« さらに Original Plug-in | トップページ | emFluids - Fluid Dynamics for XSI »

2007年7月26日 (木)

XSI Must Plug-ins

俺的これないと生きていけないよプラグイン。

●Binary Alchemy のツール
http://www.binaryalchemy.de/index_dev.htm

ここのシェーダは素晴らしい。何が必要か(何が標準では弱いか)
がよくわかっている感じのニッチなシェーダたち。
サポートも反応が良い。ドイツ人だからか、ちょっと変な感じの
英語を書くので、マニュアルや説明は若干わかりづらいことも
あるけど・・・。シェーダのパラメータの名前の付け方も、
いまひとつ直感的じゃないような気も・・。 でも内容は本当に
素晴らしい。ないと死ぬ。

・Shaders Collection -Essential
たくさんのシェーダのセット。フリー(これがタダってヤヴァイよ)。
Fractal4D や Cell3D をよく使う。ないと死ぬ。

・Shaders Collection -Volumes
ボリューム系シェーダのセット。有料。
150ユーロくらいで買ったが、最新バージョンは250ユーロ。
XSIでは難しいとよく言われるボリューム感のある雲や煙に強い
シェーダ。Fractal4D の Scalar バージョンや、標準のものより
計算が速いらしいScalar Math ノードを用意するなど、ニクい。
これまでに、これがなかったら死んでた仕事が3つ。

まだ最新バージョン(3.0)にはアップグレードしてないが、
新機能を見ると、うーむ、素晴らしい。ライセンス形態も
「1部署1ライセンス」という形式なので、とーーーっても
リーズナブル。買って損はない。

Royal Render(レンダリングマネジメントシステム)も有名だが、
使ってことはない。

●La Maisonのツール
http://www.alamaison.fr/3d/lm_2DMV/lm_2DMV.htm

・lm_2DMV
ReelSmartMotionBlur で使うMotion Vector画像を生成するシェーダ。
RSMBの画像解析だけでは正しくない方向にブラーされてしまうような
複雑に方向が入り混じったようなシーンでは、やはりこれで Vector
画像を出さねば。XSI6 では標準でこういうレンダリングが
できるようになったと聞いたような気がするがどうなんだろう。
3D でのモーションブラーは死ぬので、RSMB とこれがないと、死ぬ。

・lmProjectionPlane
カメラの前にカメラ投影のポリゴン板を作ってくれる。
いろんなことに使える。ないと死ぬ。

●Kim Aldis さんのツール
http://www.kim-aldis.co.uk/

ネット上ではぶっきらぼうで辛辣な口調の書き込みが多いキムさん
だが、すげーく詳しいし、すごーく使えるツールをいっぱい作って
いて、XSIコミュニティへの貢献は計り知れない。
キムさんといっても朝鮮半島ではなく大英帝国の人。

・RoadKill for XSI
RoadKill と XSI の橋渡しをするツール。ないと死ぬこともあるかも。

・Align Particles to Path with Upvector
パーティクルの UpVector を指定できるツール。Align Velocity で
ひっくり返ってしまうアホパーティクルも、こいつでY方向統一。
ないと確実に死ぬ。

・Flipper
Windows の Explorer で、連番ファイルの右クリックから Fliobook
を起動。ないとかなり死ぬ。

他にも素晴らしきツール多数。

●XPOP
http://www.nycg.org/xpop/

Reinhard Clausさんによる、ポップアップメニューを作るプラグイン。
よく使うコマンドをポップアップメニューにしてショートカットを
作ってみたればあら便利。自作ツールにも多用している。ないと死ぬ。

●RC Tools
http://www.claus-figuren.de/3d/rt/

これもReinhard Clausさんか。XSI標準のエッジループ選択より
高機能かつ使い易い。ないと今すぐ死ぬ。

●Enhance:XSI
http://www.shaders.co.uk/enhance_xsi/

素晴らしく素晴らしいプロシージャルテクスチャ集。
1ライセンス99ドル。10本買うとライセンス無限。

もともとLightwave用で、XSIに移植したみたい。これに比べると
標準のプロシージャルテクスチャはうんこ以下。プロシージャル
使うときは今となってはもう、これと BA しか使わない。

発生系ノードの種類やコントロールの多さもそうだけど、ツール系の
ノードがなかなかいい仕事をする。テクスチャを変形させる
ノード(UV Space を変形しているみたい)や、ちょっと便利な機能
を加えた mix 系ノードなど。

●Michele Sandroni さんのツール
http://www.motionblur.it/

・Xsi RT Instance Display
Particle の Instance Group をビューポートで可視化。なくても
死なないけどだいぶ助かったことが多々。

他にも色々素晴らしいツールが。メタボールやったのはすごい。


今のところ生死に関わるのはこれくらいかなあ。

|

« さらに Original Plug-in | トップページ | emFluids - Fluid Dynamics for XSI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XSI Must Plug-ins:

« さらに Original Plug-in | トップページ | emFluids - Fluid Dynamics for XSI »