« 名前。XSI リネームスクリプト | トップページ | 超高機能電卓プラグイン。 »

2007年8月15日 (水)

XSIMan,ModTool,Moondust...

XSIMan の新版が。未だ正式リリースではないようだが。
http://www.graphicprimitives.com/

ModTool も新版が。XSI6 がベースになっている。
http://www.softimage.com/products/modtool/default.aspx

うちの仕事には、どっちもすぐには関係なさそうだが、なんだか最近いろんなソフトウェアやプラグインがイッキにXSI をサポートし始めているように見える。やっと XSI も人並みになりかけているんだよなあ。

Moondust は、SIGGRAPH に行った人だけが見ているはず。Softimage もまだ何も発表もしておらず、情報は少ない。SIGGRAPH でデモをした以上、SI が存在自体を認めていないわけではないのだろうが、現時点では「なんですかそれわ?」とシラを切るか、「予定は未定です」と言うくらいしかできないであろう。 1ヶ月くらいの間に情報がどっと出てくることを期待・・・。

実際にデモを見た人のインターネットでの書き込みを読むと、ただの新パーティクルシステムだと思ったら大間違い、そういう問題じゃない、XSI のアーキテクチャを根底から変えるような大きな技術のように見える。Houdini のように、あるいはRenderTree のように、あらゆることをノードの接続で構築するような、そしてあらゆるエレメントを同列に扱うような、そんな感じのことが書いてあるように見える。デフォーメーションに使うデモをやったようだが、まだあまりにも情報が曖昧で、実態はつかめない・・。

しかし。しかしだ。XSI にも春が来たのかと思えるこの流れを素直に喜ばしいことだと思ってもいいのかどうか、なんとなく判断がつかない。なんだか最近微妙な気分なのだ・・・。
ツールは進化しているし、見る人の目も確実に進化していると感じるが、肝心の作り手のセンスや技術が、それに見合うだけ進化しているかと言うと、どうなの、案外そうでもないんじゃないの、意外と停滞しているんじゃないの、体力や運動神経のない人がどんなに強い武器を持っても強くなれないのと同じで絵心ない人がどんなに良い道具を使ってもいい絵はできないんじゃないの。なんてことを思うことが多くなり、最近の華やかなリリース情報を見るたびに目を輝かせて読みつつも、その後で「お前に足りないのはこのレンダラじゃなくて、正しいレンズを選択できる目だ」とか、「CAT を使ってみたいとか言う前にお前、鉛筆でパラパラ漫画描いてみろよ。描けねーだろが」などというCGの神様の声がよく聞こえてくる。自分のまわりも、似たような感じに見える。神様、まだダメですか。そうですか。そうですね。orz

プラグイン買う金で、バージョンアップする金で、画集やら写真集やらを買って穴があくほど研究したり、あるいはその金で取材旅行とでも称してあちこちで写真を撮りながら見聞を広めたりするほうが、はるかに、はるかに良いのではないか。という思いを心の片隅に持ちつつ、というより心の片隅に追いやったまま、そこまで求道的になれずにまだこの仕事を続けている。

うーむ。

暑いからビールを飲もう。ぐびぐび。

|

« 名前。XSI リネームスクリプト | トップページ | 超高機能電卓プラグイン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XSIMan,ModTool,Moondust...:

« 名前。XSI リネームスクリプト | トップページ | 超高機能電卓プラグイン。 »