« Toon_Ink_Lens は重い | トップページ | さらに Original Plug-in »

2007年7月22日 (日)

Original Plug-ins

ひっそりと、自作プラグインを載せてみるテスト。

ハイからさん:
ビューポート上で、背景色を変更したり、ワイヤカラーを変更するツール。
Scene Colors とか Display Property とかいちいちいじってられるかゴルァ
と激怒して、作った。
複数のオブジェクト選んでイッキにワイヤカラーを変更するとか、
そういう感じ。

キャプちゃん!!:
Start Caputure... で始まるビューポートキャプチャを、便利にするかも
しれないツール。
Frame Step2(2コマ= 1,3,5,7.... とフレームを1つおきに飛ばした
状態)の状態でキャプチャしても、Flipbook で自動的に2コマには
なってくれねーよゴルァ と激怒して、作った。
アニメCG屋としては2コマは必須だからなあ。。。。
その他、キャプチャ時だけ要らないものを表示オフにしたり、
自分的に便利になる機能を色々搭載。主に、キャプチャでダミー素材を
作り合成までフィニッシュさせて、後で本番素材と差し替えるための
ツールという気分で作った気がする。。。。

|

« Toon_Ink_Lens は重い | トップページ | さらに Original Plug-in »

コメント

初めまして。

通りすがりの者ですが、キャプちゃん!!という
素晴らしいツールをダウンロードさせて頂きましたので
ご報告いたします。

3コマにも対応すると嬉しいな~などと欲張りなことを思いつつ、
今のままで大変重宝しそうなツールですので、
感謝して使わせて頂きます。

今後のご活動も楽しみにしております。

投稿: BT | 2007年8月30日 (木) 02時24分

BT さま

おお、どなたか存じ上げませぬが、こんなふざけたツールを使って頂きありがとうございます。

3コマというと、CapchanOptions の中で Step を 3 にしてキャプチャを始めればいいわけですが、なるほど、Flipbook の再生レートを選ぶドロップダウンメニューの中に3コマに適していそうなレートがないですね(24fps なら 8、30fps なら 10 とか)。 このドロップダウンの中に、好きなフレームレートを決められるメニューを足せばいいわけですね。すいません、約束はできませんが、たぶんそのうちやっておきます。
なにせ、もともと完全に社内向けとして開発しているため、「超俺達的」なツールばかりです・・・。うちは3コマでやることはめったになかった、ということですね。

さらに言うなら、1コマキャプちゃん/2コマキャプちゃんに加えて、3コマキャプちゃんもあればなお良いのかな。ポップアップメニューの項目が増えてちょっと煩雑になりそうな気もしますが・・・。

それと、うちでは、Passキャプちゃんを実行したときに、要素のハイド機能が働かないという不具合が見つかっているのですが(通常のキャプちゃん、1コマ/2コマキャプちゃん実行時にはちゃんとハイドされる)、この現象はそちらで再現しますでしょうか?

他にも不具合があれば遠慮なく指摘をお願いします。

投稿: junki | 2007年8月30日 (木) 04時11分

通りすがりの者にご丁寧にありがとうございます。
3コマの件、現状でもスクリプトエディタからレートを打てば
ちゃんと受け付けてくれているので全然大丈夫です。
本業がお忙しいことと思いますので、気が向きました時にでも
お願いできれば幸いです。

さすが一線で活躍されている方の作られるツールだけあって
かゆいところに手が届きありがたい限りです。
Go! Go! フォルダも使わせていただきます。

> 要素のハイド機能が働かない

何度か使用している中で確かにそういった現象が起きたのですが、
再現性がないような、今ひとつどういう時にそうなったのか分かりませんでした。
何か気づいたらご報告させていただきます。

投稿: BT | 2007年8月31日 (金) 03時15分

BTさま
>>3コマの件、現状でもスクリプトエディタからレートを打てば

すいません、これは、どういう使い方をしてらっしゃるのですか? スクリプトエディタからキャプちゃんを起動しているという意味ですか? いや、別にいいんですけど、こちらが想定していなかった使い方をされているのかなあと、ただの好奇心です。

要素のハイドが効かないのは、うーむ、どうやら Object Model で書くか Command Model で書くかの違いのように見えてきました。Object Model の作法で記述したほうがはるかに実行速度が速く、かつ細かいパラメータまでアクセスできるんですが、なぜか上手く行かない場合もあるんですよね。そこで速度などを犠牲にして(って言ってもキャプちゃんでは全然気になるレベルではないですが) Command Model の作法でハイドの記述をすると、どうも上手く行くように見えます。

使っているうちにやはり自分で使いにくいと思うことも多々ありまして、前述のレートを任意で決められる機能のほか、Cap_ を付けるかどうかを決められる、RootFolder の場所を決められる、連番フォルダと連番ファイルの名前を自動的に同期させられる、Passキャプちゃんでキャプチャのフレーム範囲を各Pass の Render Options から取って来る、などのバージョンアップを考えております。

投稿: junki | 2007年8月31日 (金) 23時15分

> こちらが想定していなかった使い方をされているのかなあと、ただの好奇心です。

すみません、期待して頂き申し訳ないのですが、
下記のように打ってあげているだけの話です・・・。

SetValue "preferences.CapchanOptions.pPlaybackRate", 10

これでプルダウンにはないものの、10FPSで再生できるように
オプションに登録できていますと。


バージョンアップ、楽しみにしております!
カットNo.などがシーン別に保持できるかもしくは
自動的にとってくれると嬉しいですね。
と、またも贅沢なことをいってしまいました。

投稿: BT | 2007年9月 1日 (土) 02時16分

>>SetValue "preferences.CapchanOptions.pPlaybackRate", 10

ああ、なるほど、わかりました。なるほど。


>>カットNo.などがシーン別に保持できるかもしくは
>>自動的にとってくれると嬉しいですね。

こうなると、そうですね、シーンの名前から取って来ることも可能ですがそうなるとシーンの名前の付け方に縛りができてしまいますし、やはりカットナンバー情報をシーンに埋め込むしかないと思います。カスタムプロパティをもうひとつ Scene_Root に作ってそこに情報を保持し、CapchanOptions はそこから取って来るということになるかな。現在は Custom Preference を使うことによってシーンに依存せずに情報を保持させているわけですが、逆にシーンに依存する機能もあればいいということになりますね。
お約束はできませんが、はい、確かに便利だと思うので考えておきます。フィードバックありがとうございます。

察するに BTさまも多くのカットを次々に扱われるタイプのお仕事をなさっているのでしょうかね。私もまさにそうであり、そういうタイプでなければこのキャプちゃん!!はあまり有用ではないですね。ま、要素のハイドとかは他のタイプの仕事でもそれなりに有用な気もするのですが。

投稿: junki | 2007年9月 1日 (土) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217974/15839715

この記事へのトラックバック一覧です: Original Plug-ins:

« Toon_Ink_Lens は重い | トップページ | さらに Original Plug-in »