラグイン。

またどうでもいいものを作ってしまった・・・。
どうでもいいと言ってもまあ、自分は普通に使っているんですがね。

復帰 --> シーンの強制破棄&リロード。Photoshop とかの復帰と同じ。
強制更新 --> シーンの強制上書き&リロード。
http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

Fukki_kyoseikoshin_menu

インターフェースが少しでも気に入らなくて、かつスクリプトが簡単に書けるものなら、迷わず作ってしまう。
おかげでこのマシンのプラグインフォルダの中はゴミのようなツールの山が異臭を放っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

SAC: アニメーションコピーのプラグイン。

今までは。
1:もとのオブジェクトを選ぶ。
2:Animation > Copy Animation > From Marked Parameters とか選ぶ。
3:コピー先のオブジェクトを選ぶ。
4:Animation > Paste Animation > to Marked Parameters とか選ぶ。

めんどくさい。
っていうか Animation メニューの中ごちゃごちゃすぎて探せねえ。

これからは。
1:コピー元のオブジェクト選ぶ
2:コピー先のオブジェクト選ぶ。
3:SAC 実行。

少しラクじゃん。
少しね。

というツールです。

http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/Plugin/JJJ_XSI_Plugins.html

Sac_menu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »